2017年04月09日

【静岡大会準決勝】ヤマハ3-1JR東日本 挑むべき相手

昨年日本選手権で見事優勝を飾ったヤマハ。
今シーズンは挑戦者から挑戦される側になります。
準決勝の相手は東の雄・JR東日本。
全国大会では上位の常連ですし、ネット裏にも知った選手がズラリといたり、
一気の代打攻勢などやはり層が厚い。
昨年の都市対抗では王子が田嶋相手に何とか粘って、サヨナラホームランで破ったのは記憶に新しいところ。

そしてこの日の先発も田嶋。
そんな中でしたが、とにかく声が大きく一体感があるベンチに、地元開催という地の利も活かし、ヤマハが見事少ないチャンスをモノにし、勝ち切りました。

もう少ししたら都市対抗予選も始まってきますが、
群雄割拠の東海地区の中で、どのように戦っていくのか、更に注目ですね。

IMG_7275.JPG
JR東日本 田嶋

試合結果はコチラ(日本野球連盟HP)

IMG_7219.JPG IMG_7220.JPG IMG_7288.JPG IMG_7294.JPG IMG_7296.JPG
青学大から新入部の近藤はスピードこそ140キロそこそこですが、
187pの長身と長い手足を活かした角度のあるボールが効いてましたね。
中日にいる野村のようなタイプかな。
ただ、この人、秋田商業の時甲子園で見てるんですよね(三重代表の松阪高校の後だったと思います)。
ひょろっとした長身の投手という記憶はあるのですが、しっかり上のステージに進んでいるのですね。
使えるようになると大きいよなぁ。

IMG_7237.JPG

IMG_7243.JPG IMG_7244.JPG

IMG_7307.JPG IMG_7306.JPG
田嶋(佐野日大高)は145キロを超える真っ直ぐはさすがですが、
要所要所のコントロールで苦しみましたね。
欲を言えば、たまに腕が横振りになる時があるので、そこが安定してくればなとは思います。

IMG_7249.JPG IMG_7253.JPG
昨年の社会人ベストナイン・矢幡(専大)の先制2ラン!

IMG_7226.JPG IMG_7227.JPG IMG_7231.JPG
JR東の若手野手三人衆
佐藤(立大)、渡辺(専大)、丸子(早大)

IMG_7224.JPG
独特な着こなしの佐藤ツギオ(ワシントンルイス州立高)さん

IMG_7257.JPG
豪快なスイングの佐藤ツギオさん。
人気ありますね

IMG_7262.JPG
一体感のあるベンチ

IMG_7283.JPG
貴重な追加点となるタイムリーを放った池知(亜大)

IMG_7318.JPG IMG_7321.JPG IMG_7324.JPG
三重高→青学大の山口
高校生の時に見ていい選手だなぁと思い追いかけていましたが、
東京の大学を出てJR東に進むまでになるとはね。
こういうのは嬉しいですね。

ちなみに…笑
2010年の10月に見ていますね【2日目第2試合】三重6-4享栄 君に会いたくなるから
10_10_2420139-thumbnail2.jpg
嬉しいです(二度目)
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【静岡大会準決勝】東京ガス8-0JR東海 インフラ対決整備中

社会人野球・静岡大会を見に初めて浜松球場へ。
毎年ドラゴンズも公式戦を行うところですが、
非常に、古きよき地方球場といった佇まい。
スタンドが狭く、しょっちゅうファールボールが場外へ飛び出していましたが、
その都度、隣で大会をやっている陸上競技場や球場周辺にいる中高生に当たらないか心配していました。


試合結果はコチラ(日本野球連盟HP)

第一試合は東京ガスが8回コールドでJR東海に勝利。
先発の那須(日章学園)がとにかくコントロールのよい投球で完璧に封じ込めました。
山岡が抜け今季の柱は誰になるのか?というところですが、この日の快投で名乗りを挙げましたでしょうか。

JR東海はここ何年かですが、やはり投手陣ですかねぇ。
主戦を張った菅野も引退しましたし、軸となる存在が出てきてくれればいいのですがね。

IMG_7172.JPG IMG_7176.JPG IMG_7211.JPG
8年目右腕・那須は130キロ台後半がメインながらも、キレ、コントロールともによく、
8回被安打3のナイスピッチングでした

IMG_7167.JPG IMG_7170.JPG
JR東海は、JR北海道から転籍してきた戸田(日田林工)が粘りましたが、8回に集中打を浴びてしまいました

IMG_7179.JPG IMG_7202.JPG
チームリーダーとして期待される4年目の中山(PL学園)

IMG_7185.JPG
期待のルーキー笹川は4番で出場(東洋大)

IMG_7186.JPG
中田亮二(亜大)は今季からキャプテン

IMG_7204.JPG
愛工大名電出身の佐藤大将もそろそろ定位置を掴みたいところ

IMG_7196.JPG
左中間はハトの溜まり場

IMG_7199.JPG
なかなかどいてくれません…

IMG_7212.JPG

IMG_7215.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

【日本選手権】大阪ガス9-0Honda鈴鹿、JR西日本5-0JR東日本東北 ドラフト後の。。

社会人野球もいよいよシーズン最終盤。
夏の都市対抗に対して秋の日本選手権です。
近年ではドラフトが終わってからの開催となっているこの大会ですが、
この日は元プロとこれからプロ入りの投手の活躍がありました。

○大阪ガス9-0Honda鈴鹿
大阪ガスの先発はロッテ2位指名の酒居。
真っ直ぐの最速は143キロながら、抜群のコントロールで7回を危なげなく投げ切りました。
内外と突けるのはもちろんいいのですが、カウントが悪くなってもきっちりとストライクを取ってくるあたり、センスがあるように思います。
ロッテに入って涌井や石川のような長い回を投げられる、うまい投手に触れてどう成長していくか楽しみですね。

IMG_7072.JPG IMG_7074.JPG IMG_7077.JPG IMG_7080.JPG

そしてHonda鈴鹿では西武5位の平井、オリックス7位の飯田は共に本調子とは言えませんでした。
特に平井については、悪いときにどう相手の流れをせき止めるかというところで、
プロ入り前のいい勉強になったのでは。
今年は先発が多く、初めから自分の世界に入って行けましたが、プロではまずは中継ぎでしょう。
正直なところ、ここぞの決め球があまり無いので、これまでの気迫に加わる新たな武器が必要なんだと思います。
せっかくここまで来たのですから、長くやってほしいですね。

IMG_7099.JPG IMG_7102.JPG IMG_7095.JPG IMG_7097.JPG

IMG_7110.JPG
次代の正捕手として期待される柘植

IMG_7081.JPG
ルーキー左腕 金沢

IMG_7092.JPG
神港学園-法大の伊藤が四番です。高校の通算本塁打数でおなじみ

IMG_7107.JPG
畔上も来季はチームを引っ張ってほしいですね


○JR西日本5-0JR東日本東北
加賀美がノーヒットノーランを達成しました。
球速こそ140キロそこそこですが、力があり、とにかくしっかりとファーストストライクが取れたことが大きかったですね。
110キロ台のチェンジアップや更に遅いカーブを駆使しながら、終盤は一気にギアが上がって真っ直ぐでグイグイ押しまくりました。
そしてこういう時に飛び出るビッグプレーは、8回の先頭打者の当たりをライト亀井がフェンスにぶつかりながらの好捕。
外野フライが多かったので、うまく被せれば…というところでしたが、このプレーでほぼほぼ決まりましたね。
本当に素晴らしいピッチングでした。

IMG_7131.JPG IMG_7133.JPG IMG_7136.JPG IMG_7147.JPG

そしてもう一人の元プロ・藤澤。
西濃運輸の時も感じていたのですが、チャンスの時の集中力はやはり目を見張るものがありますね。
しっかり粘ってレフトへのタイムリー。この人の得意とするところだと思います。

共にプロでは心半ばでしょうが、都市対抗でもそうなんですが、大応援団を初めとする会社のバックアップなど、また違った野球ですよね。
十分にやりきってほしいですね。

IMG_7121.JPG IMG_7126.JPG IMG_7149.JPG

IMG_7152.JPG IMG_7154.JPG IMG_7154.JPG
ノーヒットノーラン!

IMG_7141.JPG IMG_7142.JPG
仙台育英-青学大の田中


ヤマハの試合より
IMG_7159.JPG IMG_7160.JPG IMG_7161.JPG IMG_7162.JPG
先発は高卒2年目の鈴木。
150キロ台連発の楽しみな投手です

IMG_7158.JPG
前野(PL学園)は来年のドラフトを目指して
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

【都市対抗】春日井市:王子2-0東京都:JR東日本 雪辱

やっぱり都市対抗での王子はおもしろい!
独特の底力をまざまざと感じさせてくれました⇒試合結果はコチラ(日本野球連盟HP)

初戦でこのカードは2013年のリベンジマッチになります。
この時の王子のエースは阪神へ入団した山本でしたね

今年の王子は昨年はチームをベスト4に導いた近藤(関西大)が軸。
球速こそ140キロ前後ですが、ここ一番の集中力、コントロール、気迫が素晴らしい投手。
高卒2年目ながら早くも来年のドラフト上位候補に挙がる田嶋(佐野日大高)を向こうに10回を投げ切りました。
JR東日本も予選から打線の調子はよくなかったようですが、この日もチャンスらしいチャンスは作れませんでしたね。
田嶋もよく投げてはいましたが、さすがに160球というのは限界が近かったでしょう。

しかし王子は船越、西川がプロ入りしながらも、ルーキーが埋めて第1代表ですから大したものです。
補強選手のサヨナラアーチはまさに2004年の優勝場面を彷彿とさせました。
次戦はHonda鈴鹿とですから、非常に複雑ですが、どちらにしても勝った方は頂点に向かって突き進んでほしいですね!

IMG_7061.JPG
加藤(新日鐵住金東海REX 龍谷大)のサヨナラアーチ

IMG_7019.JPG IMG_6996.JPG
近藤

IMG_7007.JPG IMG_7004.JPG IMG_7008.JPG
田嶋

IMG_7011.JPG IMG_7022.JPG
中田亮二(JR東海 亜大)が3番ファーストでスタメンでしたが不発

IMG_7017.JPG
サードでスタメンの國松(静岡商)

IMG_7042.JPG
2年目の長谷川(国際武道大)は途中出場

IMG_7020.JPG

IMG_7045.JPG IMG_7049.JPG IMG_7050.JPG
最大のピンチを切り抜け渾身のガッツポーズ

IMG_7057.JPG
そして10回、サヨナラアーチ

IMG_7062.JPG IMG_7065.JPG

IMG_7070.JPG
監督とマスコットさんも歓喜の握手
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【都市対抗】鈴鹿市:Honda鈴鹿10-1福山市・倉敷市:JFE西日本 熱闘スズカ

昨年は代表決定戦3連敗で涙を飲んだHonda鈴鹿。
今年は選手が7人入れ替わり若い力で第2代表を掴みました。⇒試合結果はコチラ(日本野球連盟HP)

今年のチームは何と言っても愛産大から3年目の平井の一本立ち。
東海二次予選でも4試合に先発し3完投を記録するなど一躍ドラフト候補に躍り出ました。
今日は球速も140キロそこそこで決してよくはなかったとは思いますが、
打線の大量援護に守られて8回1失点と今季エースに成長した男の面目躍如。

打っては大卒3年目の1番大城戸(法大)、2番中村(亜大)がキーポイント。
初回は大城戸のセンター前を中村が送って、補強の南(近大)の先制タイムリーに繋げました。
終盤大城戸の負傷交代は心配ですが、二人ともすっかりチームの主軸ですね。

そして、補強の山本健太郎(東海理化 星城高)も素晴らしかった。
179cm68kgと細身ですが、140キロ台中盤の真っ直ぐはキレ味十分。
今年23歳の右腕。評判自体は聞いていましたが、この後の展開次第ではドラフト候補に挙がってくるのでは。
たったの1イニングですが、それぐらい充実していましたね。楽しみです。

対してJFE西日本は途中で切れたような展開になったのは残念でしたね。
結果的には陶山の見切り以降粘りを全く発揮できませんでした。
エラーも3つ記録するなど、全くらしくなく、この秋の立て直しに期待しましょう。

IMG_6991.JPG
最後を締めた山本健太郎 ええ顔や…

IMG_6827.JPG
山本明大の10年連続出場の表彰も(東邦ガス 立命館大)

IMG_6829.JPG IMG_6830.JPG
陶山(倉敷工)もすっかりベテランですが3回2/3 3失点と粘れず

IMG_6841.JPG IMG_6842.JPG
平井はこの夏一気に一本立ちを果たしましたね

IMG_6834.JPG
大城戸のセンター前から

IMG_6885.JPG
中村が送って先制のきっかけに

IMG_6838.JPG
石井(明大)が四番で都市対抗デビュー

IMG_6859.JPG
二番手を藤井(東農大)へ託しますが

IMG_6864.JPG
安慶名にタイムリーを浴びるなど傷口を広げてしまいました

IMG_6869.JPG
安慶名(法大)もスタメン起用に応える左中間突破の3ベース

IMG_6889.JPG IMG_6891.JPG IMG_6898.JPG
東邦ガスから補強の南が4安打3打点の大活躍!!

IMG_6896.JPG
大城戸も2安打1四球とトップバッターの役割を果たしました

IMG_6901.JPG
今久留主コーチと石井は明大の先輩後輩。間は名前が山本明大(あきひろ)

IMG_6908.JPG
3番手北田(明大)

IMG_6922.JPG
4番手は伯和ビクトリーズの藤原(八戸大)

IMG_6917.JPG
8回1失点にまとめた平井

IMG_6961.JPG
Honda鈴鹿はソツなく点を重ねました

IMG_6966.JPG
こういうシーンが何気に好きです

IMG_6973.JPG
5番手森川(関西国際大)

IMG_6977.JPG IMG_6978.JPG
最後1イニングを締めた山本健太郎

IMG_6992.JPG
見事初戦突破です
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【都市対抗】京都市:日本新薬5-2大津町:Honda熊本 新薬躍動

一日限定ですが、久しぶりに東京ドームでの観戦が叶いました。
まずは熊本地震がありながらも九州第1代表を掴んだHonda熊本と、
これも近畿第1代表日本新薬の対戦です。⇒試合結果はコチラ(日本野球連盟HP)

Honda熊本は日本新薬榎田(阪神榎田の弟)から1番稲垣、2番長池の連続ホームランで逆転するも、8回はエラーで追いつかれ代打植田に決勝3ランを浴び惜しくも敗れました。

それにしても勝った日本新薬は本当に力をつけていますね。
この日の試合でも榎田-西川-森原(新日鐵住金広畑)と盤石のリレー。
自分が見始めた頃は京滋奈に一枠ありましたが、今年は近畿一くくりとなって以降初めて、第1代表で名乗りをあげ初戦を突破を果たしました。
毎年有力選手を積極的に補強し、これだけのチーム力向上は、やはり枠の制度が変わったのが大きいのでしょうね。
そうしないと代表権を取れないという。
元々いい投手が揃うイメージはありますが、今年は過去最高のベスト4以上を目指して頑張ってほしいですね。

IMG_6814.JPG
くまモンの応援も

IMG_6785.JPG
Honda熊本 荒西(玉名工)

IMG_6787.JPG IMG_6788.JPG
日本新薬 榎田(日本文理大)の両先発

IMG_6791.JPG
稲垣(明豊高)

IMG_6799.JPG
長池(九州産業大)の連続アーチで一挙逆転!

IMG_6794.JPG

IMG_6806.JPG
Honda熊本はピンチで補強の三小田(三菱重工長崎 文徳高)

IMG_6808.JPG
代打植田(明治大)の決勝3ラン!!

IMG_6811.JPG
ルーキーの西川(立命館大)

IMG_6820.JPG
最後は新日鐵住金広畑から補強の森原(近大工学部)が締め

IMG_6824.JPG IMG_6826.JPG
初戦突破
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

【都市対抗第4代表決定戦】ヤマハ3-2西濃運輸 開眼

第4代表は浜松市のヤマハ
試合結果はコチラ→日本野球連盟HP

その立役者は2年目サウスポー池田駿(専大)。
軸は140キロ台中盤の真っ直ぐと125キロ前後のスライダー。加えてチェンジアップ。
174cm72kgと小柄ではありますが、投げっぷりのよさとキレのある適度な荒れ球で今大会は2完封。
この試合でも6回までノーヒットに抑えるなど8回1失点にまとめ上げました。
表情も豊かで、見てて楽しいと思える投手です。

この池田、それからホンダ鈴鹿の平井は一気にチームを都市対抗へ導きましたが、
これで本戦でも先発をし好投すれば、名実ともにドラフト候補でしょうね。
楽しみです。

そして最後は高卒2年目の鈴木(磐田東高)。
最速151キロの真っ直ぐは魅力十分。
しかし本戦出場がかかる2点差9回での出番はどうだったか。
1点差に詰め寄られながらも何とか逃げ切りました。
この投手は来年のドラフト候補だと思いますが、これも大きな経験ですね。

IMG_6751.JPG

IMG_6636.JPG IMG_6614.JPG
西濃運輸は佐伯(九産大)の粘投も及ばず

IMG_6617.JPG IMG_6620.JPG
先制は長谷川雄(近大)の先頭打者アーチ

IMG_6640.JPG IMG_6645.JPG IMG_6648.JPG IMG_6646.JPG
一気に開眼した池田駿

IMG_6655.JPG IMG_6675.JPG
四番は佐藤ツギオ(ワシントンルイス州立高)

IMG_6665.JPG
名物カンガルー

IMG_6668.JPG
西濃運輸四番は伊藤(岐阜経済大)

IMG_6658.JPG IMG_6685.JPG IMG_6718.JPG
柳(日本文理高)のお辞儀が大好き。ヘルメットを取ってはほぼ唯一では。
かつては都市対抗で四番も打った選手

IMG_6672.JPG IMG_6690.JPG IMG_6714.JPG
充実のピッチング!

IMG_6698.JPG
佐伯と内野手の大野(愛知学院大)は共に11年目の同期

IMG_6724.JPG
ヤマハ9回のマウンドは2年目の鈴木

IMG_6721.JPG
投手が代わればみんなで

IMG_6726.JPG IMG_6730.JPG IMG_6734.JPG IMG_6735.JPG
最速は151キロをマークしました

IMG_6748.JPG

IMG_6754.JPG IMG_6759.JPG

IMG_6765.JPG
最後キャッチした鈴木光を迎える池田駿。
ルーキーのプレーで予選突破です
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【都市対抗第3代表決定戦】トヨタ自動車5-1新日鐵住金東海REX 冷静と情熱の・・

都市対抗野球、東海地区第3代表はトヨタ自動車に!
試合結果はコチラ→日本野球連盟HP

今大会のトヨタはとにかく佐竹の熱投、そして藤岡、北村の亜大出身ルーキーコンビだと思います。
競争が激しいチームの中で、ベテランと若手の見事な融合。
特に佐竹はオンとオフの切り替えが上手いというか、気合は入りながらもどこか楽しんで投げているのがいいですね。
こういう投手がプロに行っていたらどうだっただろうと想像するもは楽しいですが、
今季は元プロの細山田(大学の後輩でもありますが)がマスクを被り、また一つ引き出しが増えた感じですね。

藤岡、北村も完全に1,2番に定着しましたね。
昨年は惜しくもドラフト指名を逃しましが、実力をいかんなく発揮しました。

そして、トヨタと言えば、ベテランも多く残っているわけですが、
福田(亜大)や川尻(玉野光南高)らが率先して一塁コーチやバット引きをやっている姿には感心しましたね。
こういうところが強豪であるところでしょうね。

IMG_6558.JPG

IMG_6364.JPG IMG_6365.JPG IMG_6368.JPG IMG_6366.JPG
佐竹

IMG_6332.JPG IMG_6350.JPG IMG_6383.JPG
東海REXは畠山(国学大)

IMG_6321.JPG
ルーキーですが北村はいい働きをしました

IMG_6344.JPG
トヨタの四番は樺澤(東農大)

IMG_6400.JPG
細山田のタイムリー

IMG_6403.JPG IMG_6404.JPG

IMG_6410.JPG
多木(法大)が生還

IMG_6421.JPG
北村のタイムリー

IMG_6424.JPG

IMG_6438.JPG IMG_6441.JPG
源田(愛知学院大)の盛り立てに思わず笑顔

IMG_6452.JPG
西潟(桐蔭横浜大)も貴重な一打

IMG_6385.JPG IMG_6458.JPG
河合(法大)も!

IMG_6469.JPG IMG_6473.JPG
西潟も印象に残る一人

IMG_6475.JPG
川尻なんかが裏方をやってていいチームだなと思います

IMG_6478.JPG IMG_6482.JPG
福田(専大)のアーチで一矢報いる形に

IMG_6491.JPG IMG_6486.JPG IMG_6489.JPG
東海REX二番手は3年目左腕水越(愛大)

IMG_6501.JPG IMG_6506.JPG
北村もう一本!

IMG_6514.JPG IMG_6515.JPG IMG_6520.JPG IMG_6516.JPG
三番手は140キロ台中盤の真っ直ぐが持ち味の山本洋行(大産大)

IMG_6533.JPG

IMG_6541.JPG

IMG_6559.JPG

IMG_6574.JPG

IMG_6576.JPG

IMG_6579.JPG

IMG_6581.JPG

IMG_6595.JPG
優秀選手賞にこの笑顔

IMG_6604.JPG
本戦も期待しています
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

【都市対抗東海二次予選】トヨタ自動車5-0東邦ガス 次世代燃料エンジン

試合結果はコチラ→日本野球連盟HP

とにかく他チームに比べて段違いで選手が豊富なトヨタ自動車。
兼任コーチも含めてその数35名。
対する東邦ガスは28名。
その中にあって目立つルーキーの活躍。
1,2番コンビを組む共に亜大出身の藤岡、北村。
特に藤岡は先頭打者ホームランを含む3安打3打点。
このまま行けば昨年逃したプロ入りの話も夢じゃない?

そこに負けじとエース佐竹(早大)。
全盛期に比べれば…と言っては大変失礼であるが、試合を作る能力や支配する力はさすがのもの。
8回2/3を無失点と惜しくも完封は逃しましたが、本日もエースの面目躍如。
バッテリーは同じ早稲田の細山田と組んでいますが、この二人って佐竹が4年で細山田が1年ですよね。
憧れの存在なのかな?とも思いますが、実に楽しそうにやっているのがいいですね。

対して東邦ガスは、これで企業チーム相手には2試合続けての無得点となりました。
先発は豊川高校から2年目の田中空良だったのですが、どうにも力みがあったかいいところがなかったですね。
そこからビハインドの展開で水田(明大)を継ぎこむ意地を見せたのですが、打線が火を噴きませんでした。
これで第六代表決定トーナメントへ。
あとは4連勝しかありませんが、このまま終わるのかそれとも爆発力を見せてくれるのか。相手はジェイプロジェクトです。

IMG_6278.JPG

IMG_6160.JPG
藤岡の先頭打者ホームラン!

IMG_6162.JPG IMG_6163.JPG IMG_6170.JPG IMG_6176.JPG
東邦ガスは田中

IMG_6178.JPG IMG_6189.JPG IMG_6271.JPG IMG_6181.JPG
佐竹が貫禄の投球

IMG_6194.JPG
バッテリーを組むのは細山田

IMG_6205.JPG IMG_6214.JPG
3番に座る小島(早大)は堂上直倫の愛工大名電の1年先輩

IMG_6254.JPG IMG_6226.JPG IMG_6255.JPG IMG_6227.JPG
水田もよく粘りました

IMG_6234.JPG
豪快さがある西潟(桐蔭横浜大)

IMG_6239.JPG IMG_6241.JPG
藤岡

IMG_6246.JPG
北村の亜大ルーキーコンビ

IMG_6268.JPG
河合(法大)

IMG_6276.JPG IMG_6277.JPG
牽制悪送球でピンチを広げるも、何か二人の世界がいい

IMG_6287.JPG
源田(愛知学院大)もしなやかで華がある選手だなぁと思います

IMG_6293.JPG IMG_6300.JPG
藤岡は3ベースも

IMG_6301.JPG
最後の一人は藤田(東洋大)へお任せ

IMG_6309.JPG IMG_6305.JPG IMG_6312.JPG IMG_6306.JPG

IMG_6313.JPG
第三代表トーナメントは次戦は再び三菱重工名古屋と顔を合わせます

IMG_6316.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【都市対抗東海二次予選】三菱重工名古屋8-0永和商事ウイング 大事な“3年目”

試合結果はコチラ→日本野球連盟HP

第一代表決定戦はヤマハ、王子が進み、第三代表トーナメントも終盤戦。
今日明日の試合は、ここで負けると一気に第六代表トーナメントへ転落。
そこまで行くと4連勝しかない厳しいタフな予選。さて本日…

本日の第一試合は三菱重工名古屋がワンチャンス、ツーチャンスをものにしての完封勝利。
先発の菊地(富士宮東高)も毎回ヒットを許すも粘りの投球を見せて5回1/3を無失点。
取りあえず緒戦のトヨタ戦の借りは返しましたかね。

永和商事ウイングは昨年、一昨年と連続して都市対抗に出場していますが、
今年はどうにも苦しく第六代表決定戦へ。
先発した神谷(日本プロスポーツ専門学校)は150キロに迫ろうかというボールは投げるのですが、四死球6個ではさすがに苦しい。
継いだ狩野(関西メディカルスポーツ学院)、渡辺康(日本ウェルネススポーツ専門学校北九州校)もよく粘りましたけどね。
ここはあとは柱の高橋(天理大)など力がある投手が揃っているので、いかに先制をさせずロースコアに持ち込むかがカギですからね。
今日のような展開になると苦しいです。
まだチャンスはありますから、連続出場の意地を見せてほしいですね。

IMG_6084.JPG
三菱重工名古屋の菊地(元ドラゴンズ)は先回の借りを少しは返せた?

IMG_5999.JPG IMG_5996.JPG IMG_6006.JPG IMG_6001.JPG
神谷は今年28歳の右腕ですが、140キロ台後半が出るスピードボールが持ち味

IMG_6018.JPG
何とか0点に抑えてはいたのですが

IMG_6021.JPG IMG_6022.JPG

IMG_6088.JPG
重工名古屋の投手はあまり表情を表に出す人は少ないのですが、
さすがに中盤になると気合の表情に

IMG_6093.JPG

IMG_6033.JPG
ルーキーでスタメンマスクの加藤(東海大北海道)

IMG_6038.JPG
かつてホンダ鈴鹿→広島ドラフト1位の宮崎充登は三重に戻り投手コーチを努めています

IMG_6042.JPG
先制は4番小柳(日体大)の犠牲フライ

IMG_6045.JPG IMG_6049.JPG
激走の馬場(専大)。中日岩田と甲子園に出ている選手です

IMG_6053.JPG IMG_6056.JPG IMG_6062.JPG
攻守に活躍した捕手安田(明大)

IMG_6100.JPG IMG_6101.JPG IMG_6068.JPG
永和2番手の狩野

IMG_6095.JPG IMG_6096.JPG
伊藤隆(立命大)のソロで突き放し。中京大中京では堂林と全国制覇

IMG_6071.JPG
山田晃(専大)はこのチームの看板打者

IMG_6098.JPG
大体大浪商からのルーキー素川が途中出場

IMG_6111.JPG IMG_6118.JPG IMG_6112.JPG
西納(富山大)

IMG_6123.JPG IMG_6128.JPG IMG_6124.JPG IMG_6125.JPG
伊藤久(日本福祉大)のリレー

IMG_6119.JPG
永和商事側スタンド風景

IMG_6134.JPG IMG_6137.JPG
渡辺康も145キロを超える真っ直ぐ

IMG_6140.JPG IMG_6147.JPG
最後は服部(日体大)

IMG_6148.JPG
笑顔

IMG_6151.JPG
笑顔

IMG_6155.JPG

IMG_6156.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

【都市対抗東海二次予選】Honda鈴鹿4-2東邦ガス ホンダのハイブリッド

試合結果はコチラ→日本野球連盟HP

両チームとも新人を4番に据える世代交代の息吹。
お互い昨年は東京ドーム行きは逃しており、まさに新チームでの捲土重来を期す今シーズン。
果たして結果は、東邦ガスのミスにつけ込んだHonda鈴鹿がうまくチャンスを拾い、投げては右横手右腕の平井が10奪三振の完投勝利。
長野大会で優勝した勢いそのままに見事緒戦突破を果たしました。

この試合はやはりエース格へ成長した平井。
正直、ここまで投げられるとはと本当に驚きました。気合十分のナイスピッチングでしたね。
ルーキー畔上も結果を残しましたし、スタンドの一体感と相まって本当にいい雰囲気で緒戦を終えました。

ルーキー、若手、そしてスタンド。ちょっとベテランの味が足りませんが、
若い力で東京ドームへの切符を掴んでほしいと思います。

IMG_5978.JPG

IMG_5753.JPG
健大高崎で甲子園を沸かせた柘植世那は今季からホンダへ

IMG_5761.JPG IMG_5763.JPG IMG_5822.JPG IMG_5823.JPG
真っ直ぐは140キロ台中盤。終始安定していましたね

IMG_5772.JPG IMG_5773.JPG IMG_5776.JPG IMG_5777.JPG
東邦ガスはエース水田(明大)を立てました

IMG_5781.JPG
畔上(法大)が4番スタメン

IMG_5783.JPG
捕手で3番の飯田(中大)

IMG_5799.JPG
畔上のショートへのライナーがエラーを誘い先制

IMG_5817.JPG
キャプテン杉本の甲高い声が響きまくってました

IMG_5828.JPG
気合入ってます

IMG_5843.JPG
杉本(日大)がライトオーバーの当たりで一気にホームイン

IMG_5850.JPG
いい雰囲気

IMG_5868.JPG IMG_5874.JPG IMG_5884.JPG
5番でスタメンのルーキー石井(明大)。なかなかいいキャラ持ってそうです

IMG_5891.JPG
気合入ってます2

IMG_5898.JPG IMG_5899.JPG IMG_5907.JPG
蒔野(関学大)でワンポイント

IMG_5908.JPG
元西武などの今久留主コーチ

IMG_5972.JPG IMG_5914.JPG IMG_5974.JPG
豊川高校から2年目の田中空良

IMG_5925.JPG
杉本キャプテン攻守に光ってました

IMG_5930.JPG
ボークで1点追加

IMG_5919.JPG
ボークありサインミスありでちょっとしんどかった

IMG_5946.JPG
大島弟(愛大)が代走で出るも…

IMG_5950.JPG
いきなりの牽制死

IMG_5957.JPG IMG_5964.JPG
気合入ってます3

IMG_5968.JPG
泥だらけで内野安打をもぎとった畔上

IMG_5981.JPG
見事2失点完投勝利!

IMG_5990.JPG

IMG_5995.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

【都市対抗東海二次予選】トヨタ自動車12-0三菱重工名古屋(8回コールド) ロケット発射せず

試合結果はコチラ→日本野球連盟HP

トヨタ自動車が投打ガッチリ噛み合って磐石の第一代表決定トーナメント2回戦進出です。
この試合ではルーキー北村(亜大)がスタメンでしたが、攻守にとにかく効きまくり。
それに触発されてか同じく亜大からのルーキー藤岡、河原(早大)も結果を残し、まざまざと選手層の厚さを見せ付けました。
ベテランも残っているし、こういった若手も台頭してくるとますます楽しみです。
また、先発の佐竹(早大)も決してよくはなかったと思いますが、要所を締めて7回無失点。
もう11年目になりますが、この人の“エース感”たるや凄い。
申し訳ないけど、他のチームの投手はエースではなく主戦と言うか、試合を作る能力、マウンドでの佇まいなど、佐竹も凄みがついたなぁと思いました。

逆に三菱重工名古屋は菊地(富士宮東高)や水野(名商大)といったメンバーはいるのですが、ちょっと投打に軸が薄い感じかな。
その中で光ったのは高卒ルーキーの勝野(土岐商)でしょうか。高校出ながら183cm82kgの恵まれた体に真っ直ぐは145キロ。ピッチングとしてはこれからですが楽しみですね。
この辺りが目立つようでは、チームとしては苦しいのですけどね。

IMG_5582.JPG
エースは佐竹!

IMG_5530.JPG IMG_5533.JPG
先制は4番樺澤(東農大)のホームラン

IMG_5549.JPG IMG_5559.JPG IMG_5550.JPG
菊地は精彩を欠きあえなくKO

IMG_5565.JPG
今季から加入した元横浜他の細山田(早大)

IMG_5576.JPG
山田敬介(東北福祉大)が三塁に行くなどありましたが…

IMG_5567.JPG IMG_5568.JPG IMG_5689.JPG
佐竹の要所を締めるピッチング

IMG_5556.JPG IMG_5609.JPG
河合(法大)はさすがに人気あるなぁと思いました

IMG_5580.JPG
個人的にはこれを佐竹ポーズと呼んでます

IMG_5593.JPG IMG_5596.JPG
2番手に水野を投入も抑えきれず

IMG_5620.JPG
1番でスタメンの水野(国学大)

IMG_5640.JPG IMG_5637.JPG
3番手は伊藤久(日本福祉大)

IMG_5656.JPG
西納(富山大)を挟み

IMG_5663.JPG IMG_5664.JPG IMG_5671.JPG IMG_5672.JPG
5番手に高卒ルーキー勝野

IMG_5679.JPG
攻守に効いたルーキー北村

IMG_5702.JPG
6番でスタメン出場西潟(桐蔭横浜大)

IMG_5714.JPG
決定打を放ったルーキー河原右京

IMG_5720.JPG IMG_5721.JPG IMG_5728.JPG IMG_5730.JPG
6番手で登板した服部は日体大からのルーキー

IMG_5741.JPG IMG_5742.JPG IMG_5744.JPG
最後は地元中京大中京出身でもある竹内(慶大)が締めました
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【都市対抗東海二次予選】ヤマハ5-0ジェイプロジェクト 地力の差

試合結果はコチラ→日本野球連盟HP

中盤まではお互い譲らず拮抗したゲームでしたが、
じわじわとしたヤマハの圧力、池田の的を絞らせないピッチングを持って終盤に圧倒。
やはり長谷川雄や佐藤ツギオを一試合抑えきるのは難しい。
ジェイプロは終盤の守備のミスが響きましたね。
中野も持ち前の粘り強さを発揮しましたが、チーム全体として若さが出てしまったようでした。

IMG_5360.JPG IMG_5388.JPG
ジェイプロジェクトは中野(PL学園)

IMG_5374.JPG IMG_5375.JPG
ヤマハは池田(専大)の両先発

IMG_5361.JPG
ジェイプロジェクトの監督は元中日投手の辻本

IMG_5393.JPG

IMG_5377.JPG IMG_5400.JPG
4番を打つ捕手松田(日本文理大)。肩も強くていい選手だと思います

IMG_5411.JPG
均衡を破ったのは長谷川雄のバット(近大)

IMG_5415.JPG IMG_5417.JPG
元ヤクルト佐藤二朗(ワシントンルイス州立高)もベテラン

IMG_5423.JPG
2番手はぽっちゃり体型がウリ(?)の船木(東海大北海道)

IMG_5435.JPG IMG_5432.JPG IMG_5437.JPG IMG_5439.JPG
真っ直ぐ最速は146キロでした

IMG_5451.JPG IMG_5456.JPG IMG_5455.JPG IMG_5459.JPG
今日は池田

IMG_5462.JPG
充実感溢れてます

IMG_5465.JPG IMG_5467.JPG

IMG_5471.JPG

IMG_5482.JPG IMG_5486.JPG
ジェイプロ3人目は小森(中部大)

IMG_5491.JPG
4人目は笠原(石巻専修大)

IMG_5510.JPG

IMG_5517.JPG IMG_5521.JPG

IMG_5528.JPG
見事1安打完封でした!






















posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

【ベーブルース杯】NTT東日本5-3JFE西日本

2年振り都市対抗出場を目指すNTT東日本と、ベーブルース杯前年度覇者のJFE西日本の対戦。

NTT東日本 2 1 0 0 1 0 1 0 0 5
JFE西日本 0 0 0 1 0 0 0 0 2 3

NTT東)渡邊、沼田、末永、森山-上田
JFE西)陶山、藤井、藤谷-浦

写真での振り返りでどーぞ!

IMG_4636.JPG IMG_4637.JPG
JFE西は陶山(倉敷工)

IMG_4639.JPG IMG_4640.JPG IMG_4641.JPG
NTT東 渡邉(神奈川工科大)の両先発

IMG_4682.JPG

IMG_4688.JPG IMG_4690.JPG
JFE西は陶山を継いで藤井(東農大)、藤谷(天理大)

IMG_4652.JPG IMG_4664.JPG IMG_4654.JPG
NTT東の投手は表情が豊かな人が本当に多いと思う。
西武に入った小石なんかホントにこにこ投げてたしな

IMG_4702.JPG IMG_4708.JPG IMG_4703.JPG
2番手は沼田(立正大)

IMG_4711.JPG
やっぱり表情がある

IMG_4696.JPG IMG_4699.JPG
ま、監督からしてそうなんだからね!
飯塚監督はシドニーオリンピック代表経験者。
160cmそこそこですが外野やってました。

IMG_4724.JPG
北道(駒大)、

IMG_4728.JPG
目黒(上武大)が元気だとうれしい

IMG_4722.JPG

IMG_4735.JPG IMG_4741.JPG
最後はスピードボールを操る末永(帝京大)で逃げ切りを図るも失敗。
この末永を見れたのもうれしかった

IMG_4742.JPG
法本(三重中京大)のヒットがきっかけ

IMG_4743.JPG
あと一歩

IMG_4746.JPG
森山(東北福祉大)を投入し

IMG_4751.JPG
代打藤本(慶大)を討ち取り

IMG_4752.JPG
小さくガッツポーズ
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

【伊勢・松阪大会】JR東7-0フェデックス、パナソニック10-2王子、新日鐵住金かずさマジック3-1Honda鈴鹿

何年振りかの伊勢大会。
球場リニューアル後は初めてです。
では今更ながら選手写真を中心に

IMG_4047.JPG
白崎勇気(駒大岩見沢-駒大)

○パナソニック-王子

IMG_4048.JPG IMG_4050.JPG
大宮慎司(戸畑-九州共立大)
174cmのルーキーです

IMG_4052.JPG IMG_4055.JPG IMG_4059.JPG
主将・松元裕章(明石南-関西国際大)の一発

IMG_4060.JPG
横田拓也(沖学園-福岡大)はバランスよいショートで注目していきたいなと思います

IMG_4132.JPG
安部健太(倉敷-大商大)

IMG_4076.JPG
勝田直樹(東邦-立命大)

IMG_4086.JPG
榎本亮(京都学園-佛教大)

IMG_4092.JPG
花岡竜也(作陽-東北福祉大)とここまでルーキー三人リレー

IMG_4096.JPG
玉水健太は神戸国際大付からの8年目ですがサイドスローに

IMG_4101.JPG
宮崎啓佑(三本松-関学大)もベテランの域に

IMG_4112.JPG

IMG_4117.JPG
田中宗一郎(佐賀西-立大)が元気だと嬉しい

IMG_4127.JPG IMG_4129.JPG
田中篤史(平安-近大)は川口知哉の時にライトやってましたね

IMG_4132.JPG
最後を締めた鶴川将吾(明徳義塾-亜大)も甲子園のヒーロー

IMG_4138.JPG IMG_4139.JPG
ルーキー畑瀬聡史(関大北陽-関大)。スタンドに清水昭信スカウトが来ていましたが、そっくりなタイプですね

○新日鐵住金かずさマジック-Honda鈴鹿

IMG_4153.JPG
庄司輔(修徳-国学大)は好きな打者です

IMG_4161.JPG
ドラフト候補である大城戸匠理(寒川-法大)はいい選手だと思います

IMG_4169.JPG IMG_4170.JPG
先発はルーキーの橘朋晃(鞍手-日本文理大)

IMG_4181.JPG
ホンダはベテランになりました藤本瞬(今治南-徳山大)

IMG_4172.JPG IMG_4184.JPG
ルーキーの眞野恵祐(神戸国際大付-亜大)は大学時代キャプテンをやってたとかで元気があっておもしろい

IMG_4185.JPG
最後は日本代表に選ばれた中村毅(中京-亜大)
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

【社会人野球日本選手権】JR東日本7-6JR九州、Honda2-1JR東日本東北

ホンダ鈴鹿の前後の試合もちょこちょこと

JR東日本7-6JR九州(日本野球連盟HP)

1回戦屈指の好カードだと思います。
残念ながら飯田の登板は見れませんでしたが、
東日本では東條、九州は菊地を少し。

東條は桐光学園-青山学院大のルーキーですか。
力みのないサイドハンドから140キロ超の真っ直ぐでなかなかおもしろいですね。
もっとも最後は力んでしまい1点差まで詰め寄られましたが、先々楽しみな投手です。
西武に入った十亀とはまた違ったタイプかな。

2120.JPG 2123.JPG
【東條】

菊地は大柄な右腕ですが、
どちらかというとコントロールを意識しての丁寧な投球か。
逆玉もたまにありましたが、粘り強く投げていましたね。
来年に期待です。

2113.JPG 2116.JPG
【菊地】

2127.JPG
【オリックスに指名された西野は2番セカンドで4打数1安打】


Honda2-1JR東日本東北

何だか久しぶりのホンダです。
小手川や多幡などおなじみのスタメンでしたが、
ミスター社会人西郷はベンチ。
今年のドラフトでは川相や近藤真一の息子さんが話題になりましたが、
ホンダは篠塚の息子さんと、長島カズシゲ選手が在籍中。

さて、ホンダの先発は石橋。
拓殖大学の頑張ったエースだ!という記憶。
ただ小柄ですがボールに力があり実に投げっぷりがいいですね。
社会人で言うと日産自動車-住金鹿嶋の石田に似てるかなぁ。
さすがに全国大会の緒戦を任されるだけありますね。

2263.JPG 2264.JPG 2292.JPG 2266.JPG
【石橋】

対するJR東日本東北の西村もなかなか角度のあるいいサウスポーですね。
初回、ミスで失点をしましたが、間違いなく1点を争う好ゲームになる予感がする両投手の立ち上がりでした。

2278.JPG 2281.JPG 2283.JPG
【西村】

そしてそしてこの日最も目を奪われたのは、
ホンダのルーキー捕手山崎。関学大出身。
168cmと小柄なのですが、全身を使っての声出しや肩の強さ、
そしてリズムの良さと、ホントいいです。
こういう選手がいるから社会人を見てて飽きないところ。
この選手、これからが本当に楽しみです。
2305.JPG

2296.JPG
【あれ?マニキュア黄色ですか?】

2267.JPG 2290.JPG
【指名漏れとなったホンダの阿部。来年に期待しましょう】



posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【社会人野球日本選手権】明治安田生命5-4Honda鈴鹿 メンテナンスに入ります。

今年の野球シーズンもいよいよフィナーレ。
プロ野球のドラフト会議も終了し、
社会人野球界はまさにチームの集大成、
悲喜交々あるやなしやの日本選手権大会です。

明治安田生命5-4ホンダ鈴鹿(日本野球連盟HP)

2157.JPG
【ホンダ鈴鹿は土肥(ヤクルト6位)】

2150.JPG 2151.JPG
【明治安田生命は大久保。高校は大久保が花咲徳栄、土肥が埼玉栄で同級生なんですね】

ホンダ鈴鹿は今回のドラフトでは、
土肥(ヤクルト6位)、守屋(阪神4位)の二投手が指名されました。

先発はその土肥。
今年のホンダ鈴鹿の大黒柱であり、夏の都市対抗では2試合の先発マウンド。
140キロ台の真っ直ぐを武器に粘りの投球が持ち味ですが、
この日は5回2/3を9被安打3奪三振2失点。
元々イニング数を少し超える被安打と少し超えない奪三振という内容が多い土肥ですが、まさに真骨頂とも言える数字が並びました。

立ち上がりに脆さがあったり、そう三振をとっていくタイプでもないので、ヤクルトではどのような方針で育てられるかによるのではないでしょうか。
個人的には、140キロ超というスピードに期待するより、
オリックスの川越やちょうど来季からコーチになる成本のような、怖さはなくとも丁寧な投球をする投手に育っていってくれたらと期待しています。
まだまだ素材だと思います。


2159.JPG

2172.JPG
【このバッテリーもこの試合で最後】

守屋の出番は7回。
1点リードの二死1,2塁の場面でした。
最初の打者に死球を与えて満塁。
次打者には2-2から内を狙った真っ直ぐを打たれ走者一掃の3ベース。

真っ直ぐ自体は143〜145キロは出るのですが、
これが安定して投げられるようになれば、ステップは上がるのでしょうね。
まぁ、向こうっ気の強そうな、いかにも工業高校出身で3年目でのし上がってきたというタイプ。
適正は中継ぎだとは思いますが、そう焦る必要はないでしょう。
最初はプロのボールにビックリするかも知れませんが、自分の特徴を見失わずやってほしいですね。

2240.JPG 2250.JPG 2241.JPG
【守屋(阪神4位)】


そしてこの二投手とは対照的に指名漏れとなったのが捕手の飯田。
常総学院-中央大学と歩んできていよいよ今年こそはの意気込みでしたね。
プロのスカウトはみんなずいぶん長いこと知ってると思うんですよ。
肩は強い、バッティングも長打がある。
この日も勝ち越しの右中間3ベース。
リードはとにかく勝ち気。引っ張るのがよく見える。
いいキャッチャーだと思いますよ。
ただ、そこがプロの評価としてどうかというのは正直ある。
リードというのはプロに入ればとにかくイチからですからね。

そんな飯田もやはり落胆の色が隠せなかったように見えました。
やっぱり今年のホンダは飯田に元気がなくては始まらない。
「今年指名されなければ野球をやめる」とのことですが、
まだまだ見ていたいので続けてほしいものですが…。

2192.JPG 2196.JPG
【飯田の一時は勝ち越しとなるタイムリーも】

プロに行く二投手がピリッとしない、飯田にも元気がない。
そういう中でチームとしてよく粘った方だと思います。
それは都市対抗でも1勝を挙げ、日本選手権にも出てきているというチームの成長や自信でしょうね。
来季はガラッと編成が変わるかと思いますが、今シーズンの数々の経験を是非活かしてほしいと思います。

2185.JPG
【新人の宮崎が打者一人をきっちりと】

2209.JPG 2220.JPG
【3番手の岡本がピリッとせず】

2234.JPG
【久保は見事な左殺しを見せました】

2203.JPG
【よく入った方だと思います】

2161.JPG
【大城戸にはチームの中心へと成長してほしい】

2199.JPG 2201.JPG
【明治安田生命2番手はベテランの域に達した古田】

2229.JPG
【智弁和歌山-早大の本田もまだ元気】

2255.JPG
【5番竹内一の3点3ベースが決勝打】

2257.JPG 2261.JPG
【明治安田生命が緒戦突破】







posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

【東海地区2次予選】西濃運輸が第一代表で3年振りの東京ドームへ

都市対抗野球・東海地区予選もいよいよ終盤戦。
本日、まず一つ目の代表チームが決定しました。

西濃運輸220 042 000=10
東海REX000 060 001=7

西)山下、六信、前田-森
東)武石、阿部、水越-高田、佐竹

HR)谷(5回満塁)、阪本(6回2点)

IMG_2700.JPG

DCIM1041.JPG

レギュレーションが毎年のように変わる東海地区ですが、
今年は最初からトーナメントの勝ち抜き制。
西濃運輸は三菱自動車岡崎から始まりジェイプロジェクト、ホンダ鈴鹿と破り、
今日新日鐵住金東海REXを下し、つまり4連勝で一気に名乗りをあげたわけです。

IMG_2708.JPG

比較的選手の入れ替わりが激しいチームですが、
今日の試合では4番の伊藤、先発の山下、2番手・六信、そして、満塁弾の谷がルーキー。
そこに阪本(20年目)、東名(10年目)、前田(13年目)らベテランもしっかり存在感を発揮する。

ここ2年東京ドームから遠ざかっているとはいえ、
チームとして非常に成熟度の高い、第一代表にふさわしい力があると感じましたね。

IMG_2683.JPG IMG_2686.JPG
【投げては前田。最速145キロでした】

IMG_2669.JPG IMG_2671.JPG
【20年目阪本の一発が効きました】


大して新日鐵住金東海REXは、一時8点差をつけられながらも脅威の粘りで、
最後の最後まで魅せてくれました。

投手は左腕・畠山の台頭など粒も揃ってきた感じですし、野手も4番の加藤がしっかりしてる。
そして何といっても客席を埋め尽くす大応援団ですよね。
これは本当に選手の力になると思います。

DCIM1037.JPG

恐らくですが、会社が統合され、バックアップ体制も充実したものになっているのではないでしょうか。
選手の所属を見ても、本当に新日鐵住金(もしくは関連会社)の所属が増えたと思います。
今のような雰囲気が続けば、かずさマジックのように全国大会での躍進もあるかも知れませんね。

IMG_2680.JPG
【愛知大からのルーキー水越の好投が光り】

IMG_2690.JPG
【最後まで粘りの野球】


第一代表決定戦は初めてでしたが、
今回トーナメントということもあってか本当に「決勝戦」といった雰囲気でよかったですね。
戦いはまだまだこれからですが、この試合同様熱戦が続けばいいですね。

IMG_2695.JPG
【では歓喜の表情を】

IMG_2703.JPG

IMG_2724.JPG




posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

【2014ベーブルース杯】東邦ガス17-12JR東海 前哨戦だから・・・?

今月末から都市対抗二次予選が始まる東海地区。
いよいよ社会人野球のシーズンとなってきました。

5月に行われるのベーブルース杯は、
優勝チームには日本選手権出場権が与えられる、
社会人の中でも主要大会の一つです。

その中、長良川球場二日目の第一試合は、
東海勢対決の東邦ガス-JR東海の対決。

結果は…
J614 000 010=12
T620 501 30X=17

J)柿田、佐藤慶、山田−江口
T)山田、西、蒔野、長坂−鶴岡
本)堀尾、河合(J)、若林(T)

近年はともに全国の舞台でも上位に顔を出す両チーム。
今年も本戦出場にはお互い無視できない相手、ですが、
さすがに手の内を見せあうほど甘くはありません。

投げた投手、柿田、両山田は1年目、佐藤慶、蒔野は2年目です。
蒔野は昨年東京ドームのマウンドを踏んでいますし、長坂は9年目のベテラン。

しかし、投げる投手は若手、でも打つ方はレギュラークラスとなれば、
さすがにこれは酷いですが、ある程度荒れ始めたら止まらなくても仕方ない。
お互いミスも多すぎましたね。

東邦ガスは、宇津野が好調みたいでよく振れてましたし(岡山大会首位打者だったかな)、
ベテランとなる山本明大、松下、南、荒川と役者は揃っている感じです。
そして東海地区のショートで最も好きな小野(岐阜中京-亜大)。
この人が繋ぎ役として機能すれば面白そうですね。

IMG_1859.JPG
きっちり試合を締めたベテランの長坂

JR東海は秋葉や菅野に続く投手を作りたいところですが、
この試合では残念な結果となりました。
3番手で投げた山田(専大)は県岐阜商で夏ベスト4まで行った体の大きな投手です。
真っ直ぐは140キロ程度で空振りが取れる球質というわけではなさそうなので、
ストライク先行で行かないと厳しいかな、というところ。
荒れた展開で気の毒だったですが、ストライクを取りに行ったところを打たれるという洗礼を浴びた形になりました。

IMG_1867.JPG
ルーキー山田はまだまだ勉強

さて、予選はもうすぐです。
ガスは2012年に選手権でベスト8、
JR東海は2011年都市対抗ベスト8と、
両チームとも今年は東海地区でも強豪となるかどうかの大事なシーズンだと思います。
投手の軸はいるだけに、お互い好結果を期待したいですね。
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

【11/13日本選手権準決勝】JR九州1-0JX-ENEOS 芯の強さ

今シーズンの締めくくりには最高の2チームです。

10.11.13 294.jpg
【スタメン。アジア大会参加のため池辺はいません】

JR九州、やっぱり大好き。
チームとしてのまとまりや球際の強さは、
見ていても本当に気持ちがいい。

10.11.13 293.jpg

10.11.13 306.jpg

ENEOSだって、
先の岩崎達郎の時に目立っていた、
坂下真太(東海大相模)や平田大門(駒大)が元気。
加えて、先発は当時と同じベテランの広瀬(愛知学院大)。
まさかここで広瀬を見れるとは!です。

10.11.13 301.jpg

今大会は二人のルーキー左腕、
大城(名桜大)と倉又(亜大)で勝ってきただけに、
ここでのベテラン健在はうれしかったですね。

10.11.13 298.jpg

さらに6年目の沼尾(文星芸大附)や4年目の永棟(拓大紅陵)というサウスポーがいるわけですが、指導するのは日本ハムで活躍し、最後は中日で打撃投手を務めた高橋憲幸コーチなんですね。

毎年サウスポー投手を獲ってきてはモノにしているというのは、高橋コーチの手腕が大きいのかなぁなどと思います。
大学時代故障の多かった倉又の獲得を大久保監督(この人は元近鉄)に進言したのも高橋コーチなのだとか。

10.11.13 014.jpg
【大城基志】

でも指導と言えば、
JR九州の吉田監督ですね。
何でも練習量は他チームの追随を許さないとか。
今でもオリックスの小松らOBが自主トレなどでも訪れますもんね。

10.11.13 308.jpg 10.11.13 313.jpg
【先発は米藤】

藤島(九州東海大)や宇多村(九州国際大)の勝負強さや、
田中マルシオ敬三(東農大)の守備力の高さ、
濱野(国士舘大)、米藤(福岡大)と中野(東洋大)の強気などなど。
毎年毎年どこまで成長しているのだろうという楽しみが尽きません。

加えて、ほとんどが地元出身選手で構成されているというのが、またいいんですよね。

10.11.13 024.jpg
【ほんと、いいバッテリーだなぁと思います】

10.11.13 007.jpg
【一体感があって好きです】

10.11.13 323.jpg
【濱野も社会人球界を代表する投手】

この日も、
米藤、濱野が再三のピンチを切り抜け、
打っては藤島のソロのみ。
本当に重っ苦しい、タフなゲームだったですけど、
何だか自信を持って勝ちきっちゃった。

10.11.13 034.jpg

10.11.13 032.jpg

夏も見れたけど、
やっぱりいいですね。

10.11.13 039.jpg

10.11.13 043.jpg

10.11.13 052.jpg
【一生懸命声を出して応援するマスコットさんの表情が何とも言えません】


ただENEOSもアジア大会で池辺がアジア大会でいなかったんですよね。
ベストメンバーだったらまた違っていたのかどうか。

10.11.13 020.jpg
【1点が遠かった】

また、2番手で投げたルーキの大城がいいですねぇ!
172cm63kgとサイズはありませんが、
140キロに迫る真っ直ぐと、キュッと曲がるカーブはキレ味抜群で恐ろしいぐらいでした。
確かに一発は打たれましたが、
逆に打たれたのはその一本だけ。
角度はあるし「怖い」と思うボールを投げる投手は久しぶりに見ましたね。

このピッチャーはちょっと追いかけたいなぁと思いました。

10.11.13 019.jpg


10.11.13 021.jpg
【打つ方では3年目の井領(桐蔭学園)も目立ちました】


さて、これで今シーズンの生観戦も終わり。
今年は代表決定戦まで見れて、ある程度満足のいくシーズンでした。
来年はまだ見たことのないチームを1つでも多く見たいし、
最後の最後で出会った大城のような、いい出会いがあればいいと思います。
来年も「見れるときは見る」ってことで。
長野は何度か見たけど、野本を見れなかったのは今でも少し後悔してるので。。

最後に課題はドームでの写真の撮り方ですね(笑)
オフの間に勉強しまふ

10.11.13 055.jpg
【今年もありがとうございました】
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする