2017年04月08日

名古屋2-1讃岐 今度の永井と杉本

クラブ史上初めてJ2で戦う今シーズン。
開幕の頃はまだまだ連携不足と言ったところでしたが、
試合を重ねるごとにチームとしての一体感が高まっています。
その中で存在感を発揮しているのが永井龍と杉本竜士。
共に今季からの新戦力です。

DSC_1266.JPG

永井は最近ではサイドハーフなどの難しいポジションを、
杉本は主にサイドですが前目だったり後ろだったり。
いろいろな事に挑戦しながら本当にチームを盛り立ててくれています。

今日の試合でも前半は讃岐ペース。
アクセントを加えるとしたら、この杉本のドリブルでした。
後半からの出場となりましたが、再三左サイドからチャンスを作り、終了間際には自ら切れ込み放ったシュートは見事ゴール右隅へ。
伏兵の一発はまさにゴラッソというヤツでした。

これでチームは4連勝。
暫定ですが首位浮上です。

DSC_1261.JPG


そして、久しぶりにこのカテゴリーなわけですが、
そこについては、何と言っても玉田が楽しそうにやってるから。
もう、これです。
交代直後、半裸で杉本のもとへ向かいイエローはご愛敬ですが、この人が充実感たっぷりだと見てて本当に嬉しい。

この日はフリーキックでようやく今季初得点。
この場面、このメンバー、決めるならここ。
全てが噛み合った素晴らしいゴールでした。

DSC_1256.JPG 

DSC_1258.JPG


シーズンはまだまだ序盤ですが、いい空気だと思います。
いろんなイベントに選手も出てきて、スタッフも含めてよくやっています。
うまく行かない時期も来るとは思いますが、このまま一丸で行ってほしいですね。

DSC_1264.JPG

DSC_1253.JPG

DSC_1250.JPG
『誰でも参加できる握手会』には佐藤寿人の姿も

DSC_1247.JPG

DSC_1245.JPG
この時期のお楽しみ山崎川の桜

DSC_1236.JPG

DSC_1243.JPG


posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:名古屋のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

名古屋4-0新潟 女神さま

「点を取りにいってやる」
というセリフが大好きだ。
頼もしさがあり、
ネガティブな要素がほとんどない。
勝負というよりは楽しむという感覚。
そして似合う人を選ぶこのセリフ。

今の玉田にはそれを強く感じる。
自ら「絶好調」と言うだけあり、
点が取れそうな匂いがぷんぷんする。

かと思えば最終ライン近くまで戻って守備をしたり、
本当に充実してやっているんだなぁと思います。

何より、
ゴールを決めた後の、
左手薬指へのキスがそれを表していますね。

言葉として正しいのかわからないですが、
“円熟味”という言葉を使うことになるとは思いもしませんでした。
まぁ、まだまだ若いとは思っているのですけどね。


チームとしては、
ダニルソンが相変わらずいいし、
藤本もようやくフィットしてきましたね。

田中はゆまのゴールも素晴らしい。
移籍3年目でやっとですね。
明日できることを明日に回して行った甲斐があるというものです。



あとは小川です小川。
何とか決めさせてやりたい。
何とか。

2011061519050000.jpg

2011061520560000.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:名古屋のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

名古屋5-2福岡 夢を死なせるわけにいかない

ACLも終わった
開幕からまだ1勝しかできていない
多すぎるケガ人

シーズンは始まったばかり
もちろんわかっているし、
ケガをしたメンバーも徐々に帰ってきている

連覇へ、
昨シーズンとの記憶のジレンマに苦しみつつありますが、
夢を死なせるわけにはいきません

2011052917080000.jpg


試合はここまで7戦7敗と最下位に沈む福岡。
ホーム戦ということもあり、
ここで勝てるか勝てないかは大きく違います。

点を取っては取られる嫌な展開でしたが、
最後は地力の差を見せつけ、
残り10分で3点を積み重ねました。

ダニルソン、闘莉王、増川、ケネディが戻り、
今日は全治六ヶ月の大ケガから復帰したブルザノビッチが初戦で早速のゴール。
ちょっとずつチームの形が戻ってきたように思います。

何よりダニルソンの復帰が大きい。
彼が中盤を支配することによって、
本当に中村直志や藤本淳吾が伸び伸びできますね。

最初の得点も直志が右サイドを駆け上がり、
最後はケネディが詰めたもの。

こうやって選手が戻ってくると、
永井をスーパーサブ的な使い方もできますし、
磯村などの若手起用などチームの幅は広がりますね。

あとは金崎や千代反田ですか。
皮肉なことにようやくACLを乗り切るメンバーが揃ってきましたね…(笑)。

そしてもう一人“あとは”小川。
何とか決めさせたい。

2011052915010000.jpg
【雨が霧のように吹き込んでくるのが印象的でした】

2011052915190001.jpg
【今日は娘のみ奮闘】

2011052916030000.jpg

2011052917090000.jpg

2011052917550000.jpg

2011052917550001.jpg
【夏場の連戦へ向けて弾みがつけばいいですね】


来週は東京へ“公演”へ行くことになりました。
今やってるAKB48リバイバル公演のチケをツレが見事に当選いたしまして。
A3rd「誰かのために」公演。
そんな私はその旧チームAで現在Kの人推しなわけですが、
この日演じるのはよく知らないNMB48の方々。
本体はと言うと、京セラドームで全国握手会らしい。
なんのこっちゃ。

そんなわけでのタイトル選考。
実は1月の渋谷AX3日目にも行ってたりするわけですが、
今になって公演に行くとか、
かつては想像もできないことだ(来年はもう行けないだろうなぁ)。
でも“あの頃”だったら「こんなもんか」だったかも知れないし、
今だからいいんだろうけどね。

昨日は京都でルーラーシップ(金鯱賞)の末脚を肴にしたり何だかな。
さぁ、週が空けたら宝塚賞の展望とNMB48の勉強だな
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:名古屋のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

名古屋1-1横浜 畏敬の念

久しぶりの更新はやはり備忘録。
さぁ、チケットビンボーな1年が始まったぞ

11.3.5 027.jpg

名古屋グランパス1-1横浜Fマリノス(豊田)

11.3.5 023.jpg

昨年のチャンピオンだから当たり前なのですが、
いろんな雑誌で高い評価を受ける今シーズン。

昨年は終盤のパワープレイで押し切った試合が多かったし、
攻撃のキーマンが変わったというところで、
実はそんなに安心をして見ているわけではない。

それでも、
「今年はこれだけ選手が来たぞ!
 優勝しかないだろ!!あははは」
と半ばやけっぱちでやってた頃とはだいぶ変わったなとしみじみ。

11.3.5 012.jpg

そんなわけで開幕戦。
試合は終盤、ルーキー永井の突破がPKを誘い、
何とか引き分けで勝ち点1獲得。

11.3.5 020.jpg

再三のチャンスも相手の好守に阻まれたわけですが、
やっぱり、これだけ個性のある選手が揃ってくると、
大事なのは相手のプレーを尊重することだと思うんですね。

何でわかってくれないの?
と言うよりは、
こいつはここまでできるから、こうしてやろう
あいつはこうしてくれるから、こう動こう
と味方を活かすのがいい選手。

グランパスは、選手の能力もそうですが、
心の部分と言うか、一体感が昨年の結果を呼んだのだと思います。

そういった意味では、
まだまだ藤本はチームに入りきれていないのかなと。
筑波大の同期生・阿部とコンビはさすがですが、
まぁ、これは時間が解決をしてくれるでしょう。


永井はスピードはさすがとしか言いようがない。
だけど、練習試合を見ても、まだボールキープはできないから、
いかに走らせるかですし、それに応えるかではないかな。
しかし、杉本も衝撃的でしたけど、
永井は体も強いし、すごいっすわ。
一瞬で置き去るって言葉を久しぶりに使いました。
また、シュートも確かほとんどが枠に行っていましたし、
昨日は満点に近いデビューだったんじゃないですか。


対してマリノスは、
まず蛍光イエローのユニフォームにビックリしましたが、
この試合にかけるものがビシビシと伝わってきましたね。

飯倉、中澤を中心に守りが堅く、
攻撃もシンプルにと、やりたいことが明確なゲーム運びだったと思いますね。

そしてキャプテンマークを巻くのは兵藤。
確かに若返ったチームでそろそろ、
兵藤あたりが引っ張って欲しいもの。
それに呼応するハードワーク。
どちらかと言えばチャンスメークする側だと思うのですが、
自ら持ち込んで左足でぶち込んだゴールはムード最高の一撃でした。

11.3.5 029.jpg

11.3.5 032.jpg

それだけに勝ちたかったところでしょうが、
最後の最後でPKを許してしまいました。

11.3.5 038.jpg

さて2011年シーズンが始まりましたが、
昨年チャンピオンの名古屋の底力、
マリノスのプライドと気持ちのぶつかり合ったよいゲームでした。
今シーズンも応援するぞー

11.3.5 043.jpg

11.3.5 044.jpg

11.3.5 045.jpg

11.3.5 048.jpg

11.3.5 058.jpg

11.3.5 060.jpg

11.3.5 068.jpg

11.3.5 075.jpg

11.3.5 080.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:名古屋のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

【J1第32節】名古屋0-1FC東京 凱旋飾れず

名古屋がついにJ1制覇を成し遂げました。
ずっと順位一つ上がる下がるに一喜一憂していただけに、
なかなか実感がわかず、喜び方がわかりません状態でした。

IMG_9286.JPG

それでも、
自然とこみ上げてくる単純な嬉しさ。
そして夜は全国区のテレビ番組にはしごする選手の姿を見て、これが優勝するってことなんだと思いました。

忙しさを感じながらも、
世界がどんどん変わっていく選手を想い、
こういうことならどんどん経験してほしいな、と、
やっと目元の湿度が上がりました。
本当によかった。

楢崎も直志も吉村も玉田もみんなよかったね。
ほんとやっと報われたな。

10.11.23 001.jpg


さて、
今年は日本シリーズといいペナントレース最終戦といい今日といい、
どうも緊迫感バリバリの「勝って胴上げだ!!」というシーンに恵まれません。
チケット貧乏になっている私ですが、
こちらもいつか報われればよいと思います。

10.11.23 014.jpg


なかなかFC東京に勝てません。
田中ハユマが出場停止、ダニルソンが負傷欠場、闘莉王も手負い。
対してFC東京は、今日勝てばJ1残留に大きく前進するという高いモチベーション。

10.11.23 023.jpg

10.11.23 048.jpg

決定機の数自体は名古屋の方が多かったと思うけど、
どうも攻撃が大味になってしまいましたかね。
杉本はよくも悪くも調子に乗るタイプなので、相変わらず好調をキープしているようですが、小川なんかはそろそろ落ちてくる頃だと思いますしね。

逆に決めるべきところで決めた大黒はさすがです。
見事なループシュートだったですが、やっぱそういうトコうまいよな。
あれを決められたら仕方ない。

10.11.23 030.jpg

FC東京は米本がよかったですね。
意外と体もあるし、何より勝負所を察知する能力が高いなと思います。
この選手が入ってから調子が上がってきたというのも、よくわかりますね。

後ろに今野がいるというのも思い切ってプレーできる要因でしょうか。

ただ、もう一人の方の森重ねぇ。
ピクシーも激昂していましたけど、
ホント、大分の頃からプレーが汚いよなぁ。
この前のセレッソ戦は上本も相変わらずだったし、
将来代表定着を目指すのだったら、もう少し何とかならんのかねぇ。
と思います。
ま、汚いと言うか幼いですわね。



10.11.23 039.jpg 10.11.23 043.jpg


今日の試合で優勝の価値が薄れるわけではありません。
まだ最終戦がありますので、
そちらはしっかり勝ちで収めてほしいですね。

10.11.23 059.jpg
【FC東京にとって今日の勝利はとてつもなく大きいのでは】


今日の豊田決戦では、
グランパスが降格危機だった2005年、
絶望的な空気の中、ここ豊スタでガンバを破った試合を思い出しました。
あの勝利と、翌年のヨンセンの加入がなければ、
今日の栄冠はなかったと言っても過言ではないと思います。
今、この立場いられることに本当に幸せを感じます。
よかったよかった。
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:名古屋のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

【天皇杯】名古屋1(PK5-4)1新潟 盆と正月

そしてクリスマスも一緒にやってきた。

次戦は12月25日、鹿島戦です。

こんなシーズン佳境の平日夜にやらなくても…。
という思いは全て吹っ飛んだ。
それだけ感動しました。

2010111721280000.jpg


スタメンは、
高木
松尾、千代反田、竹内、三都主
花井、吉村、田口
杉本、巻、橋本

と、何と高木、松尾、花井、田口、橋本と
5人が今季リーグ戦出場なしというメンバー。

後半からは、同じく磯村、久場、新井が投入され、
もはや試合は防戦一方。
がまんがまんがまんがまん…

足を攣る選手が続出する中、
高木のファインセーブ連発などで、
何とか120分耐え抜きました。

果たしてPK戦では、
先攻の新潟、後攻の名古屋ともに3人決めると、
新潟4人目の加藤大のキックを高木がビッグセーブ。
その後は橋本、磯村がきっちり決めてベスト8進出。


このメンバーでも勝てたということにまず感動をし、
みんな足が攣り攣りになりながらも、
PKをきっちり決めていく姿に本当に震えた。
特に巻は後半終了近くから限界を超えていただけに、
2人目で決めたのは凄かった。


チームとしての勝ちグセ、
底力のアップなどなど、
いいチームになってきたなぁと感慨深いものがあります。

若手の奮闘振りを見て、
改めてトップチームの壁は厚いなぁとも思うわけですが、
「やっぱりこのメンバーでは…」
と言わせなかったのは単純に頼もしいし嬉しく思います。


この勢いを持ってリーグも、もう少しだ!


2010111721400000.jpg


寒〜い中、
がらがらのバックスタンドでわぁわぁ言いながら見るのが暖まってホント楽しかった(笑
やっぱり、新潟はたまらないと思いますが、
PK戦で勝ったのは本当に興奮しますね。
おもしろい物を見させていただきました。
年末がんばるぞ!
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:名古屋のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

【J1第30節】名古屋2-1大宮 ビギナー

僕らは夢見ているか
未来を信じているか
支配された鎖を引きちぎろう

優勝ってこうですか?
わかりません!!

10.11.14 024.jpg

リーグ優勝は早ければ次節にも決まります。
油断は禁物ですが、浮かれることはなく、
来るところまで来た。
と言えども、私は優勝争いのビギナー。

10.11.14 022.jpg
        
10.11.14 023-1.jpg

未来を信じ、
夢をかなえたときはどんな気分になるのでしょうか。

泣くのか?泣いちゃうのか?
大声ダイヤモンドで涙サプライズなのか?
優勝できなかったら言い訳maybeなんだろうか、やっぱ。
(AKBネタしつけーー)

10.11.14 019.jpg

10.11.14 020.jpg

大宮はラファエルを中心に決して悪いチームではないですが、
(今、Jにいる外国籍の選手でラファエルが一番見所があると思います。次点は新潟のチョ・ヨンチョル。名古屋除く)
ケネディ、闘莉王、金崎を欠いた中で勝ちを拾える選手層の差、チームとしての成熟の差が出たのだと思います。

10.11.14 015.jpg

10.11.14 013.jpg
【何ぶらさげてるの?】


相手は残留争いをしている中で、
ナビスコでは若手主体とはいえボッコボコにやられ、
加えて軸が不在。
単純に下位との対戦という簡単な試合ではなかったと思います。

それでも勝ち点3を欲しいところで取れるという、
まさしく優勝するムードなんでしょう。


自身の得点こそなかったものの、
玉田や小川の献身的なプレーを見ていると、
優勝をして報われてほしいというか、選手として一皮剥けてほしいなと思いますね。

10.11.14 098.jpg

                10.11.14 106.jpg

1プレー1プレーの質、気持ちの入れ方がやはり春先とはまるで違う。

ブルザノさんもケガで離脱はしてしまったが、
この大事な試合で先制点を決めるとか、やっぱり持っている。
シュートセンスはさすがにすごい。

10.11.14 048.jpg

10.11.14 069.jpg
【ケガは心配です】


次は湘南戦。
今日の勝利は限りなく大きい。
初心者だが夢を見るには十分。

10.11.14 017.jpg
【すごいところから見ている人がいる】

10.11.14 027.jpg

10.11.14 037.jpg

10.11.14 065.jpg
【イ・チョンスがいる】

10.11.14 074.jpg
【大宮はラファエルが落として石原】

10.11.14 077.jpg
【2点目はダニルソン!ではなく、奥の増川】

10.11.14 094.jpg
【はち丸くんは意外に知名度あり】

10.11.14 113.jpg

10.11.14 122.jpg
【小川の表情が充実を物語っているように思います】

10.11.14 129.jpg

10.11.14 133.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:名古屋のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

名古屋1-0C大阪 名古屋の日〜お昼〜

セレッソ、鹿島と上位対決が続く終盤戦。
台風が心配されましたが、雨、風ともにまったく被害なく、試合を行うことができました。

10.10.30 004.jpg

10.10.30 041.jpg

10.10.30 007.jpg

試合は前半ケネディが自らもらったPKを決めると、
後半は楢崎のファインセーブあり、
久々先発の千代反田の奮闘ありで粘るセレッソを振り切りました。

10.10.30 009.jpg 10.10.30 011.jpg

10.10.30 014.jpg

乾は個人技もあり怖かったですが、
家長、清武をある程度自由にさせなかったというのが勝因でしょうか。
まぁ、乾も家長も試合を決める力はありますが、
セレッソはチーム自体にフィニッシャーがいないのが辛かったですね。

後半から入った小松塁は、
やっぱり足元はうまい!と思いますが、
真ん中のタイプじゃないしな。

これは来季の課題でしょうか。

10.10.30 055.jpg
【アマラウの無回転は相変わらず怖い】

名古屋は金崎、闘莉王をケガで欠き、
代わりには小川と千代反田。
と言っても、代わりなんてとてもとても失礼なことですね。
小川も調子が上がってきたし、
千代反田もこういうところで仕事ができるのがプロだなと感じさせられます
(前半のバックヘッド決めさせてあげたかった)。

10.10.30 080.jpg
【小川も最近は表情が明るいです】

後半は2点目の空気が全くと言っていいほどありませんでしたが、こういう試合を勝てるのはチームがまとまってる証拠だと思います。
来週は鹿島戦。
ここも一丸で行きましょう。

10.10.30 018.jpg
【ケネディが倒されPK】

10.10.30 021.jpg
【詰め寄る】

10.10.30 029.jpg
【しっかり決める】

10.10.30 031.jpg
【得点王ランクトップです】

10.10.30 034.jpg
【ダニルソンも豊富な運動量でした】

10.10.30 061.jpg
【何語での会話なのでしょうか】

10.10.30 045.jpg
【阿部もがんばりました】

10.10.30 047.jpg
【名古屋の高い壁】

10.10.30 038.jpg
【曇り空ですが台風は大丈夫でした】

10.10.30 040.jpg
【観衆は2万4千人超】

10.10.30 094.jpg
【出場が危ぶまれたマギヌンですがフル出場でした】

10.10.30 084.jpg
【花井が金崎のユニフォームを着て】

10.10.30 101.jpg
【25番と4番がいる!のはいい雰囲気なんだと思います】
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:名古屋のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

天皇杯:名古屋2-1札幌 一丸で留守番隊

まったりとした天皇杯瑞穂初戦。
…のはずが、昨年のホンダロック戦に続き大雨。
さらには昨今の快進撃で周囲の目は厳しくなるばかり。

いつからかタイトルは「獲れたらいいよね」から、
「獲るもんだ」「獲れるんだ」になってきているような感じ。

弱い時も強い時も見ているけど、
どちらかと弱い時から入っているので、
今の周囲の反応こそ強い時の“それ”なのかなと思います。

今日の試合もまず負けは許されない。
そんな雰囲気。

自信は大事だけど過信は禁物。
そんなことをよく思います。

10.10.9 018.jpg

10.10.9 020.jpg

10.10.9 021.jpg

10.10.9 025.jpg

10.10.9 032.jpg

10.10.9 034.jpg

10.10.9 038.jpg

10.10.9 044.jpg

10.10.9 045.jpg

10.10.9 050.jpg
【メイン席で傘を差さねばらならぬ状況は何とかならんか】

10.10.9 054.jpg
【中村キャプテンのミドルで同点】

10.10.9 060.jpg

10.10.9 062.jpg

10.10.9 063.jpg
【花井のプロ初ゴールで逆転】

10.10.9 071.jpg
【一昨年の天皇杯:岐阜戦では決勝アシストを決めたのでした】

10.10.9 075.jpg

10.10.9 079.jpg
【何とか4回戦へ】

10.10.9 083.jpg

10.10.9 086.jpg
【去年のホンダロック戦よりはちょっと多い】

10.10.9 092.jpg
【遠路おつかれさまでした】

10.10.9 097.jpg
【ばんじゃーい】

10.10.9 110.jpg
【小川にやっと精気が戻ってきたように思います】

10.10.9 118.jpg
【メンバーが変わっても勝てるのです】

10.10.9 123.jpg
【札幌は今季はJ2でも下位なのですねぇ】


代表で闘莉王、金崎、ケネディ
ケガで増川、ダニルソン
高熱??でブルザノビッチ
らを欠き、やや連携ミスなどあったものの、地力の差というものを見せてくれました。

相変わらず、こういう時は誰が引っ張るのだろう?
というのはあるけれど、逆にチームが一丸となって若手もいい結果を残せたのかなという感じですね。

小川もやっと元気が出てきたし、
橋本や巻がそこそこできたのはいい材料なのでしょう。

もっともマギヌンや玉田は“別格”という感じでしたが、
巻や橋本はあくまでも“J2相手には通用する”というレベルかな。
まぁ、代表クラスと比較されちゃ適わないのはわかりますが、
今日の結果に満足することなくやってほしいと思います。
それで最終盤の起爆剤になってくれれば最高です。


次は11月17日
相手は新潟のようです。
今大会も国立に行ければいいですね。
(今年の元日、国立に行ったのですが、久しぶりの更新になりました)


とりあえず、「天皇杯は権威のある大会だ!」と偉い人が言うのなら、
だったら代表戦の時にするな!と思いますけどね。
例え傲慢と言われようが何と言われようが。


おまけ

ストラップガチャをやったら田口泰士(アウェー仕様)。
10.10.9 061.jpg

う〜ん、もう一回!
としたら
10.10.9 127.jpg
田口泰士(ホーム仕様)といきなりホーム&アウェーで揃いました。
運がいいのか悪いのか…
試合にも出たしいっか。
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:名古屋のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

名古屋2-1横浜Fマリノス 小川の日+阿部と吉田

やっと小川が主役になった。
献身的な守備に広い視野からのスルーパスに、
ここぞで見せる凄まじい集中力。

09-04-26 015.jpg

それに鼓舞されてか、
また、陰にありか、阿部も見逃せない。

後半、対面の丁に疲れが見えたあたりから、
どんどんオーバーラップを仕掛け、後半のペースを作り出した。

やっぱり小川、阿部が目立ってくるようだと、
グランパスも波に乗ってくる。
この2人はホント、頭いいなぁと思う。
ピッチの中で頭を使える選手が複数もいるのは強みだよ。

こういう試合が続けば自ずと順位を上がってくるのだと思う。


その他では初出場、初スタメンの津田。

09-04-26 001.jpg 09-04-26 006.jpg

やや自分のポジションを見失った時間帯はあったけど、
うーん、まずまずのデキだったのでは。

慶やハユマらがしっかりとサポートしていたけど、
2回目のチャンス、3回目のチャンスで徐々に洗練されていけばいいなと。
09-04-26 011.jpg


09-04-26 002.jpg   09-04-26 003.jpg

09-04-26 004.jpg

09-04-26 005.jpg09-04-26 012.jpg

09-04-26 008.jpg

09-04-26 007.jpg 09-04-26 009.jpg

古巣サポから、ボールを持つ度の強烈なブーイングを浴びながらもハユマは健闘
(そんな言われるほどの出方じゃないと思うんだけど。ちょっと不愉快。古賀にはブーブー言うから勝手なんだけど)

09-04-26 010.jpg

09-04-26 013.jpg 09-04-26 014.jpg
1点目と2点目

09-04-26 016.jpg
福島新太
監督はこういう若い選手をいい場面で投入することが多い気がする。
何にせよ、わずかでも勝ちを経験させることはいいことだと思う

09-04-26 017.jpg
また襲われる

09-04-26 018.jpg
まさに小川の日

09-04-26 019.jpg 09-04-26 020.jpg
試合後のブログがちょっと楽しみだったり

09-04-26 021.jpg

09-04-26 022.jpg 


09-04-26 023.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 17:28| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー:名古屋のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

名古屋0-1浦和 遠い理想

序盤の大一番。
豊田での浦和戦。

せめぎ合いと言えば聞こえはいいが、
単に名古屋の決定力不足もある。

過密日程の影響が徐々に出てきたか、
全体的に前半から運動量が少なく、
玉田もケガで前半いっぱい。

巻は体を張ってある程度仕事をしたけど、
小川や阿部の不調は心配だな。

去年の経験がある程度自信にはなっているのだろうけど、
そこから進化した動きにするにはもう少し力が必要なのかな。


試合の後半は勝手に熱くなって勝手にぶち壊した。
特に負けてる状況での増川の乱れっぷりには引いた。

個人的には、もう増川にはDF陣のリーダーとしての自覚を持ってほしいと思う。
その中でのああいう態度(ポンテを退場に追い込もうとした演技)はプロとして情けない。

そしてそれまではまずまずよかった家本主審が、
試合をコントロールできなくなり、後味の悪さは倍増。
単純な負けと言うよりは、何か凄く嫌な感じを残したゲームだったと思う。


対して浦和は、
日本人は若い山田直を除いてみんな代表経験者。
そしてエジミウソンにポンテは強力ときたもんだ。

そんなメンバーが信じるものができて、
目的がひとつになったらそら簡単には崩せない。

またそのメンバーの中でスタメンを取る山田もさすがに嫌らしいこと。
まだまだ粗いけど、積極的にボールに絡む姿はかなり厄介ではあった。

そして試合を決めたのは17歳の原口。

まさに新生・浦和を見せ付けられた一戦でした。

まぁ、後半になってバタバタ倒れたり、
ゆっくりゆっくりリスタートするのは好きじゃないけど、
それにいらいらした名古屋が負けなんだろう。


でもグランパスもなー、
悩むレベルが去年とは格段に違うわけで、
そこは喜ぶべきなんだろうけど、
どうしても見る目は厳しくなってしまいますからねー。
難しいよ。
ごめん、増川。


090412-1.JPG

090412-2.JPG

090412-3.JPG

090412-4.JPG

090412-5.JPG
玉田はケガを押しての出場だったが

090412-6.JPG
ポンテのプレーは敵ながらいつも楽しみです

090412-7.JPG
田中達也は前半途中で負傷退場

090412-8.JPG
ベテランの山田暢

090412-9.JPG

090412-10.JPG 090412-11.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:名古屋のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

名古屋3-1清水 再会の東海ダービー

月が変わりましたが、先日のエスパ戦。

昨年まで名古屋のエースだったヨンセンに、
瑞穂にお帰り、久しぶりだね、を感じるゲーム。
もちろん登場時には大拍手。
間違いなくグランパス史に残る大助っ人。
エスパルスでも愛される選手でいてほしいな。

試合は、前半は右サイドでスタメンの原、
後半は途中から入った枝村、藤本らがリズムを作り、
終始エスパルスペース。
しかし終わってみれば3-1の名古屋の完勝。

きっちりとワンチャンスをモノにする力、
ここぞで踏ん張れるディフェンス力は、チームの成長。
「これぐらいならできる」という何かを掴んだと思う。

そしてこの試合でのMVPは阿部翔平。
エスパルスのキープレーヤー兵働だったり、
対人にすさまじい集中力でことごとく相手の芽を摘んだ。
やっぱり阿部が入ると、ピッチを広く使えるし、
見てると、とにかく頭がいい選手だなぁと思う。

小川もそうだけど、インテリジェンス(?)を持った選手がピッチに複数いると、そりゃ成長も早い。


というわけで、1週空いて、次は川崎、浦和。
まずは序盤の踏ん張りどころ。
等々力の川崎戦は悪いイメージもそれほどないし、どっちも勝ちたいね。

0402-1.JPG

0402-2.JPG
ヨンセンとマギヌン

0402-3.JPG

0402-4.JPG
先制点に沸くベンチ

0402-5.JPG
競り合うヨンセンと吉田

0402-6.JPG
今日の個人的MVP阿部ちゃん

0402-7.JPG
慶も自身のブログで再会を喜んでおられました

0402-8.JPG
おなじみすぎて

0402-9.JPG
追加点は吉村

0402-10.JPG
隼磨は動きとか野球少年っぽくて好きです(あんまりわかってもらえないけど)

0402-11.JPG
決定的な3点目

0402-12.JPG

0402-13.JPG 0402-14.JPG
巻とか

0402-15.JPG
津田とか、ムードメーカーもがんばってる

0402-16.JPG
ばんざーい
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:名古屋のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

名古屋3-2大分 ある晴れた日に

手と手をつないだら
向かうトコ無敵でしょ
輝いた瞳には
不可能がないの

っていうある歌の歌詞が大好きだ。
晴れた日に反して、屋根の閉まった豊田スタジアム。
おかげで歓声がこもって一層の迫力を増す開幕戦。

手と手をつないだのは、
監督を始めとするチーム。
そしてやっぱり前線でキーになる玉田とダヴィ。

この2人が手を繋いだら最強な気がした。
ひょっとしたらひょっとするかも。
そんな予感の漂う開幕戦となりました。

09-03-07 001.jpg
大分サポ

09-03-07 003.jpg
コレオ

09-03-07 005.jpg
“恒例の”みんなで円陣

09-03-07 009.jpg

09-03-07 015.jpg

09-03-07 019.jpg

09-03-07 028.jpg
ダヴィの同点弾

09-03-07 045.jpg
肝心なところでボケてしまうのはよくないことです

09-03-07 054.jpg

09-03-07 064.jpg 09-03-07 067.jpg

09-03-07 068.jpg

09-03-07 077.jpg

一番前のダヴィ、一番後ろの楢崎の活躍もあったけど、
見ていて、今季はナオシに攻撃的な意識が出てきたのかなと。
それでタテへの攻めもできるし、
サイドに振ればスタミナには問題ない田中ハユマがいる。
去年よりは幅が広がった感じはありますね。

まー、ハユマとマギヌンや小川のコンビは見ごたえありますね。
中村も、去年一年フルにやったことが相当自信になってるんじゃないかな。
やっぱり何事も進化を見せてくれると、とても楽しいものです。


それにしても、田中ハユマのような、
バリバリの代表クラスが自ら望んでやってきて、
これほど楽しそうにやってるのって初めてなんじゃないか。

最初にみたのは確かやべっちFCか何かに出てたベルディの時で、
いろいろとずーっと気になってた選手なので、
今、名古屋でプレーしていることが、すごく感慨深いというか、うれしく思います。
なので、もう26か、とか、まだ26かとか不思議な感覚です。
それには、まだ26のバリバリが自ら名古屋に?!も含まれてたり。


最後に、去年の開幕戦から、
今季は一気に4千人増の2万5千人。
これはチームの躍進もあるけど、営業さんの努力の成果だと思います。
HPもリニューアルしたし、グランパスって確実に変わってきてる。

今年はいろいろと勝負の年なんだなと。

そしてゴールを決めたあと、
スタンドを煽る玉田の姿には本当に感動しました。

客が乗れば選手も乗る。
そしてそれを見て、また客が沸く、増える。
また来たいって思える。

血の流れがすごくいい感じになってきています。
今年こそ。
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:名古屋のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

名古屋3-1札幌 今がゼンセーキなんだよっ!

『勝つしかない』って時に
勝ち切るなんて、初めて見たかも知れない。
優勝は厳しいかも知れないけど、
この試合は本当に大きいと思う。
正直あと何点か取れたとは思うけど、
まず勝ったことが大きい。

米山のゴールは素晴らしかった。
時間帯といい弾道といい、そしてもう瑞穂では最後だと言うことも。
思わず叫んだ。ことが多かった。
やっぱり、優勝争いをしているとお客も乗ってくるし、
そうすると選手も乗るし、それがまた観客に伝わってくる。

今日のような瑞穂のテンション、反応も、
これも初めてかも知れない。


何だか、選手各々が今季1番のプレーだったように思う。
その中でも特に、ナオシは見ていて頼もしかったな。


名古屋 札幌 021.jpg

名古屋 札幌 003.jpg

名古屋 札幌 022.jpg

名古屋 札幌 013.jpg
パペットくんとご対面

名古屋 札幌 018.jpg
ノルウェー出身・ヨンセンの最後の瑞穂でもあります。

名古屋 札幌 016.jpg

名古屋 札幌 026.jpg
マギヌンとダヴィは来年は同じユニフォームなのでしょうか…

名古屋 札幌 031.jpg

名古屋 札幌 035.jpg

名古屋 札幌 037.jpg

名古屋 札幌 045.jpg
小川の先制ゴール
ラッキー?

名古屋 札幌 050.jpg
2点目は杉本

名古屋 札幌 056.jpg
穴沢は相変わらず“アナザーワルード”でした

名古屋 札幌 060.jpg
どうせならヨンセンとダヴィ共存しちゃえよって思った

名古屋 札幌 065.jpg
米山のダメ押し弾は最高のドラマでした

名古屋 札幌 070.jpg

名古屋 札幌 082.jpg

名古屋 札幌 086.jpg

名古屋 札幌 100.jpg
ヨンセン本当にありがとう

名古屋 札幌 112.jpg
マギヌン最高です。



次節は来週土曜日大分戦です。
ここで勝てるかどうかなんですが、
何とか首の皮一枚繋がりましたね。

米山も最後にどでかい仕事をしたけど、
去年彼がいなかったら本当に苦しかったと思う。
個人的には、若返りで経験豊富なベテランを切るのは嫌なんだけど、
それでも仕事を全うするあたり、米山のプロ意識を感じ取りました。

藤田にしてもそうだけど、
本当に名古屋に来てよかったと思ってほしい。
たぶん、大森も加えて、いずれは指導者になるんだろうけど、
この名古屋での経験が将来生きれば、これほどうれしいことはない。

もうね、本当、優勝してほしいですね。
そんな雰囲気ですよ。
何かが起きるようなね。
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:名古屋のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

大宮1-2名古屋 Johnsen we love you

4000.jpg


もちろん藤田俊哉もね。

というわけで大宮はNack5スタジアム、天皇杯です。
東京からは30分程、大宮駅からは歩いて20分程。
なんとなく柏の日立台を思い出すような道すがら。

氷川神社では七五三真っ只中。
氷川餅食べていざ、5回戦です。

001.jpg
氷川神社から。
急に開けてくる景色はやっぱりいいです。

002.jpg
隣は野球場。
来年からは西武の試合がさらに増えるそうで。

003.jpg
外野席の角度は異常。
とは言っても、“芝慣れ”してるからいいのか?

004.jpg
角度があって見やすい

006.jpg
スタメン

007.jpg
四中工の先輩後輩
大宮・内田が先輩、名古屋・西村がひとつ後輩

008.jpg

009.jpg
藤田を中心に円陣

010.jpg
大宮もホームだけに

011.jpg
増川、西村、吉田

012.jpg
1点目

fujita.jpg  fujita2.jpg

014.jpg
サイドの攻防

015.jpg

017.jpg
だんだん後姿も絵になるように

018.jpg
勝利!

019.jpg
最初と最後のあいさつがサッカーのいいところだと思います。

020.jpg
久し振りのベスト8

021.jpg

nagoya.jpg

023.jpg
また来たいです。


大宮との対戦だったら、
何年か前に日本平で負けたなぁとか、
その何年か前には、埼スタで見てる中で、J2降格っていう現実を見事に突きつけられたなぁとか、あまりいい印象がなかったりする。
というより、ホームとアウェーでの差が激しい印象。

今回もその相性が懸念されたけど、
まずまず磐石の勝利と言ったところでしょうか。

と言いつつ大宮だけど、久しぶりに内田の元気な姿を見れたのはよかったなぁ。
中央からのミドルシュートは最高だった。
体も小さく、最初はJ2からのスタートで、
あまり注目は浴びにくいかも知れないけど、
順調に伸びてるなぁと。

勝ったから言えるのかも知れないけど、
これは見ていてうれしかった。


そしてやっぱりヨンセン。
退団は決まってしまったけど、
ここぞの点の取り方を知っており頼もしい。
プレー以上にその人柄だよな。
そこがサポーター、ファンからも好かれる所以だと思う。
たぶん彼が来てなかったらそれこそ見事に降格していたかも知れない。
まさに救世主だった。

来週はホーム最後の姿を見に、瑞穂に行こうと思う。

posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:名古屋のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

天皇杯 名古屋1-0岐阜 隙的勝利

             名古屋−岐阜 101.jpg 
名古屋−岐阜 088.jpg

後半ロスタイムに先制点。
劇的かと思いきや、ちょっと隙のあったゲキテキとなりました。

メンバーは、
今日は玉田、吉村、阿部に加え、マギヌンがお休み。
代わって、杉本、山口、渡邉、米山がスタメンでした。

選手が変わったということで、
相性の問題もあったのか、今ひとつチームとして噛み合わず。
また、相手のペースに合わせてしまうという、
昨年一昨年ぐらいの悪い癖が出たように思います。

花井の決勝点に繋がるフリーキックは見事。
しかし、花井や新川は、出てくるのもすごいけど、
彼らを使わざるを得ないチーム状況というのも考え物だ。

名古屋−岐阜 008.jpg

名古屋−岐阜 015.jpg

名古屋−岐阜 011.jpg

名古屋−岐阜 012.jpg

名古屋−岐阜 014.jpg

名古屋−岐阜 016.jpg

名古屋−岐阜 018.jpg

名古屋−岐阜 038.jpg 名古屋−岐阜 040.jpg

名古屋−岐阜 043.jpg

名古屋−岐阜 049.jpg

名古屋−岐阜 045.jpg

名古屋−岐阜 050.jpg

名古屋−岐阜 057.jpg

名古屋−岐阜 060.jpg

名古屋−岐阜 072.jpg

名古屋−岐阜 073.jpg  →

名古屋−岐阜 075.jpg  →

名古屋−岐阜 080.jpg  →

名古屋−岐阜 081.jpg


名古屋−岐阜 086.jpg


名古屋−岐阜 103.jpg


名古屋−岐阜 107.jpg


名古屋−岐阜 110.jpg

posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:名古屋のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

FC東京0-1名古屋 神が降りた日

今さらながらGW最終日の味スタを。

楢崎の神ががったセービング。
バキの右サイドでの仕事っぷり。
ナオシの鬼チェイス。
米山の舵取り。
そして杉本のスピード。
危ないところはあったけど、
チームとして、一体感溢れる、
とても気持ちの入ったゲームでした。
これほど充実したチームを見たのは久しぶりのような気がする。

FH010016.jpg
味スタです。

08-5-6-1.jpg
直前までのライブでやや足元悪らしい

08-5-6-2.jpg


08-5-6-3.jpg
グラサポ

08-5-6-4.jpg
ヨンセン

08-5-6-5.jpg
楢崎の日

08-5-6-6.jpg
完封劇

08-5-6-7.jpg
連敗脱出

08-5-6-8.jpg
好守噛み合った勝利

08-5-6-9.jpg
楢崎と監督

08-5-6-10.jpg
杉本の恒例の
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:名古屋のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

名古屋3-2千葉 追いかけっこ

よーい、ドン!
でスタートした名古屋−千葉戦

前半早々、ヨンセンがPKを決め先制するも、
豊富な運動量で圧倒する千葉。

すぐさまCKからのグラウンダーを巻が決め、
20分過ぎには、同じような位置から伊藤が決め2-1

最初はつまづいたが、
快調に先を行く千葉。
対して名古屋は、水曜日にほとんどメンバーを変えずナビスコを闘ったばかり。
加えて午後1時開始で暑いぐらいのコンディション。

しかし後半は地力に勝る名古屋が(いい響きや)中盤を圧倒。
19分、杉本投入後はその空気も顕著に。

千葉のガス欠にも助けられあっさり逆転勝利。

とにかく今はいい集中力でやっていますね。
中村のプレーぶりや、玉田の最後の落ち着きやら楢崎の安定感やら、
しばらく続いていくのかなとは思います。

次のベルディ戦、地味に嫌ですけどね。


08-4-19-01.jpg

絶好の行楽日和


08-4-19-02.jpg

千葉サポ


08-4-19-03.jpg

kick off


08-4-19-04.jpg

千葉ボールから


08-4-19-05.jpg

先制はヨンセンのPK


08-4-19-06.jpg

決めたほうが抱きかかえる


08-4-19-07.jpg

夫婦で


08-4-19-09.jpg

後半開始


08-4-19-10.jpg

カテゴリー5アウェー側を


08-4-19-11.jpg

ヨンセンのボレーで追いつき


08-4-19-12.jpg

杉本のゴールで逆転


08-4-19-13.jpg

見事な逆転


08-4-19-14.jpg

ファン、サポーターもついてくるようになりました


08-4-19-15.jpg

体全体で喜びを爆発させる杉本


08-4-19-16.jpg

恒例(?)のマイクパフォ。
少しイソギンチャクみたいだが

posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:名古屋のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

千葉0-2名古屋 今季あと4試合!

本田と金のコンビネーション、
阿部、吉田の若手センターバック。
ヨンセンも玉田もナオシいるぞ!
吉村だって復権してきた。
素晴らしい試合だ!
さて、順位は?
…11位。ずーん。ちきしょう。


しかし今日の応援のノリと、
選手のテンションが一年続けば或いは…。
でも持たないだろーなー。

千葉も羽生や水野がよくなかったけど、
それ以上に名古屋の運動量、連同性が上回った。
うわー、この二単語が出てくるなんて。


前半耐えて、後半20分からよーい、どん!
の開幕直後の流れがようやく戻りました。


中盤、三重出身の千葉・水本が足をつるアクシデント。
そこで名古屋は足がある杉本に変えて、ボールが保てる玉田を投入。
これがずばり。

今日に限っては、
本田やナオシ、金がどんどん上がってくるものだから、前でキープできる玉田は力を出せた。

後半25分頃、キーパーを嘲笑うかのように決めて有終の美。


あとはスタメン復帰で、爆弾持ちの増川の替え時でしたが、そこは竹内がしっかりカバー。

杉本は、コールの度に拳を作って、
気合いを入れてたけど、そろそろ結果がほしいね。
みんなで喜びたいよ。


最後に、今日の試合のMVPは中村ナオシにあげたいな。
縦横無尽に、あそこまで前から守備をしてくれると本当に頼もしい。
攻撃面も惜しいシュートがあり、のってましたね。

今日はみんながみんな集中をして気持ちが伝わるナイスゲームでした。
来年こそはこれが長くつづけばいいなぁ。


フクアリはなかなか見やすくてよい。
けど、アウェー側にいたら時間がわからないのは何とかしてほしいなと思った。
あとは、ブーイングがすごかったけど、
ちゃんと社長があいさつに出てきて偉いなと。


さて、来週はHondaFCに勝って鹿島を止めたいね。
そして元日は国立だ。

200712011439000.jpg

200712011532000.jpg
スタンドから。何ができるのかな。

200712011632000.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:名古屋のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

名古屋0-0横浜FC バリバリ消化試合

ついぞホームで勝利を見ることができなかった。
『ちょっと今、名古屋に』
「ああ、ファン感?」
『サッカーです』

試合は名古屋が幾度の決定機を作りながらも、
結局は最下位横浜FC相手にスコアレスのドローゲーム。

本田、金、スピラールが戻り、
久々にベストに近い布陣で臨みながらもこの失態。
ピクシー効果かどうかは知らんが、
せっかく集まった1万6千の観客の前でこの試合では、
見ている人にも失礼だ。

ポーン、ポーンと簡単にクロスが通るもんだから、
いつでも点は取れる雰囲気だったけど、
それが逆に怖い。
後半は返って横浜の選手の方が動きがよかったのが何とも。


ナオシもさぁ、相手がこの程度だと、
ある程度自由にできるけど、
それこそシンプルにやってほしいなと。
もう、右だからとか中央だとか言ってられんと思うのだが。

杉本も、来年は4年目。
もう「一生懸命やってます!」ではダメだよ。
厳しいけど。

スピはもういい。
1年の労働時間がたったの100分て…。

それでも、チーム全体を見れば、阿部や吉田が出てきたし、
山口慶や本田も伸びた。
杉本も年間を通してよくやった方だと思う。
もうちょっと個々を高めつつ、チームとしても意識を統一して、
一体感を保てば、状況もよくなるものかと思う。
そろそろ、この時期まで楽しみたいよ。


対して横浜は、カズは相変わらずスターね。
常に自分が見られてるっていう意識があるんだろうね。
プロですよ、プロ。
久々にいいもん見させてもらいました。

タキー滝澤はこの日横浜で一番よかったのでわ。
どっかJ1クラブから誘いが来ればいいね。


07-11-24-1.jpg
森より来場

07-11-24-2.jpg
人権週間のキャラクターらしい

07-11-24-3.jpg
今日がホーム最終戦

07-11-24-4.jpg
母娘

07-11-24-5.jpg
相手側にもあいさつ

07-11-24-6.jpg
選手入場時

07-11-24-7.jpg
試合開始

07-11-24-8.jpg
スピラール

07-11-24-9.jpg
カズ!

07-11-24-10.jpg
大森vsタッキー

07-11-24-11.jpg
ホーム最終戦を飾れず

07-11-24-12.jpg
横浜サポとあいさつするイレブン

07-11-24-13.jpg
退任するセフ監督と主力選手たち

07-11-24-14.jpg
家族たち
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:名古屋のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。