2022年11月20日

【第10回 愛知県高校野球1年生大会 準決勝】愛工大名電3-2大府 あと一歩

準決勝第2試合はタイブレークの末、愛工大名電の勝利。
名電は第5回大会以来の決勝進出。
大府は残念ながらこの大会初の決勝進出とはなりませんでした。

大府
000 000 010 1=2
000 000 001 2=3
愛工大名電

大)長野−武輪
愛)大泉、伊東−板倉、板野

大泉、長野のしびれる投手戦。
負けはしましたが、とにかく大府の長野の投打に亘る活躍が光りました。
球持ちのいいフォームからの真っ直ぐを軸に、名電打線を9回まで無失点に。
9回、きっちり追い付いてくる名電打線もさすがですが、
甲子園メンバーも含む相手にあと一歩まで追い詰めました。

また、8回の先制も自らヒットで出て、スクイズで返ってくるという、
正にこのチームの中心選手としての躍動でした。

大府打線としては、ホームでの憤死が3度ありましたが、
ここは1点が遠い中では仕方がないところでしょうね。
チャンスは多くはありませんが、それだけよく攻めました。

また愛工大名電としては、本当に負けない野球ですね。
この粘りが1年生チームでもしっかり発揮されるのが凄いところです。
先発した大泉は2ケタ奪三振。
2番手のエースナンバー伊東は140キロに迫る剛速球。
共に先の秋季県大会でも見ましたが、本当に先が楽しみですね。


これで決勝は享栄と愛工大名電。
最近県大会では終盤でよく当たる両校ですが、
まずここではどちらに軍配が上がるのかですね。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg 6.jpg 7.jpg 8.jpg 9.jpg
8回途中まで好投を見せた大泉

10.jpg

11.jpg
キレイなフォームが特徴です

12.jpg

13.jpg 14.jpg 15.jpg 16.jpg 17.jpg
長野

18.jpg

19.jpg

20.jpg

21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg

25.jpg

26.jpg

27.jpg

28.jpg
伊東

29.jpg

30.jpg 31.jpg 32.jpg 33.jpg
将来性溢れる右腕

34.jpg

35.jpg

36.jpg

37.jpg

38.jpg

39.jpg

40.jpg

41.jpg

42.jpg

43.jpg

44.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック