2021年06月05日

【2021.6.5 社会人日本選手権東海予選】王子6-2JR東海 立ちはだかるエース

東京オリンピックの影響で、
今年は6月下旬から行われる日本選手権。
昨年も夏、秋入れ替わった日程でしたが、日本選手権は中止。
実に2年振りの本大会への出場を目指して予選もたけなわ。
既にトヨタ自動車、東海理化、ヤマハは出場権を得ている為、
9チームが参加して3つの枠を争います。

本日の第一試合は、
昨年共に都市対抗出場を逃した王子、JR東海の一戦。
この試合は負けてもまだ敗者復活がありますが、
当然勝って明日の第二代表決定戦へと進みたいところ。

ここで大きく立ちはだかったのが王子・近藤(関大)。
やはり大きな試合となればこの人。
9年目となりすっかり風格も出てきました。
中盤まではややピリッとしない投球でしたが、中盤からは尻上がりに調子を上げ、結果的には9回2失点の完投勝利。
真っ直ぐこそ130キロ台後半がほとんどですが、しっかりコーナーに投げ分け打者へ圧力をかけつづけました。

また、エースが踏ん張れば同じくベテランの伊礼(九州共立大)、広島から復帰の船越(市立柏高)の一打で一気に逆転。
まさに投打の軸がしっかり噛み合った形で次へ繋げました。

対してJR東海ですが、
ここは近藤にしてやられたとうまく切り替えができるかどうかでしょうか。
ここから2連勝と道は険しいですが、最後の意地を見せてほしいところです。
(また王子との再戦の可能性もありますね)

DSC00626.JPG

DSC00532.JPG DSC00533.JPG
JR東海は喜久川(関東学院大)

DSC00541.JPG

DSC00514.JPG
元中日・中田(亜大)

DSC00539.JPG

DSC00552.JPG DSC00553.JPG

DSC00562.JPG
伊礼

DSC00570.JPG DSC00571.JPG
船越の一打

DSC00575.JPG DSC00576.JPG DSC00577.JPG

DSC00567.JPG

DSC00611.JPG DSC00613.JPG
伊藤寛士(法大)

DSC00622.JPG

DSC00630.JPG

DSC00632.JPG

DSC00634.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 23:03| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。