2019年09月21日

【2019.9.21 高校野球秋季三重大会 準々決勝】三重4-2宇治山田商業

季節はようやく秋という感じですが、
暑い暑い夏から始まった新チームの戦いも、いよいよ県大会準々決勝。
来年春のセンバツ出場へ向けて、まずは東海大会出場を目指します。

愛知、岐阜、静岡、三重の各県3位校まで出場できる東海大会。
準決勝で一度負けても3位決定戦があるのが特徴で、ある意味では、最も重要なのがこの準々決勝とも言えます。

伊勢で行われた本日の1試合目は、三重が宇治山田商業を下し準決勝進出となりました。
一昨年は県を制し、春のセンバツではベスト4。
昨年も東海大会に進出し1勝を挙げた三重高校。
そういう実績を残したチームから見ると、現状やや小粒かもしれませんが、
安定した試合運びでベスト4まで上がってくるのはさすがというところでしょう。

対する宇治山田商業は、
エースで4番の中村くんの奮闘ぶりが光りました。
9回を初回の2失点のみで抑えると、9回は先頭で2ベースを放ち同点のきっかけに。
続く10回に力尽きましたが、力強い投球にバッティングは今後が楽しみですね。

これで三重高校は地元松阪で近大高専と対戦します。

IMG_2000.JPG

IMG_1817.JPG
スタメン

IMG_1819.JPG IMG_1820.JPG IMG_1824.JPG IMG_1822.JPG
宇治山田商業 エースで4番の中村くん

IMG_1828.JPG IMG_1834.JPG
三重高校トップバッター品川くん

IMG_1835.JPG

IMG_1839.JPG

IMG_1840.JPG

IMG_1843.JPG

IMG_1855.JPG IMG_1852.JPG IMG_1858.JPG

IMG_1867.JPG

IMG_1873.JPG IMG_1874.JPG
相手チームなど問わず治療にかけつけるのが昨今のマナーになってますが、審判の負傷にも三重、山商の共同治療

IMG_1878.JPG

IMG_1881.JPG

IMG_1885.JPG IMG_1887.JPG

IMG_1902.JPG

IMG_1907.JPG

IMG_1917.JPG

IMG_1918.JPG

IMG_1925.JPG

IMG_1926.JPG

IMG_1928.JPG

IMG_1930.JPG

IMG_1935.JPG

IMG_1939.JPG

IMG_1942.JPG IMG_1943.JPG

IMG_1946.JPG

IMG_1949.JPG

IMG_1951.JPG

IMG_1953.JPG

IMG_1956.JPG IMG_1958.JPG

IMG_1960.JPG

IMG_1966.JPG

IMG_1968.JPG

IMG_1978.JPG

IMG_1979.JPG

IMG_1987.JPG IMG_1988.JPG
決勝タイムリー

IMG_1990.JPG

IMG_1991.JPG

IMG_1992.JPG

IMG_1998.JPG

IMG_2006.JPG

IMG_2010.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 22:16| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月31日

【2019.8.31 愛知大学野球秋季リーグ】名城大学3-0中京大学

開幕カード2試合目はお隣同士対決。
と言っても、中京大は野球部はほとんどが豊田学舎ですね。

名城大 000 000 030 = 3
中京大 000 000 000 = 0

名城大:二宮(享栄)-野口(栄徳)
中京大:伊藤(中京大中京)、山本(東郷)、香村(中京大中京)-福島(花巻東)

春は中京大が3位、名城大が4位でした。
両チーム共、春に最も多く投げた投手が先発という、
開幕カードらしい対戦となりました。

中京大はドラゴンズ伊藤康祐らと甲子園出場を果たした、伊藤稜。
磯村(明大)、香村(この日、3人目で登板しました)との3本柱は記憶に新しいところです。
対して、名城大は3年生の二宮(享栄)。184cmの長身からの角度あるボールが持ち味。
終盤まで互いに粘りの投球でしたが、軍配が上がったのは名城大。
8回、満塁のチャンスを作り、代打・高沢(常葉学園橘)の走者一掃で勝負あり。

対して中京大は、
8回は先頭打者の出塁を牽制で刺したまではよかったのですが。
次打者のセンター方向のゴロがベースに当たる不運。
そして次打者のバントの処理ミスをしてピンチ拡大。
最後のタイムリーは2-0となったところで狙い球をしっかり絞られましたね。
点を取らないことには行けませんが、分かりやすい負けというかたちになってしまいました。

IMG_1263 (2).JPG

IMG_1146 (2).JPG IMG_1148 (2).JPG IMG_1151 (2).JPG
伊藤稜

IMG_1153 (2).JPG IMG_1180 (2).JPG
主将・和田(鹿児島情報)

IMG_1158 (2).JPG IMG_1168 (2).JPG IMG_1178 (2).JPG
1年生ながら3番捕手で出場する野口

IMG_1173 (2).JPG IMG_1175 (2).JPG

IMG_1176 (2).JPG

IMG_1194 (2).JPG
春の新人賞・澤井(中京大中京)

IMG_1199 (2).JPG IMG_1202 (2).JPG

IMG_1204 (2).JPG

IMG_1205 (2).JPG

IMG_1211 (2).JPG

IMG_1209 (2).JPG IMG_1212 (2).JPG IMG_1213 (2).JPG

IMG_1216 (2).JPG IMG_1219 (2).JPG
津商業の甲子園メンバー・小河内

IMG_1221 (2).JPG

IMG_1229 (2).JPG IMG_1232 (2).JPG
小柄ですがキープレーヤーの働き和田。
ヒットを放ち、8回にはしっかり四球を選びました

IMG_1234 (2).JPG IMG_1236 (2).JPG

IMG_1239 (2).JPG

IMG_1246 (2).JPG

IMG_1249 (2).JPG IMG_1250 (2).JPG
澤井

IMG_1251 (2).JPG
なぜかコンマ表記

IMG_1258 (2).JPG IMG_1254 (2).JPG
香村。
力強いボールが光りました

IMG_1266 (2).JPG

IMG_1270 (2).JPG

IMG_1271 (2).JPG

IMG_1273 (2).JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 21:16| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2019.8.31 愛知大学野球秋季リーグ】愛知工業大学3-1愛知学院大学

久しぶりの愛知大学野球観戦。
きちっと見たのは、名城大に清水昭信がいた時以来かな。

愛院大000 000 010 = 1
愛工大001 000 02X = 3

愛院大:荒島(東邦)-金岡(東洋大姫路)
愛工大:新村(桜丘)-尾濱(浜松商)

秋季リーグは本日から開幕。
元ロッテ、OBである平井光親監督の下、
春季リーグでは1部昇格即優勝を果たした愛工大。
中心を担った主戦・新村(桜丘)、主将の市川(いなべ総合)らの上級生や、
愛工大名電高校で甲子園出場を果たした後藤などがチームの中心。

対する愛院大は、春は6位。
入れ替え戦を制して1部へ留まりました。
これまでと変わらず、東海地区からも多く選手が入ってくる学校ではありますが、近年はやや低迷気味でしょうか。

試合は、8回、これまで新村の力強いボールに苦しめられた愛院大が、
渡邊(中京大中京)のホームランで同点。
しかしすぐさま愛工大は先頭打者の出塁を生かして2点勝ち越し。
最後は新村が春のMVPの力を見せつけ見事な完投勝利。
愛工大は春秋連覇に向けて好スタートを切りました。


IMG_1129 (2).JPG

IMG_1025 (2).JPG
荒島

IMG_1030 (2).JPG

IMG_1035 (2).JPG IMG_1043 (2).JPG

IMG_1042 (2).JPG
春のMVP新村

IMG_1048 (2).JPG IMG_1070 (2).JPG
9番までしか表示できないため、守備中はDHに投手の名前が入ります

IMG_1049 (2).JPG
主将 市川

IMG_1051 (2).JPG

IMG_1054 (2).JPG IMG_1056 (2).JPG IMG_1059 (2).JPG
3ベースでチャンスメイク

IMG_1061 (2).JPG IMG_1062 (2).JPG IMG_1063 (2).JPG
昨年は愛工大名電で甲子園出場
後藤の犠牲フライで先制

IMG_1066 (2).JPG

IMG_1073 (2).JPG

IMG_1074 (2).JPG

IMG_1084 (2).JPG

IMG_1087 (2).JPG
後藤は足が売り。盗塁も決めました

IMG_1090 (2).JPG

IMG_1093 (2).JPG

IMG_1096 (2).JPG

IMG_1103 (2).JPG IMG_1106 (2).JPG
渡邊のホームランで追いつきはしましたが

IMG_1108 (2).JPG

IMG_1111 (2).JPG
元ロッテ 平井監督

IMG_1122 (2).JPG

IMG_1124 (2).JPG IMG_1129 (2).JPG
勝ち越しタイムリー

IMG_1131 (2).JPG

IMG_1133 (2).JPG
見事完投勝利

IMG_1137 (2).JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:49| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

【2019.7.28 高校野球三重大会 決勝@松阪】津田学園6-4海星 津田学園、2年振り2度目の甲子園出場!

令和元年夏の甲子園。
三重県代表は2年振り2度目の津田学園となりました。

相手は21年振りの甲子園出場を目指す海星。
それぞれのエース前、中川の奮闘に、
取っては取られの白熱したシーソーゲームとなりました。

海星もうまく前の立ち上がりを攻めこみましたが、
徐々に上がってくる津田学園の打線もさすがでしたね。

地力では津田学園の方が上だとは思いますが、
ここまで来れば勝ったほうが強い。
それでも海星は失策が失点に繋がったことに対して、津田学園は無失策。
僅差の試合ではありましたが、最後はこういうところで勝ち切るのが津田学園の強さなのだと思います。
どんどんマークが厳しくなってくるプレッシャーの中、よく代表権を掴みましたね。

この世代は昨年秋の準決勝から見ることができました。
優勝は菰野でしたが、津田学園が選手のサイズもあって一番伸びシロがあるように見えました。
結局県3位から東海大会準優勝、センバツ出場。
そして春季東海大会優勝、今回の夏の甲子園出場と本当に素晴らしい成長を見せてくれました。
野手も固定して戦うことができましたし、何と言っても前に次ぐ投手を作れたこともチームとしての幅を持たすことができましたね。

一方海星は、朝明高校戦を見ることができましたが、
牽制死ありアウトカウント勘違いありベースカバー不在ありなどミスの連続。
正直、海星のユニフォームが泣くぞ…などと見ていましたが、今日の戦い振りは見事でしたね。
エース投手の粘り、野手の積極性など海星らしさがよく出ていました。
昨年はベスト4、今年は準優勝と、海星復権となればいいですね。

津田学園は春のセンバツでは龍谷大平安高校を相手に延長戦の末惜敗。
まずは掴めなかった1勝を目指してほしいですが、とにかく楽しんでもらいたいなと思いますね。

IMG_0666.JPG

IMG_0405.JPG
スタメン

IMG_0410.JPG IMG_0411.JPG

IMG_0412.JPG

IMG_0431.JPG IMG_0430.JPG IMG_0415.JPG IMG_0429.JPG

IMG_0433.JPGIMG_0435.JPG

IMG_0443.JPG IMG_0444.JPG IMG_0446.JPG

IMG_0460.JPG

IMG_0469.JPG

IMG_0474.JPG IMG_0475.JPG IMG_0483.JPG IMG_0476.JPG

IMG_0494.JPG IMG_0495.JPG IMG_0489 (2).JPG IMG_0496.JPG

IMG_0503.JPG

IMG_0507.JPG

IMG_0517.JPG IMG_0520.JPG

IMG_0523.JPG

IMG_0533.JPG

IMG_0536.JPG

IMG_0537.JPG

IMG_0541.JPG

IMG_0547.JPG

IMG_0550.JPG IMG_0551.JPG

IMG_0572.JPG

IMG_0575.JPG

IMG_0576.JPG

IMG_0583.JPG

IMG_0589.JPG

IMG_0590.JPG

IMG_0601.JPG

IMG_0605.JPG IMG_0607.JPG

IMG_0612.JPG

IMG_0614.JPG

IMG_0617.JPG

IMG_0629.JPG

IMG_0635.JPG

IMG_0636.JPG

IMG_0639.JPG

IMG_0646.JPG

IMG_0662.JPG

IMG_0663.JPG

IMG_0667.JPG

IMG_0675.JPG

IMG_0680.JPG

IMG_0685.JPG

IMG_0690.JPG

IMG_0692.JPG

IMG_0696.JPG IMG_0697.JPG

IMG_0704.JPG

IMG_0706.JPG

IMG_0399.JPG IMG_0404.JPG

IMG_0709.JPG IMG_0712.JPG
佐川監督は就任3度目の甲子園出場。
よくぞここまで。素晴らしいですね。

IMG_0716.JPG
石川主将
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:20| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

【2019.7.21 三重県大会2回戦】海星8-1朝明(7回コールド)

第101回全国高等学校野球選手権大会 三重大会が開幕。
この週で全てのチームが登場しましたが、ここまではひとまず順当というところでしょうか。

98年以来の甲子園出場を目指す海星が、
2回戦で朝明を破り、3回戦進出を果たしました。

近年では秋も含めて県大会上位進出はありますが、
甲子園となると何と20年以上のご無沙汰となります。
つまりは今の選手たちが生まれる前のこと。

かつては県内でも風格があったユニフォームは、
今のコたちにはどのように映るのか。
ただの時代遅れにならないよう、どんどん輝きを放っていけるように、
誇りを感じられるようにと思います
(左袖に「三重」ではなく「四日市」というのが何ともカッコいい)。

この日の試合では、
数度の牽制死、盗塁の際のベースカバー不在、攻撃時のアウトカウント勘違いなど、
それこそかつての強豪ではまず出てこないミスばかり。
これから上位に上がっていくにつれ、初歩ミスは出し切ったというようになればいいな。

対して朝明高校ですが、
さすが1勝をあげたチームという感じでしたね。
投手も丁寧に投げ込み、捕手もしっかりベースカバーに走るなど、
大きなミスもなくしっかりと自分たちの野球をすることができたと思います。
最近ではラグビー部がすっかり県内の強豪となりましたが、野球部も存在感が発揮できるようになればいいですね。


IMG_0328.JPG

IMG_0199.JPG

IMG_0204.JPG

IMG_0206.JPG

IMG_0212.JPG IMG_0215.JPG

IMG_0221.JPG

IMG_0227.JPG

IMG_0229.JPG

IMG_0231.JPG

IMG_0239.JPG IMG_0235.JPG IMG_0236.JPG

IMG_0259.JPG

IMG_0263.JPG

IMG_0269.JPG

IMG_0278.JPG

IMG_0294.JPG

IMG_0304.JPG

IMG_0306.JPG

IMG_0309.JPG

IMG_0310.JPG IMG_0311.JPG

IMG_0314.JPG

IMG_0317.JPG

IMG_0324.JPG

IMG_0340.JPG

IMG_0345.JPG

IMG_0349.JPG

IMG_0357.JPG

IMG_0385.JPG

IMG_0390.JPG

IMG_0393.JPG

IMG_0394.JPG

IMG_0395.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 19:50| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

【2019.5.24 高校野球春季東海大会】菰野(三重2位)6-1大垣日大(岐阜1位)

清水庵原球場2試合目は、
1試合目と同じく三重県代表の菰野高校が制しました。

先発はプロも注目する岡林勇希。
スタンドには阪神、巨人などのスカウトも多数来場していました。

前回県大会で見たときは、
強いボールで三振も取るものの、粘り負けの四球も多数という荒れたピッチング。
少し時期を置いて、しっかりと調整してきたのか、今日はまずまず安定感のある内容でしたね。
個人的には、ですが、
力があるボールや変化球とのコンビネーションも魅力ではありますが、
カウントが悪くなった時にどういう投球ができるかがカギだと思ってみています。
三振を取るのが一番手っ取り早いのですが、同時に走者を溜めるリスクもあるわけで、
ストライク先行で打たせて取っていくことができれば、幅ももっと広がってくるのかなぁとは思いますけどね。

守備は固くありませんが、打線はいいチームなので、
あと1か月、どういう風にすれば一番後悔がないかというところでしょうか。
間違いなくセンスはある選手ですので、この岡林くんを中心にどこまで仕上がってくるのか楽しみですね。

IMG_0116.JPG

IMG_0087.jpg

IMG_0089.jpg IMG_0095.jpg

IMG_0096.jpg

IMG_0102.jpg IMG_0099.jpg

IMG_0104.jpg IMG_0106.jpg IMG_0114.jpg IMG_0112.jpg IMG_0113.jpg

IMG_0124.jpg IMG_0126.jpg

IMG_0130.jpg

IMG_0134.jpg

IMG_0135.jpg

IMG_0138.jpg IMG_0139.jpg

IMG_0141.jpg

IMG_0144.jpg IMG_0146.jpg

IMG_0150.jpg

IMG_0151.jpg

IMG_0154.jpg

IMG_0156.jpg

IMG_0166.jpg

IMG_0169.jpg

IMG_0173.jpg IMG_0177.jpg

IMG_0184.jpg

IMG_0186.jpg

IMG_0187.jpg

IMG_0189.jpg

IMG_0190.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 21:34| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2019.5.24 高校野球春季東海大会】津田学園(三重1位)7-3加藤学園(静岡2位)

東海地区四県の各上位2校によって争われる東海大会。
夏の大会まであと1か月と少し。
集大成かまだまだ試金石か。

静岡県は清水庵原球場。
グラウンドは大きく、スタンドはキレイ。
高台にもあり、非常にレベルの高い地方球場だと感じました。
草薙や浜松といったプロ野球開催球場に加え、こういう所もあるのは、
三重県出身者として何ともうらやましい限りです(笑)

試合は、センバツから帰り、
そのまま三重県1位で大会へ出場してきている津田学園が地力の高さを発揮しました。
投げては背番号10の降井、11番の榮が8回を3失点にまとめて、9回はエースピッチャーの前が無失点に。
打線は4番に座る松尾、5番の前川がそれぞれ役割を十分に果たしました。
本当に力が上位と言いますか、すっかり強いチームの雰囲気が出ており、夏はやはり本命になるんだと思いますね。

対して加藤学園は、2ランホームランで追いついたまではよかったのですが、終盤に突き放される格好となりました。
何度もピンチをしのぎ、一つチャンスを作ればわからないという展開ではありましたが、肝心のヒットがなかなか出ませんでしたね。

IMG_0075.jpg


IMG_9948.jpg

IMG_9951.jpg

IMG_9954.jpg IMG_9960.jpg

IMG_9968.jpg

IMG_9972.jpg

IMG_9975.jpg

IMG_9976.jpg

IMG_9982.jpg IMG_9986.jpg IMG_9985.jpg

IMG_9996.jpg

IMG_9998.jpg

IMG_0001.jpg

IMG_0005.jpg

IMG_0008.jpg IMG_0010.jpg

IMG_0015.jpg

IMG_0031.jpg

IMG_0035.jpg

IMG_0036.jpg

IMG_0042.jpg

IMG_0039.jpg IMG_0040.jpg

IMG_0044.jpg IMG_0047.jpg

IMG_0053.jpgIMG_0059.jpg

IMG_0062.jpg IMG_0067.jpg IMG_0070.jpg

IMG_0077.jpg

IMG_0081.jpg

IMG_0083.jpg

IMG_0085.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 21:16| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

【2019.5.6 社会人野球ベーブルース杯準決勝】日本通運4-3西濃運輸

ベーブルース杯準決勝の2試合目は同業者対決。
地元で大声援を受けた西濃運輸でしたが、惜しくも延長11回、タイブレークの末に敗れてしまいました。

11回からは大会規定によりタイブレークに。
無死1,2塁、選択打順でスタート。
共に選んだのは10回からの続きの打順。
先攻の西濃は6番から、そして後攻の日通は1番からという流れ。
特に西濃については代走や守備などかなり選手が入れ替わったところで下位打順という、流れを持ってくるのにちょっと辛い展開だったかも知れませんね。
逆に日通は4番手である有馬(国際武道大)が、難しい場面でありましたがよく投げましたね。
西濃、日通共、同じ選択になりましたが、1,2番から始まる分、11回表がゼロとなったところで勝負あったですね。

何とか堀田(大院大)が試合を作ったのはさすがですし、
2番手の三村(福岡工大)がしっかり相手を抑えていったというのは光明でしょうけどね。
東名や伊藤匠など主軸が抜けた今シーズンですが、どこまで噛み合ってくるのか注目です。

■試合結果はコチラ(日本野球連盟公式)

IMG_9905.jpg
11回のタイブレークを無失点に抑え渾身のガッツポーズ

IMG_9762.jpg

IMG_9763.JPG IMG_9766.JPG

IMG_9768.jpgIMG_9769.jpg IMG_9770.jpg

IMG_9778.jpg

先発は堀田

IMG_9776.jpg

IMG_9777.jpg

IMG_9789.jpg IMG_9790.jpg IMG_9792.jpg IMG_9791.jpg
日通は立正大からのルーキー釘宮

IMG_9795.jpg IMG_9804.jpg
存在感を発揮した手銭(九州共立大)

IMG_9807.jpg
北川(創価大)の犠牲フライ

IMG_9822.jpg

IMG_9824.jpg IMG_9868.jpg
谷(八戸学院大)の勝負強さはさすがの一言

IMG_9827.jpg

IMG_9828.jpg

IMG_9830.jpg IMG_9831.jpg IMG_9832.jpg
試合を引き締めた庄司(横浜商大)

IMG_9838.jpg IMG_9839.jpg IMG_9818.jpg IMG_9865.jpg
九州産業大から入社の岩城。
大学時代は7季連続ベストナインと期待のルーキーです。

IMG_9845.jpg IMG_9846.jpg
昨年はチームNo.1本塁打数の浦部(神奈川大)が一発

IMG_9857.jpg IMG_9850.jpg IMG_9858.jpg
三村はよく投げました

IMG_9863.jpg
6番ショート諸見里(国学院大)。
安定感のあるプレーですね。

IMG_9872.jpg
アンダーハンド和田(富士大)

IMG_9875.jpg
有馬は強気のピッチングでした

IMG_9909.jpg
命運を託す柏木(日本文理大)にはみんなでサポート

IMG_9927.jpg
満塁となってから登板した山下(常葉大浜松キャンパス)でしたが

IMG_9929.jpg

IMG_9938.jpg

IMG_9943.jpg
ストレートの四球で押し出しに

IMG_9944.jpg

IMG_9945.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 19:34| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2019.5.6 社会人野球ベーブルース杯準決勝】ヤマハ8-1三菱重工名古屋 

GWの恒例、ベーブルース杯は準決勝。
優勝チームには秋の日本選手権への出場権が与えられる一方、
もう数週間後には都市対抗予選が始まるというタイミング。

京セラドーム行きの切符を取りに行くのか、
それとも手の内を隠すのか、はたまた予選に向けてダメージを与えるのか。

重工は服部(日体大)、ヤマハは近藤(青学大)から久谷(東農大)。
両チームの投手陣はそれぞれ粘りましたが、終盤にヤマハ打線が爆発。
特に3番でセンターを守る前野の打棒が光りましたね。
PL学園から入社して今季で6年目。
3番で、しかもセンターという花形のようなポジションでイキイキとしているような、
外野を守っているのも初めて見ましたし、体も絞れてとても充実感がありました。
早くからポジションを掴んできた選手ではありますが、この人あたりが中心となって回ってくると、ヤマハもおもしろいと思います。

一方重工では2番ショートの秋利(カリフォルニア州大ノースリッジ校)。
力強いフルスイングから小技までできるバッティングに加えて、
とにかく大きな声やゼスチャーでチームを盛り立てるムードメーカー振り。
社会人野球ではこういう選手を見てもらいたいなぁと思わせるタイプの人ですね。

チーム全体としても、昨秋の日本選手権制覇という経験を加えて、
徐々に仕上がってきている感じはあります。さぁ、いよいよ夏へ向けてですね。

■試合結果はコチラ(日本野球連盟公式)

IMG_9710.jpg
ホームランを放つなど大活躍でした、前野

IMG_9554.jpg

IMG_9561.jpg IMG_9563.jpg
三菱重工名古屋は服部

IMG_9586.jpg IMG_9591.jpg IMG_9594.jpg

IMG_9646.jpg
ヤマハは近藤の両先発

IMG_9566.jpg
4番に座る藤岡(東農大)

IMG_9597.jpg
ホームランの安田(明大)

IMG_9660.jpg IMG_9700.jpg
ルーティンを前から後ろから

IMG_9604.jpg
DeNA育成枠から入社の網谷(千葉英和高)

IMG_9610.jpg IMG_9666.jpg

IMG_9733.jpg IMG_9739.jpg
大きなファールの後はクリーンヒット

IMG_9628.jpg
大阪桐蔭-立大から2年目の笠松

IMG_9631.jpg IMG_9635.jpg IMG_9637.jpg

IMG_9648.jpg IMG_9649.jpg IMG_9651.jpg

IMG_9639.jpg IMG_9654.jpgIMG_9722.jpg

IMG_9716.jpg
秋利のムードメーカー振りは見ていて楽しいです

IMG_9657.jpg

IMG_9677.jpg IMG_9678.jpg IMG_9702.jpg IMG_9691.jpg
久谷

IMG_9684.jpg

IMG_9693.jpg
第1試合は快晴でした

IMG_9704.jpg

IMG_9705.jpg

IMG_9711.jpg

IMG_9719.jpg
ハーフスイングの判定に納得できずベンチを飛び出る佐藤ツギオ(ワシントンルイス州立高)。
上の長谷川(近大)もそうですが、ベテランがこうだと雰囲気もいいでしょうね。

IMG_9724.jpg
矢幡(専大)のホームランに続いて、

IMG_9730.jpg
前野にも一発

IMG_9745.jpg
創成館高校から入社の伊藤大和が登板

IMG_9753.jpg IMG_9754.jpg IMG_9750.jpg IMG_9751.jpg
しかしコールド負けに

IMG_9758.jpg IMG_9759.jpg

IMG_9761.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 19:02| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

【2019.4.21 高校野球春季三重大会準決勝@松阪】菰野10-6いなべ総合

現状の三重では、やはり津田学園が“旬な”チームではありますが、
この両校だって北勢地区の有力校。
順当に準決勝まで進出し、虎視眈々と夏の甲子園を狙います。

さて、試合の方ですが、
秋に見たときも同じことを思ったのですが、
菰野は少し4番でエースの岡林に負担をかけすぎかなぁ。

岡林のような投手は、
これからはやはりスピードを追いかけていくのか、それとも球速は控え目にチームが勝つ投球をしていくのか。
ある意味では路線を見据えていく必要があるとは思います。
今日の投球自体は3-0の場面が多く、そこから簡単に四球を出すなど、リズムに乗れるものではありませんでした。
カウントが悪くても簡単にストライクを取ったり、走者を背負っても粘り切るのがいいところかなという印象があっただけに、今日はちょっとイメージ(勝手に作っているだけですが)とは違うものでした。

それでも要所要所のボールの力はあるわけですが、
捕手を含めバックの守備は要改善材料ですね。
投手がいいから守備の意識が低いのか、ちょっと秋よりも…
という感じなのは残念でした。

ただまぁ、試合には勝っていますし、
これで東海大会進出なわけですから、どのようにタクトを振っていくかはベテラン監督の腕の見せ所でしょうね。

IMG_9206.JPG

IMG_9176.JPG

IMG_9181.JPG IMG_9185.JPG IMG_9180.JPG

IMG_9188.JPG

IMG_9193.JPG

IMG_9196.JPG

IMG_9203.JPG IMG_9204.JPG

IMG_9214.JPG IMG_9216.JPG

IMG_9219.JPG IMG_9231.JPG IMG_9220.JPG

IMG_9236.JPG

IMG_9225.JPG

IMG_9242.JPG

IMG_9262.JPG

IMG_9266.JPG

IMG_9272.JPG

IMG_9275.JPG

IMG_9280.JPG

IMG_9281.JPG

IMG_9282.JPG

IMG_9296.JPG

IMG_9301.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:45| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2019.4.21 高校野球春季三重大会準決勝@松阪】津田学園2-1津商業

昨秋、県大会3位ながら、
東海大会では決勝に進む躍進振り。
無事選出された春のセンバツでも、龍谷大平安を相手に息詰まる熱戦を繰り広げました。

秋に見たときは、エースの前投手に素質を感じ、
選手はみなサイズはあるしおもしろいチームになるかなぁという思いはありましたが、すっかり自信をまとい安定感を身に着けましたね。

この試合では、やや打線に繋がりを欠いた面はありましたが、
背番号10の降井、19番の榮のリレーで1点差勝利。

この夏は各校の「打倒津田」を迎え撃つかたちとなりますが、果たしてどうでしょう。

対して津商業は相変わらずの堅い守備と、3人を起用する投手リレーで粘りました。
また、津田学園は打線が強力ですから、こうして小刻みに投手を代えていくのは戦い方の一つかなと思います。
そしてエースの江南は球持ちがよく、甲子園に出場した坂倉投手を思い起こさせましたね。
津商業も、近年は強豪の仲間入りを果たしてきており、今年もどこまで行けるか楽しみですね。

IMG_9157.JPG

IMG_8988.jpg IMG_8996.jpg IMG_8992.jpg IMG_8998.jpg
初めて見た都市対抗で日通の主軸を打っていました。
PL学園-明大の経歴もそうですが、以来すっかりファンです。
津田の試合は佐川監督を見るのが大きな楽しみです。

IMG_8999.JPG

IMG_9011.JPG IMG_9014.JPG

IMG_9017.JPG

IMG_9020.JPG IMG_9026.JPG

IMG_9031.JPG

IMG_9036.JPG

IMG_9039.JPG

IMG_9042.JPG

IMG_9046.JPG

IMG_9049.JPG

IMG_9052.JPG

IMG_9061.JPG

IMG_9069.JPG

IMG_9075.JPG

IMG_9081.JPG

IMG_9094.JPG

IMG_9103.JPG

IMG_9115.JPG IMG_9147.JPG

IMG_9118.JPG

IMG_9131.JPG

IMG_9160.JPG

IMG_9163.JPG

IMG_9167.JPG

IMG_9174.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:32| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

【2019.4.13 高校野球春季三重県大会@伊勢】白山4-1木本、伊勢工2-1鈴鹿

高校野球はいよいよ集大成の夏へ向けた、春季県大会が開幕しました。
今年は津田学園がセンバツ出場を果たしましたが、その津田学園が甲子園で熱戦を繰り広げている間、
地元三重県でもしのぎを削る熱い戦いが続いていました。

夏の大会のシード権にも大きく影響する春季大会。
果たして夏の前哨戦を勝ち抜くのはどの学校でしょうか。

〇第2試合 白山4-1木本
昨年夏の県代表白山高校と、昨秋は県ベスト8に輝き、センバツの県推薦校に選ばれた木本高校の一戦です。
試合としては、終盤木本が暴投や捕手の送球エラーなどバッテリーのミスで落とす形となりましたが、互いに締まった好ゲームでした。
特に白山は、やはり甲子園出場の影響が大きいのか、試合運びに非常に落ち着きがあるチームだなと感じましたね。
非常に守備も固く、一人一人が一球に対する姿勢が本当に丁寧です。
おそらく守備に自信があるからでしょうが、しっかり合間には牽制を挟んだり、またそうしたことでいいリズムが生まれますね。
突出した選手が引っ張るということではありませんが、チームワークもよさそうですし、今年の夏もどこまで進んでいくか楽しみですね。

IMG_8814.jpg

IMG_8669.png IMG_8670.jpg IMG_8666.jpg

IMG_8673.jpg

IMG_8668.png
固い内野守備でした

IMG_8676.jpg IMG_8679.jpg

IMG_8692.jpg

IMG_8697.jpgIMG_8701.jpg

IMG_8706.jpg

IMG_8713.jpg

IMG_8726.jpg

IMG_8728.jpg

IMG_8733.jpg

IMG_8735.jpg

IMG_8757.jpg IMG_8760.jpg

IMG_8777.jpg

IMG_8788.jpg IMG_8791.jpg

IMG_8796.jpg

IMG_8805.jpg

IMG_8809.jpg

IMG_8811.jpg

IMG_8818.jpg

IMG_8820.jpg


〇第3試合 伊勢工2-1鈴鹿
共に甲子園出場経験ありのチーム同士のゲームとなりました。
ノックを見ているだけだと、少し伊勢工に分があるかなと見てはいましたが、
試合が始まれば、お互いノーエラーで1点を争う、こちらも好ゲームとなりました。
鈴鹿については、三重県の中では松阪や四日市に挟まれ、また名古屋へも通学の範囲内。
春夏の甲子園経験があるとは言え、部員数や1年生が何人もベンチにいるのを見ると、少し苦戦しているかなという印象。
今日の試合でも感じましたが、鈴鹿独特の粘り強さのようなものがありますので、夏に向けてどこまで成長していくか期待したいですね。

対して伊勢工業のエースは表情豊かな大西くん。
小柄ですがまとまったフォームから130キロ台の真っ直ぐをどんどん投げ込んできます。
2死から走者を出す悪癖(?)のようなものが見られましたが、ピッチング部分が成長してくれば楽しみかな。
こちらも上位進出なりますでしょうか。

IMG_8824.jpg

IMG_8828.jpg

IMG_8835.jpg

IMG_8840.jpg IMG_8846.jpg

IMG_8854.jpg IMG_8852.jpg IMG_8856.jpg

IMG_8857.jpg

IMG_8861.jpg

IMG_8867.jpg

IMG_8869.jpg

IMG_8876.jpg

IMG_8882.jpg IMG_8889.jpg

IMG_8885.jpg

IMG_8887.jpg

IMG_8893.jpg

IMG_8895.jpg

IMG_8898.jpg

IMG_8905.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 19:29| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

【2019.3.24 社会人東海地区春季大会】ホンダ鈴鹿2-1王子、東邦ガス8-1三菱重工名古屋

今年の初社会人は東海地区春季大会。
春季大会を見るのは初めてでしたが、
やはり球春到来とはいいもので、なかなか多数のお客さんが入っていましたね。

さぁ、これから1年の濃いシーズンが始まります。
都市対抗、日本選手権と歓喜を味わうチームがここ東海地区から出てくるのでしょうか。

〇ホンダ鈴鹿2-1王子

IMG_8485.png IMG_8491.png IMG_8487.png
柳澤(早大)

IMG_8493.png IMG_8517.png IMG_8509.png IMG_8561.png
柘植(健大高崎高)も4年目となりました。
今年は更にチームを勝ちへ導いてほしいですね。

IMG_8505.png IMG_8499.png
畑瀬(関大)

IMG_8521.png IMG_8522.png IMG_8529.png IMG_8523.png
2年目の花城(中大)
このあたりが試合に絡んでくるとおもしろいですね

IMG_8532.png
神鳥もそろそろこの地区では存在感を発揮してほしいものです

IMG_8539.png IMG_8543.png
松本桃太郎(仙台大)

IMG_8548.png
選手兼任コーチとなった澤田(国学大)

IMG_8550.png IMG_8551.png IMG_8556.png IMG_8560.png
ルーキー長野勇斗(青学大)
三重高時代は主将、トップバッターとして夏の甲子園準優勝を果たしました。
いい左打者が先輩に多いので、お手本に、地元で更に輝いてほしいですね

IMG_8566.png IMG_8567.png IMG_8573.png
竹内(早大)
こちらも地元松阪高校出身のサウスポー

IMG_8570.png
新人の秦(専大)
立派な体格です。

IMG_8575.png

------------------------------------------------------------------------

〇東邦ガス8-1三菱重工名古屋

IMG_8580.png IMG_8582.png IMG_8584.png
柴田(法大)

IMG_8587.png
フェイスガード着用の秋利

IMG_8591.png IMG_8597.png IMG_8601.png IMG_8600.png
柳川(中京学院大)
投げているボールや間合いなど、良くなったなぁと思います

IMG_8607.png
日本選手権を制したことにより、左腕にエンブレムが輝いています

IMG_8615.png
吉田承(関東学院大)

IMG_8628.png
下津浦(西南学院大)

IMG_8637.png IMG_8640.png
柳川2

IMG_8635.png
若林(日体大)

IMG_8643.png
小野(亜大)

IMG_8651.png IMG_8656.png IMG_8660.png IMG_8661.png
大島(愛知大)
ドラゴンズ大島洋平の実弟でおなじみ。
お見事、先制タイムリー
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:49| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

【11/11 明治神宮野球大会 大学の部】環太平洋大(中国・四国三連盟)4-2法政大(東京六大学)

近年神宮大会や創志学園の甲子園など、
動画でその凄さが広まっている環太平洋大学のブラスバンド。
今日の楽しみの一つ。
そして東京六大学も見るのは初めて。
神宮や東京ドームへ行くときはボワソナードタワーを見上げるのが恒例となっていますが。。
伝統か新進気鋭の勢いか。

果たして結果は、両校大応援団の中、
独特の重低音に押された環太平洋大学が見事な勝利。
4年生が僅か2人しか残っていないという若いチームですが、
非常に組織力があり、まとまったゲーム運びを見せました。
本当に素晴らしかったと思います。

一方、久しぶりの出場となった法政大ですが、
チャンスでのダブルプレーあり、キャッチャーからの送球ミスあり、
リリーフ投手の乱調など、チャンスは作るものの、流れが来る展開になりませんでした。
もっとも、トーナメントでこうハマると苦しいという典型のような試合でしたね。

さすが選手層や立ち振る舞いなんかは、やっぱり六大かぁなどとは思いますが、
何とも残念な結果となりました。

IMG_7924.JPG

IMG_7711.JPG

IMG_7715.JPG

IMG_7717.JPG

IMG_7723.JPG IMG_7724.JPG

IMG_7745.JPG
法政は1年生・三浦(福岡大大濠高)が先発

IMG_7749.JPG

IMG_7750.JPG

IMG_7762.JPG IMG_7765.JPG

IMG_7768.JPG

IMG_7802.JPG IMG_7807.JPG

IMG_7888.JPG IMG_7889.JPG
石川達也(2年、横浜高校)

IMG_7890.JPG

IMG_7895.JPG

IMG_7857.JPG IMG_7920.JPG
4年生コンビの志賀(文徳高)、岡田(岡山東商)

IMG_7906.JPG IMG_7908.JPG IMG_7909.JPG
菅野(小高工)

IMG_7929.JPG

IMG_7932.JPG

IMG_7777.JPG IMG_7815.JPG IMG_7914.JPG IMG_7915.JPG
ヤクルト2位指名の中山(履正社高)

IMG_7752.JPG IMG_7761.JPG IMG_7780.JPG IMG_7824.JPG IMG_7788.JPG
法政大・中村浩人(多良木高)
1つ1つのプレーが丁寧で、また熱っぽさもあって、さすが法政のレギュラー捕手だと思います。
卒業後は東芝に内定していると聞いていますが、次のステージも見えてくるプレーぶりですね。
打撃でもフェンス直撃が1本。送球エラーは痛かったですが、いい捕手です。

IMG_7745.JPG

IMG_7867.JPG IMG_7850.JPG IMG_7793.JPG

IMG_7853.JPG
法政大・三浦銀二(1年、福岡大大濠高)
1年生ながら主戦投手ですね。
上背はありませんが、高校時代から定評のあるキレのある真っ直ぐ。
ただ今日は少し勝負所でうまく相手に打たれましたね。最小失点に抑えていったのはさすがでしょうが。
後は毎回帽子を取る姿に好感。やっぱり桑田に似てると思う

IMG_7707.JPG IMG_7708.JPG IMG_7845.JPG IMG_7846.JPG
法政大・渡邉雄太(2年、いなべ総合高)
しっかりとベンチ入りを果たしてくれていて嬉しかったです。
夏の甲子園では座ったまま二塁へ投げるという強肩ぶりで話題に。
新チームではどのように存在感を発揮していくか楽しみです。
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 23:27| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【11/11 明治神宮野球大会 高校の部】札幌大谷高校(北海道)7-3国士館高校(東京)

第2試合は道都対決。
初出場札幌大谷は初戦で龍谷大平安高校を破った勢いそのままに、
東京は国士館相手でも序盤で一気に勝負を決めました。

お互い複数の投手を起用するかたちとなりましたが、
先発から2番手と不調続きだった国士館に対し、
札幌大谷は先発を2回から降ろし、早めの継投へ出たのが奏功しましたね。

国士館は投手の他にもたくさんの選手を起用しましたが、
なかなか流れを自陣へ持ってくるとまではいかなかったですね。

札幌大谷は遂にベスト4。
筑陽学園(福岡・九州)との対戦です。

IMG_7635.JPG

IMG_7607.JPG

IMG_7609.JPG IMG_7610.JPG IMG_7611.JPG

IMG_7618.JPG IMG_7619.JPG
1年生ながら196cmの長身を誇る阿部くん

IMG_7620.JPG

IMG_7624.JPG

IMG_7636.JPG

IMG_7639.JPG IMG_7641.JPG

IMG_7669.JPG IMG_7670.JPG

IMG_7676.JPG

IMG_7679.JPG

IMG_7681.JPG IMG_7682.JPG

IMG_7684.JPG

IMG_7685.JPG

IMG_7687.JPG IMG_7688.JPG

IMG_7695.JPG

IMG_7702.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 23:03| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【11/11 明治神宮野球大会 高校の部】高松商業(香川・四国)9-6八戸学院光星(青森・東北)

ついに来ました明治神宮大会。
高校は10チーム、大学は11チームにて覇権を争います。

特に高校の部は近年では優勝地区に春のセンバツが1枠増となるため、
それぞれの地元の期待を背負った注目の大会となっています。

この日の第1試合は共に神宮大会優勝経験チームの対戦となりました。
光星は初戦で東邦を破っていますが、高松商業は初戦。
勢いそのままに光星が先制をしますが、高松商業も譲りません。
序盤の点の取り合いを制した後は、毎回走者を許しながらも粘りの戦い。

何とか高松商業がリードを保って終盤に入れば、
公式戦初という、4番立岩くんの一発で勝負あり。

次戦は準決勝、好投手奥川くんを擁する星稜高校(石川・北信越)と対戦します。
今の選手達それこそ神宮大会を制したことは記憶に新しいところでしょう。
どのような一戦になるか楽しみですね。

IMG_7602.JPG

IMG_7511.JPG

IMG_7513.JPG IMG_7517.JPG

IMG_7519.JPG

IMG_7521.JPG IMG_7522.JPG

IMG_7529.JPG

IMG_7535.JPG

IMG_7542.JPG IMG_7543.JPG

IMG_7550.JPG

IMG_7554.JPG

IMG_7556.JPG

IMG_7561.JPG

IMG_7579.JPG

IMG_7589.JPG IMG_7590.JPG

IMG_7594.JPG

IMG_7596.JPG

IMG_7599.JPG

IMG_7600.JPG IMG_7601.JPG
ホームランを打たれた後「ここ踏んでいったよね?」と確認しあう二遊間コンビ

IMG_7603.JPG

IMG_7606.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 22:54| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

【10/27 高校野球秋季東海大会準決勝:四日市】東邦(愛知県1位)10x-9中京学院大中京(岐阜県1位)

9回5点差を追い付き、10回には2点を取り逆転サヨナラ。
昨年の同じく東海大会準決勝や、
夏の甲子園での八戸学院大光星戦などを思い出させる、
まさに近年の東邦のお家芸とも言える底力、ミラクルでした。

8回、3番石川くんの前に走者を貯めたいところでしたが、
1番打者の外野フライで2塁走者が戻れずダブルプレー。
普通はこれでお仕舞な試合だと思いますし、
さらに9回表の守りでは2点を取られてダメ押し。
相手投手もじりじり尻上がりに調子を上げてきている。
それを9回1イニングで5点を取って追い付いてしまうのですからね。

東邦はこれで連続でのセンバツ出場へ大きく前進。
逆に中京学院大中京にとっては本当に痛い敗戦となってしまいました。
ただ自滅の場面はありませんでしたし、お互いノーエラーで本当に締まった素晴らしい試合だったと思います。
さすが県1位のチームでしたね。

IMG_7476.JPG

IMG_7314.JPG
スタメン

IMG_7324.JPG IMG_7325.JPG

IMG_7328.JPG IMG_7329.JPG IMG_7335.JPG

IMG_7341.JPG
元くん
素晴らしい打棒でした

IMG_7343.JPG
東邦はすかさず杉浦くん

IMG_7358.JPG IMG_7362.JPG
4番捕手の藤田くん

IMG_7371.JPG

IMG_7379.JPG
東邦に二遊間

IMG_7387.JPG

IMG_7398.JPG

IMG_7400.JPG
4番ショート熊田くん
夏の愛知県大会決勝でも感心しましたが、非常に守備が安定していますね。
そう大きくはないのですが、グラウンドの中での存在感は抜群です。
こういう選手がいるとチームは締まりますよねぇ。

IMG_7414.JPG IMG_7417.JPG IMG_7418.JPG
エースナンバーを背負う石川

IMG_7432.JPG IMG_7420.JPG 
不後くん粘りのピッチング

IMG_7424.JPG

IMG_7430.JPG
9回の追加点で決まったかと思いましたが…

IMG_7433.JPG IMG_7436.JPG
長屋くんのこの日2本目のホームランで同点

IMG_7446.JPG
内野ゴロで突っ込むも…

IMG_7456.JPG
10回は途中から元がマウンドへ。
打撃での勢いそのままにとは行かず、最後は東邦の波に飲まれました。

IMG_7464.JPG

IMG_7465.JPG

IMG_7469.JPG

IMG_7473.JPG

IMG_7477.JPG

IMG_7480.JPG

IMG_7482.JPG

IMG_7484.JPG

IMG_7490.JPG
石川は不後を探して握手。
9回デッドボールをぶつけてしまい、直後に展開が変わりましたので、
少し苦い勝利の味かも知れませんね。

IMG_7497.JPG

IMG_7509.JPG

IMG_7309.JPG IMG_7307.JPG

IMG_7312.JPG
東邦高校OBで元ドラゴンズの木下達夫コーチ。
山内や辻もそうですが母校で頑張る若いOBの姿はうれしいですね。
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 19:12| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【10/27 高校野球秋季東海大会準決勝:四日市】津田学園(三重県3位)13-2中京大中京(愛知県2位)

勝てばセンバツへ大きく前進する準決勝。
津田学園がこの大会2度目のコールドゲームで決勝へ駒を進めました。

県では3位でしたが、
チーム自体は大きな選手も多いし、投手もしっかりしている。
もしかしたら上位も窺えるのでは…?
という思いはありましたが、本当に素晴らしい打棒、守備力で勝ち上がってきましたね。

見ていても、打者は後ろを信用しているし、
誰かがダメでも自分がやろうというチームワークの良さを感じますね。
コールドが決まったイニングでも、
送りバントがフィルダースチョイスになった後、1番の大音くんが初球をすっとセーフティバント。
こういうシーン一つ見ても、ひとりひとりが相手をよく見て野球をやっていると思います。

投げては前投手。
これまでは変化球に見どころが欲しいなぁと見ていましたが、
今日はしっかりタメを作って、どの球種でもストライクが取れました。
投げる度に成長を感じ、本当に凄いなぁと感心しました。
捕手の阿萬田くんもナイスリードですね。


一方、中京大中京は残念なゲームとなりましたね。
選手、観客にとってもまさかの展開だったでしょう。
先週の菰野戦も走者を背負いながらのゲームでしたから、一つ相手にリズムが生まれればこういう展開もあり得るというものではありますが。。
ここからどう変わっていくかなのでしょうね。

IMG_7288.JPG

IMG_7140.JPG
スタメンです

IMG_7143.JPG

IMG_7147.JPG

IMG_7164.JPG IMG_7168.JPG

IMG_7182.JPG IMG_7183.JPG IMG_7187.JPG

IMG_7193.JPG
4番前川くんの3試合連続ホームラン

IMG_7198.JPG

IMG_7200.JPG

IMG_7203.JPG IMG_7217.JPG

IMG_7210.JPG IMG_7250.JPG

IMG_7220.JPG

IMG_7255.JPG

IMG_7260.JPG IMG_7262.JPG

IMG_7269.JPG

IMG_7280.JPG IMG_7282.JPG
最後は3番藤井くんのホームランでコールドゲーム成立

IMG_7151.JPG

IMG_7154.JPG IMG_7160.JPG IMG_7275.JPG
佐川監督。
選手とコミュニケーションが取れて、本当にいいチーム作りをしているなぁと思います。
日通時代からファンなのですが、三重県の高校で指揮をとってくれてて本当にうれしいことです。

IMG_7293.JPG

IMG_7297.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 18:41| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

【10/21 高校野球秋季東海大会:津】中京大中京(愛知県2位)4×-3菰野(三重県1位)

菰野高校のエースで4番、岡林勇希。
兄は昨年の育成ドラフトで広島に入団しており、本人もU18の一時候補に選ばれるほど評判の投手です。
相手中京大中京のエースは左腕板倉くん。
この二人、中学時代は同じシニアチームでプレーしていたとのこと。

岡林は豪快なフォームから140キロを超える真っ直ぐ(最速は149キロでした)を投げ込み、対する板倉はサイドから120キロほどの真っ直ぐ、緩い変化球でコーナーを突く丁寧なピッチング。
両極端な二人の投げ合いとなりました。

試合は菰野がフォアボールやエラーなどで終始ピンチを迎える展開に。
最初の1,2度は切り抜けましたがそうそう何度もやられてはくれません。
4回に一挙3失点。
しかし、打線も粘りを見せます。
5回に2点を返すと、6回には犠牲フライで同点。
とここまではよかったのですが、やはり追い越せないとなかなか苦しい。

最後はその板倉にセカンド強襲ヒットで2塁を取られ、
8番関岡くんのタイムリーで勝負あり。

中京大中京は1年生右腕・高橋くんが粘りの投球で相手に流れを渡しませんでした。
この投手も180cmを超える長身、最速は140キロ超と素質たっぷり。

岡林は打っては4番ですが、この日は音無し。
何度も何度もピンチを切り抜ける姿は胸を打つものがありましたが、
正直守備力など、ちょっとこの人ひとりに負担を掛けすぎたかなという印象でしたね。
逆に柱はしっかりしたチームなのですから、来年夏に向けてどう成長していくか楽しみです。

IMG_7136.JPG

IMG_7033.JPG
スタメン

IMG_7036.JPG IMG_7037.JPG IMG_7041.JPG
中京大中京・板倉

IMG_7058.JPG IMG_7059.JPG IMG_7064.JPG IMG_7067.JPG IMG_7071.JPG IMG_7065.JPG
岡林
練習でいきなり140キロ超を出しどよめきが起こりました

IMG_7045.JPG
打っては4番です

IMG_7091.JPG
犠牲フライで同点

IMG_7099.JPG
2番手・高橋
楽しみな投手です

IMG_7103.JPG
4番を打った尾崎くん

IMG_7106.JPG

IMG_7127.JPG IMG_7129.JPG
最後はサヨナラ

IMG_7132.JPG
呆然です

IMG_7137.JPG
最後、板倉と握手していたのが印象的でした

IMG_7097.JPG

IMG_7072.JPG IMG_7088.JPG

IMG_7138.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:01| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【10/21 高校野球秋季東海大会:津】津田学園(三重県3位)7-2御殿場西(静岡県1位)

大会2日目はシードとなっている各県1位校が登場します。
地元で1位の力を見せるか、それとも昨日勝ってる勢いが出るか。
また連戦の疲れや試合への入り方はどうか。
いろいろな戦略を迫られる2日目なのです。

果たして、試合は津田学園が連日のエースの好投、そして打線の集中打があり快勝。
これで2002年以来のセンバツ出場へ一歩近づく準決勝進出となりました。

IMG_7013.JPG mae.JPG

県大会でも1位となった菰野高校をあと一歩まで追い詰めましたし、
選手個々も非常にサイズもあって力はあるチームだと思います。
エース前投手は180cmを超す長身ですが、長い腕から投じる真っ直ぐは最速(今日は)144キロ。
まだまだ変化球などピッチング自体は若さも若さですが、非常に将来性豊かで楽しみな投手だと思います。
見た目もいいですしね。
また、それを支える阿萬田捕手も攻守ともに落ち着きがあり、いいバッテリーだと思いますね。

今の選手達は2017年の夏の甲子園の1勝も支えになっているのでしょうから、今度は自分たちがという感じでしょうね。
準決勝は中京大中京との一戦になりますが、地元に近い四日市ですしさらなる上位を期待したいですね。

対する御殿場西は県1位での進出となりましたが、
中盤から突き放される格好となりました。
東海地区の東の果てから西の果てと移動なんかも大変な面はあるかと思いますが、残念な結果でしたね。
ただ近年力をつけてきているチームなのでしょうし、今回の結果を貴重な経験としてほしいと思います。

IMG_6898.JPG
快晴の津球場

IMG_6904.JPG IMG_6907.JPG
佐川竜朗監督
都市対抗野球を始めて見た時、日通で主軸だった打者です。
PL学園、明治大と歩み勝負強い打撃に見惚れていらいファンです。
ノック中にボタンが外れていること指摘されて苦笑い。カワイイ

IMG_6909.JPG IMG_6912.JPG
笑顔が絶えず、選手とのコミュニケーションの良さを感じさせますね

IMG_6916.JPG
スタメン

IMG_6924.JPG IMG_6929.JPG IMG_6925.JPG
御殿場西・高田

IMG_6937.JPG IMG_6938.JPG IMG_6917.JPG IMG_6939.JPG
津田学園・前

IMG_6955.JPG
阿萬田犠牲フライ

IMG_6975.JPG IMG_6984.JPG
長打力ありますね

IMG_6996.JPG
2試合連続ホームランの前川くん

IMG_7005.JPG
2番手・杉本くん

IMG_6946.JPG

IMG_6967.JPG

IMG_6974.JPG

IMG_7008.JPG

IMG_6989.JPG

IMG_6986.JPG

IMG_6993.JPG

IMG_7022.JPG

IMG_7029.JPG

IMG_7030.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 19:45| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする