2018年04月28日

【4/28 ウエスタン公式戦】1-12sh まだまだ、青い。

昨年1軍で5勝を挙げた鈴木翔太。
2015年に10勝を挙げた若松。
共に1軍定着が期待されますが、この日は不安定さ全開の若さ溢れるピッチング。
経験を生かして、飛躍を遂げることはかなうのでしょうか。

■試合結果編はコチラ

鈴木 翔太 (聖隷クリストファー高=5年目)
4回途中8被安打3四球6自責点で敢え無くKO。
とにかくストライクが入らないことには試合になりません。
いいボールと悪いボールがハッキリしているというわけではなく、
いつになったら上がってくるのだろうか…というままにやられてしまいましたね。
長打が5本と、いかに高めに浮き、力がないボールだったかというところだと思います。

真っ直ぐは最速141キロ。平均では136キロ程でしょうか。
時折さすがのキレがあるボールが来ますが、何だかブルペンからの不調を引きずった感じもありましたかね。

あとは、捕手がマルティネスということもありますが、
鈴木自身、いろいろ考えすぎて修正が効かなかった面もあるのかなと。
今回の登板をどう次回に活かすかですね。
ちょっと勿体ないの一言です。

IMG_1409.JPG IMG_1405.JPG IMG_1418.JPG

三ツ間 卓也(BCリーグ・武蔵=3年目)
無視2,3塁でリリーフに上がりました。
長谷川、吉村と1軍打者相手に、粘られたり捉えられる場面はありましたが、
概ね落ち着いて投げていたと思います。最速は139キロでした。

IMG_1521.JPG IMG_1525.JPG


小熊 凌祐(近江高=10年目)
今シーズン初登板を果たし、1回1失点。真っ直ぐ最速は144キロをマークしました。
まずは第一歩というところですね。
もう少しマウンド捌きであったり、腕の位置であったり、まだまだ登板を重ねていかなければいけないかなという印象ですね。
横振りになったり真上から投げられたり、細かいところをこれからというところでしょう。

IMG_1532.JPG IMG_1533.JPG


若松 駿太(祐誠高=6年目)

「鈴木翔太が打たれた後」というある意味絶好の場面での登板でしたが、チャンスを活かせず。
真っ直ぐ自体のスピードも出ていましたし(最速は139キロをマーク)、気合も十分伝わってきました。
特に悪いというわけではないと思いますが、ちょっと自分で自分の首を絞めてしまった印象ですね。
目先の結果よりも、一球一球丁寧に投げ込んでほしかったですね。
これがこの投手の持ち味でもあると思いますしね。

IMG_1561.JPG IMG_1558.JPG

IMG_1571.JPG


小川 龍也(千葉英和高=9年目)

悪い流れを止めることができず、1回1失点。
特に川瀬、曽根と左打者にヒットを許すという苦しい結果になりました。
圧倒するボールがない分、こういうところの積み重ねですからね。

IMG_1605.JPG


木下 雄介(四国IL・徳島=2年目)
真っ直ぐ最速は151キロ。
常時140キロ台後半で、150キロも連発でした。
これまでの1軍経験が活かされた、ある程度余裕を持ったピッチングだったと思います。
塚田への四球は3-2から変化球が高めに外れたもの。
このような場面でのボールというのが今後の課題かも知れませんね。

IMG_1655.JPG IMG_1662.JPG IMG_1664.JPG



攝津 正(JR東日本東北=10年目)

立ち上がりに失点は喫しましたが、尻上がりに調子を上げて、
結果的には7回を1失点にまとめました。四死球も0と全く危な気なくですね。
真っ直ぐは130キロ台中盤(最速は136キロ)ですが、100キロ程の緩いボールもうまく使い、粛々とアウトを重ねていきました。
多分見るのは社会人時代以来かと思うのですが、やっぱり年は取ったなと思います。
あとはどうチームのタイミングと合ってくるか。
他球団ファンが吉見を見たときは、こんなイメージなのかなと思いましたね。

IMG_1428.JPG IMG_1434.JPG


小澤 怜史(日大三島高=3年目)

真っ直ぐ最速は143キロ。
大量リードに守られて、試合の最後2イニングを0に仕留めました。
スピードこそ140キロ前後ではありますが、力がありいいボールだったと思います。
前回も書きましたが、もう少し特徴が欲しいと思う投手です。

IMG_1630.JPG

川瀬 晃(大分商=3年目)
タイムリーを含む3安打猛打賞。
真っ直ぐにも力負けしませんし、ボールを捉えるポイントに非常にセンスを感じる選手ですね。
また、守備では6回に石川の三遊間の深い当たりを遠投で1塁アウトに。
攝津も思わず拍手を送る好プレーでした。
なるほど、この球際の強さは川崎宗則似かぁというものでしたね。よかったです。

IMG_1574.JPG


曽根 海成(京都国際高=5年目)
鈴木翔太からはライトへ、若松からはレフトへ。
それぞれ真っ直ぐを捉えてフェンスまで届く2ベース。
9番打者ですが今日のキープレイヤーとなりましたね。
守備でも位置につくときやカバーから戻る時など常に全力疾走で好感も持てますね。

IMG_1448.JPG IMG_1450.JPG

江川 智晃(宇治山田商=14年目)
今日は何といってもこの人。
お見事、サイクルヒット達成です。
とにかくコース、球種ともよく見えてよく振れてますね。
特に最後、若松からの締めにイッパツはまさに打った瞬間でした。
このまま、このままという感じですね。ぜひ1軍で。

IMG_1421.JPG 


IMG_1368.JPG
グラウンドスタッフとずっと喋ってる友永

IMG_1460.JPG IMG_1461.JPG IMG_1463.JPG

IMG_1376.JPG
石垣くん、元気にやってますね!

IMG_1390.JPG
キャッチャーフライがうまく上がらず苦笑いのマルティネス

IMG_1393.JPG
上がってホッとした表情の英智コーチ

IMG_1394.JPG
小笠原監督の写真ヘタクソ選手権

IMG_1426.JPG
最近好調の溝脇

IMG_1439.JPG
石川の“らしい”ライト前ヒット

IMG_1441.JPG
通訳を介したバッテリー

IMG_1491.JPG
マルティネスのタイムリー

IMG_1492.JPG IMG_1494.JPG
塁上でご満悦

IMG_1496.JPG
2本目は3ベース。石垣もご挨拶

IMG_1518.JPG
リストバンドは68番桂のもの

IMG_1547.JPG
遠藤が実戦に復帰してきました

IMG_1581.JPG
江川、サイクルヒットの締めはホームラン

IMG_1583.JPG
後ろの表情もイイです

IMG_1584.JPG IMG_1587.JPG IMG_1590.JPG

IMG_1640.JPG
桂が代打でライト前

IMG_1643.JPG
塁上に捕手二人

IMG_1667.JPG
グッと下ろして

IMG_1668.JPG
グルっと

IMG_1675.JPG IMG_1677.JPG

IMG_1689.JPG
この試合を今後活かしてほしいですね
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:39| Comment(0) | +ドラゴンズファーム+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【4/28 ウエスタン公式戦】D1-12sh 試合結果編

ウエスタンリーグ公式戦
中日ドラゴンズ-福岡ソフトバンクホークス8回戦@ナゴヤ球場
の結果編です。

H032 111 310 = 12 H20 E0
D010 000 000 = 1 H5 E0

H)摂津、小澤-市川、谷川原
D)鈴木翔太、三ツ間、小熊、若松、小川、木下雄-Aマルティネス、武山

本)江川(7回2点)

失)長谷川勇(2回)、市川(5回)
暴投)小澤(8回)
走塁死)友永(6回)

ホークス
(一)明 石
a三 茶 谷
(中)釜 元
(右)江 川
a右 牧 原
(左)長谷川勇
走左 周 東
(指)吉 村
打指 塚 田
(三一)西 田
a捕 谷川原
(遊)川 瀬
(捕)市 川
打一 黒 瀬
(二)曽 根


(遊)溝 脇
a遊 三ツ俣
(中)友 永
(二)石川駿
(右)井 領
(三)石 垣
(一)石 岡
(左)伊藤康
(捕)A.マルティネス
a捕 武 山
(投)鈴木翔太
a投 三ツ間
a投 小 熊
a打 遠 藤
a投 若 松
a投 小 川
a打  桂
a投 木下雄


ホークス


1回
明石-中飛
釜元-中飛
江川-左二
長谷川勇-三振

2回
吉村-左飛
西田-左二
川瀬-四球
市川-四球
曽根-右二(2)

明石-左犠飛(1)

釜元-中飛

3回
江川-中三
長谷川勇-中二(1)
吉村-中飛
西田-左安
川瀬-左安(1)
市川-空三振
曽根-四球
明石-左飛

4回
釜元-四球
江川-右安
【→三ツ間】
長谷川勇-二ゴ(1)
吉村-三直

5回
【三ツ間→小熊】
西田-右飛
川瀬-左安

市川-左二(1)
曽根-一ゴ
明石-三ゴ

6回
【小熊→若松】
釜元-中三

江川-中飛
長谷川勇-右安(1)
吉村-四球
西田-空三振
川瀬-左直

7回
市川-中飛
曽根-左二
茶谷-二ゴ
釜元-中安(1)
江川-左本(2)
長谷川勇-右安
塚田-中飛

8回
【若松→小川】
西田-三ゴ
川瀬-中安
黒瀬-中二
曽根-中安(1)
茶谷-三併

9回
【小川→木下雄】
釜元-二ゴ
牧原-遊安
周東-二ゴ
塚田-四球
谷川原-空三振


ドラゴンズ

1回
溝脇-二ゴ
友永-遊ゴ
石川駿-右安
井領-空三振

2回
石垣-左二
石岡-二ゴ
伊藤康-空三振
Aマルティネス-左安(1)
鈴木翔太-空三振

3回
溝脇-遊飛
友永-左飛
石川駿-右飛

4回
井領-中飛
石垣-右飛
石岡-空三振

5回
伊藤康-二直
Aマルティネス-空三振
遠藤-二ゴ

6回
溝脇-左飛
友永-中安
石川駿-遊ゴ

7回
井領-右飛
石垣-遊ゴ
石岡-二ゴ

8回
【摂津→小澤】
伊藤康-振逃
武山-三ゴ
桂-右安
三ツ俣-中飛
友永-空三振

9回
石川駿-中飛
渡辺-二邪飛
石垣-中飛

IMG_1413.JPG
鈴木翔太

IMG_1430.JPG
摂津

IMG_1447.JPG
曽根

IMG_1537.JPG
小熊

IMG_1420.JPG IMG_1586.JPG
江川はサイクルヒット達成!

IMG_1505.JPG
西田

IMG_1554.JPG
若松

IMG_1637.JPG
小澤

IMG_1656.JPG
木下雄

IMG_1685.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 18:34| Comment(0) | +ドラゴンズファーム+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

【4/1 ウエスタン公式戦】D2-5sh スタート地点

1軍への足掛かり、ケガからの復帰を目指す選手、
育成から支配下へ…。
選手それぞれのスタート地点があります。
また、それをじっくり見ることができるのがファームの良いところだと思います。
プロ野球公式戦はまだ3試合目。
これからどのようにチームの力になっていけるか、楽しみです。

IMG_1324.jpg

■試合結果編はコチラ

それでは選手評をば。

大野雄大(佛教大=8年目)
7回を4安打無四球1失点。
真っ直ぐは最速148キロをマークしました。
奪三振は8つのうち、真っ直ぐで4つ、140キロ弱の沈むボールで4つ。
立ち上がりは強めで攻め、二回り目からはある程度相手を見てゆったりと投げることができましたね。
比例して変化球のコントロールも上がっていきました。
7回の失点は、先頭を出した後、吉村に10球以上粘られた後に根負け(ライト前ヒット)したもの。
四球を出さなかったのはよかったですが、全体的に走者を出すとややリズムが悪くなりましたかね。

このボールでは何度もファームで投げさせる意味はないなぁと思います。
1軍のゲームとなるとアドレナリンも出て、また更に力は出るのでしょうね。
あとはそこでうまく滑り出せるかどうかだけだと思います。
守りに入ったり、打たれてシュンとならなければいいですね。

IMG_0973.jpg IMG_0974.jpg

三ツ間卓也(BCリーグ武蔵=3年目)
大野の後を継ぎましたが、1アウトでKOとなりました。
ボールの力自体はありますが、決めに行くボールの際、ことごとく腕が振れなかったですね。
去年投げすぎた後遺症なのか、ある程度結果を残した安心感なのかわかりませんが、イキの良さが薄れているのが少し心配ですね。
武山捕手からの返球にも怒りが感じられましたが、克服しなければならないものは多そうです。
真っ直ぐ最速は145キロ。

IMG_1245.jpg IMG_1250.jpg

小川龍也(千葉英和高=9年目)
三森、牧原と左を迎えるところでのリリーフ登板。
丁寧に低めを攻めていましたが、敢え無く同点タイムリーを浴びてしまいました。
1軍ではこういう場面ばかりとなるので、結果を出していくしかないですね。
最速は134キロ。

IMG_1256.jpg

浅尾拓也(日本福祉大=12年目)
塚田、吉村の連続タイムリーはいずれも初球の真っ直ぐ。
最速は138キロというところですが、どのように上がってくるかだと思います。

IMG_1259.jpg IMG_1264.jpg

岡田俊哉(智弁和歌山高=9年目)
1イニングを簡単に三者凡退に仕留めました。
真っ直ぐも139キロをマークするなどスピードも出ていましたね。
コントロールよい安定感のあるピッチングはさすがだと思います。
まずはスタート地点に立ちましたね。

IMG_1302.jpg IMG_1317.jpg IMG_1304.jpg IMG_1311.jpg

石垣雅海
6回には貴重な2点目となるタイムリーを放ちました。
ストライクとボールがはっきりする右投手相手に、よく真っ直ぐに絞って叩けた思います。
初球から積極的に攻めていけていますし、試合に出続けることで少しづつ自信がついてきてるように感じますね。

IMG_1193.jpg


長谷川宙輝(聖徳学園高=2年目☆育成)
上背はありませんが、しなやかなフォームから繰り出される真っ直ぐは最速146キロをマーク。
平均では140キロ程といったところですが、キレ味があって魅力ありますね。
ボールの力で押し込めるだけのものはありますので、あとはピッチングの部分でしょうか。
走者を置いた場面、
回の先頭への入り方(この日はストレートの四球の他2安打)
など、これからどんどん経験を積んでいってほしいですね。
さすがこのオフからキャンプにかけて話題になった投手だと思います。楽しみです。

IMG_1006.jpg

小澤怜史(日大三島高=3年目)
2回を投げ1失点。最速は143キロ。
変化球自体であったり、真っ直ぐも細かなコントロールに苦しみましたね。
フォームもキレイですし、ボールにも素質を感じますが、もう少し特徴が欲しいかなという印象です。
同期の高橋純平共々東海地区の選手ですし期待しています。

IMG_1181.jpg

笠原大芽(福岡工大城東高=6年目)
打者1人を外野フライに。
139キロをマークしました。

IMG_1279.jpg

野澤佑斗(つくば秀英高=3年目☆)
2015年育成ドラフト1位のサイドハンド。
最速は143キロでしたが、とにかく投げっぷりのよさが光りましたね。
先日のカープの長井良太もよかったですが、負けじと支配下の座を掴んでほしいですね。

IMG_1294.jpg IMG_1297.jpg

渡邉雄大(BCリーグ新潟=1年目☆)
左のサイドハンドから、低めへの丁寧な投球で最終回を簡単に抑えました。
最速135キロの真っ直ぐ、110キロ程の緩いボールを駆使し、非常に落ち着きのある、実戦派タイプといっ他印象です。
先日見た時よかったのに、何故サイド転向?!
と見ていたら、そちらは渡辺健史。
ホントにたくさんのいい投手がいますよねぇ。
まずはファームのメンバーに入るのも大変なんだろうなと感じますね。

IMG_1333.jpg IMG_1345.jpg

IMG_0987.jpg
荒木がスタメン出場し1安打

IMG_1054.jpg IMG_1016.jpg
大野はファームでは。。。

IMG_1020.jpg
ひと際大きな声援を浴びた豊橋出身の谷川原

IMG_1040.jpg
モヤは大きな2ベースを放ちました

IMG_1059.jpg
やはり存在感あるなと思います

IMG_1091.jpg
マルティネスが9番DHでスタメン出場

IMG_1086.jpg
最初の打席では相手捕手とグータッチ

IMG_1109.jpg IMG_1116.jpg IMG_1117.jpg
長谷川宙は将来楽しみ

IMG_1155.jpg
石井コーチの指導が目立ちますね

IMG_1136.jpg
杉山のこの動作が好きなんです

IMG_1162.jpg IMG_1164.jpg
先制は杉山の犠牲フライ

IMG_1196.jpg IMG_1197.jpg
石垣のタイムリーで2点目

IMG_1243.jpg IMG_1315.jpg
長谷川勇、明石が揃って途中出場

IMG_1250.jpg IMG_1270.jpg
三ツ間、小川、浅尾と厳しい結果に

IMG_1350.jpg IMG_1361.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 18:59| Comment(0) | +ドラゴンズファーム+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【4/1 ウエスタン公式戦】D2-5sh 試合結果編

ウエスタン公式戦、
ドラゴンズ-ホークス3回戦は大野の好投、岡田の復帰登板など光はありましたが、
終盤の集中打によりホークスの逆転勝利でした。

H 000 000 140 = 5
D 000 011 000 = 2

H)長谷川宙、小澤、笠原、野澤、渡邉雄-谷川原
D)大野雄、三ツ間、小川、浅尾、岡田-杉山、武山

盗)周東(6回)
失)三森(6回)、茶谷(7回)
暴投)長谷川(4回)

IMG_1307.jpg

ホークス
(二)三 森
(三)牧 原
(右)塚 田
(指)吉 村
(捕)谷川原
(中)釜 元
(一)黒 瀬
打一 明 石
(遊)茶 谷
打 長谷川
走遊 川 瀬
(左)周 東

ドラゴンズ
(二)荒 木
一 石 岡
(中)近 藤
(右)井 領
(一二)阿 部
(三)石 垣
(左)モ ヤ
左 渡 辺
(遊)三ツ俣
(捕)杉 山
捕 武 山
(指)マルティネス
打指 野 本

〇打者成績
ホークス
1回
三森-空三振 牧原-投ゴ 塚田-中飛
2回
吉村-中飛 谷川原-右安 釜元-遊邪飛 黒瀬-遊ゴ
3回
茶谷-空三振 周東-空三振 三森-空三振
4回
牧原-二ゴ 塚田-中飛 吉村-左飛
5回
谷川原-三振 釜元-空三振 黒瀬-空三振
6回
茶谷-遊ゴ 周東-中安 三森-三振 牧原-左飛
7回
塚田-右安 吉村-右安 谷川原-投併 釜元-左飛
8回
【大野雄→三ツ間】
明石-遊ゴ 長谷川-遊安 周東-遊野選
【三ツ間→小川】
三森-三邪飛 牧原-左安(1)
【小川→浅尾】
塚田-右三(2) 吉村-左安(1) 谷川原-遊ゴ
9回
【浅尾→岡田】
釜元-投ゴ 明石-投ゴ 川瀬-二ゴ

ドラゴンズ
1回
荒木-中飛 近藤-左飛 井領-空三振
2回
阿部-四球 石垣-二併 モヤ-中二 三ツ俣-右飛
3回
杉山-左飛 マルティネス-投ゴ 荒木-左安 近藤-遊飛
4回
井領-右安 阿部-中飛 石垣-空三振 モヤ-二ゴ
5回
三ツ俣-中三 杉山-中犠飛(1) マルティネス-二ゴ 石岡-中飛
6回
【長谷川宙→小澤】
近藤-左安 井領-左飛 阿部-二失 石垣-左安(1) モヤ-遊飛 三ツ俣-三飛
7回
杉山-四球 野本-一併 石岡-遊失 近藤-空三振
8回
【小澤→笠原】
井領-左飛
【笠原→野澤】
阿部-遊ゴ 石垣-右飛
9回
【野澤→渡邉雄】
渡辺-空三振 三ツ俣-三ゴ 武山-三ゴ

〇投手成績
長谷川宙 5回 19打者 4被安打 2奪三振 1四死球 1自責点
小  澤 2回 10打者 2被安打 1奪三振 1四死球 1自責点
笠  原 1/3回 1打者 0被安打 0奪三振 0四死球 0自責点
野  澤 2/3回 2打者 0被安打 0奪三振 0四死球 0自責点
渡邉雄大 1回 3打者 0被安打 1奪三振 0四死球 0自責点

大野雄 7回 24打者 4被安打 8奪三振 0四死球 1自責点
三ツ間 1/3回 3打者 1被安打 0奪三振 0四死球 2自責点
小 川 1/3回 2打者 1被安打 0奪三振 0四死球 1自責点
浅 尾 1/3回 3打者 2被安打 0奪三振 0四死球 1自責点
岡 田 1回 3打者 0被安打 0奪三振 0四死球 0自責点

IMG_0968.jpg
大野雄大

IMG_0985.jpg
荒木

IMG_1000.jpg
長谷川宙

IMG_1041.jpg
モヤ

IMG_1177.jpg
小澤

IMG_1195.jpg
石垣

IMG_1233.jpg
三ツ間

IMG_1255.jpg
小川

IMG_1262.jpg
浅尾

IMG_1273.jpg
笠原

IMG_1291.jpg
野澤

IMG_1336.jpg
渡邉雄

IMG_1357.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 17:20| Comment(0) | +ドラゴンズファーム+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

【3/18 ウエスタン公式戦】D5-0C これぞ

開幕カード第2戦は、
ドラゴンズが吉見の好投で見事雪辱。

本日の吉見は抜群のコントロールに、力強い真っ直ぐ、ブレーキの効いた変化球と、まさにこれぞのピッチング。
果たして一軍への復帰はいかがでしょうか。

また、両チームとも、本日も高卒ルーキーが躍動。
中村奨成はスタメンマスクを被り、1安打1盗塁刺。
伊藤康祐も連日のスタメン出場を果たし、見事タイムリー。
さらにカープでは永井が9番スタメン出場しプロ初ヒットをマーク。

そして、ファームと言えば復帰を目指す選手達の第一歩。
8回にはカープ赤松が代走で出場しレフトの守備にも就きました。
ドラゴンズは桂が代打で登場し最終回のマスクを。

さまざまなこれぞの場面が詰まったゲームとなりましたね。

IMG_0660.jpg 

■試合結果編はコチラ

それでは選手評価を、、、

吉見 一起(トヨタ自動車=13年目)
7回4被安打無失点のナイスピッチングでした。
奪三振こそ2つでしたが、与えた四死球は0個。
とにかく先週の投球(これも悪くはありませんでしたが)からグッとよくなりましたね。
真っ直ぐ自体も平均で2〜3キロは上がっていたのではないですかね
(最速は142がありましたが、138,9が一番まとまっていたと思います)。
その力がある真っ直ぐに、130キロ弱のスライダーもしっかりブレーキがかかったいいボールでした。
アウトの半分以上がゴロアウトですから、いかに低めをつけていたかの証明だと思います。

ちょっと前回は中途半端な書き方をしたなぁと反省もあるのですが、
これで吉見としては一つの段階を上がったというか、回答はできたのではないですか。
即開幕ローテだ!とはならないのかも知れませんが、こういった状態まで持ってこれるのであれば、シーズンでも十分チャンスはあると思います。

IMG_0590.jpg IMG_0593.jpg IMG_0591.jpg


山井 大介(河合楽器=17年目)
1回を2被安打無失点。最速は144キロがありましたが、概ね140キロ前後というところ。
少し粘られる場面はありましたが、現状まずまずといったところではないのでしょうか。
1イニング限定なら…というものは感じましたけどね。

IMG_0867.jpg IMG_0866.jpg

佐藤 優(東北福祉大=3年目)
最終回1イニングを三者凡退に。
真っ直ぐ最速は143キロをマークしました。
やはりピチッとハマったボールはいいものがあると思うので、
安定感を高めていくことですね。勝負の年だと思います。

IMG_0916.jpg IMG_0921.jpg IMG_0916.jpg

加藤 匠馬(青山学院大=4年目)
今シーズン初マスクでしたが、完璧な送球で盗塁を2つ刺しました。
練習から安定していましたし、こういうのを継続してほしいですね。
肩はチームでも上位だと思いますから。

石垣 雅海(酒田南高=2年目)
昨日の3安打に続き今日は2安打。
共に福井からですが、変化球、真っ直ぐを同じく三遊間へ。
もう少し打球が上がってくれば…とは思いますが、
最後の打席でも長井の150キロ超のボールにしっかり粘れていましたし、
状態は悪くはないのではないでしょうか
(逆にその速いボールをしっかり弾き返せればおもしろいですけどね)。

IMG_0657.jpg

伊藤 康祐(中京大中京高=1年目)
タイムリーヒットは130キロの変化球をうまくレフトへ運んだもの。
コース、高低を問わず、しっかりとボールにコンタクトできるのがいいところだと思います。
プレーには落ち着きがありながらも、常に何かをやってやろうという、いい空気感がありますね。

IMG_0744.jpg IMG_0750.jpg


福井 優也(早稲田大=8年目)
真っ直ぐ最速は142キロ、平均は138キロ程度
4回には見方のエラー、自らの牽制悪送球もあり一挙5失点。
先頭打者へのストレートのフォアボールがすべてでしょう。
ここでの嫌な予感そのままに、結果的に試合を壊す形となりましたね。
力の入った真っ直ぐはさすがの威力がありますが、
変化球のコントロールであったり、勝負所の粘りの弱さだったり、自らのイメージを変える投球ができませんでしたね。

IMG_0612.jpg IMG_0616.jpg

オスカル(Honda=3年目)
2回を無失点。最速は137キロ。
腕を下げてサイド気味で投げていますね。
1回は先頭へ四球。2回は2死から死球献上。
こういうところの積み重ねですからね。

IMG_0821.jpg

長井 良太(つくば秀英高=2年目)
真っ直ぐは最速は152キロ。そしてほとんどが150キロ超えという快投でした。
変化球は130キロ程のスライダーを投げていましたが、
真っ直ぐ、変化球共しっかりとコースに収まっていましたし、素晴らしい内容でしたね。
このスピードボールは本当に魅力的ですし、逸材だと思います。

IMG_0847.jpg IMG_0844.jpg IMG_0852.jpg IMG_0849.jpg

飯田 哲矢(JR東日本=4年目)
この投手もオスカル同様、やや腕を下げたフォームとなっています。
真っ直ぐの最速は135キロ。
本日は右打者ばかりを迎え無失点に仕留めました。
昨日の戸田もそうですが、左は貴重ですから、一人でも多く戦力になってほしいところですね。

IMG_0897.jpg

IMG_0579.jpg
地元出身選手の活躍に期待してます

IMG_0583.jpg IMG_0584.jpg
今日はコチラから

IMG_0598.jpg
盗塁失敗

IMG_0605.jpg
中村奨がスタメンマスク

IMG_0631.jpg
ピンチの場面ではベンチをチラリ

IMG_0642.jpg
戻ってからも指導です

IMG_0649.jpg
今日はレフト前1本

IMG_0663.jpg
伊藤康

IMG_0673.jpg
永井が9番スタメン出場

IMG_0687.jpg
渡辺は代打で登場しいきなり3ベース

IMG_0726.jpg
井領のゴロがエラーを呼び先制

IMG_0733.jpg
三ツ俣がうまく打ちタイムリー

IMG_0769.jpg
苦心のリード

IMG_0778.jpg
近藤も勝負の年だと思います

IMG_0805.jpg
石岡の犠牲フライ

IMG_0825.jpg
吉見の素晴らしい投球でした

IMG_0813.jpg
その好投に山田コーチからも一言

IMG_0827.jpg IMG_0831.jpg
安部、小窪が揃ってスタメン出場

IMG_0871.jpg
永井が初ヒット

IMG_0886.jpg
ボールは手元へ

IMG_0875.jpg
野間も一軍定着が期待されます

IMG_0877.jpg IMG_0879.jpg
代走で赤松が復帰

IMG_0903.jpg IMG_0907.jpg
最終回は桂がマスク

IMG_0934.jpg
1回を三者凡退に

IMG_0937.jpg IMG_0942.jpg

IMG_0948.jpg

IMG_0950.jpg
大きく育ってほしいです
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 18:36| Comment(0) | +ドラゴンズファーム+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする