2019年09月16日

【2019.9.16 ウエスタンリーグ公式戦】中日ドラゴンズ4-9阪神タイガース 高校BIG3だとか開幕投手だとか

プロ野球シーズンもいよいよ最終盤。
一軍二軍共、残り試合は数えるほどになりました。
残りのシーズンで少しでもチャンスを掴もうとするもの、
プロ野球選手に別れを告げるもの、来季を見据えるもの。
さまざまな感情が入り混じるこの時期です。

阪 神 162 000 000 = 9 12H 3E
中 日 010 200 001 = 4 9H 4E

阪神)藤浪(6)、福永(1)、歳内(1)、高野(1)-長坂
中日)勝野(1.2/3)、濱田(1.1/3)、ブリトー(1)、笠原(1)、伊藤準(1)、佐藤(1)、田島(1)、浜田(1)-桂、杉山

この試合、阪神は復活を期す藤浪が先発。
6回を投げて8安打6奪三振3失点。
課題である制球力は亀澤への死球1つという結果でした。
初回こそ最速154キロをマークするなどスピードボールが目立ちましたが、
2回以降は丁寧にまとめあげたというところでしょうか。
ただ、相手打線も右打者は捕手の桂だけという状態ですし、どこまで課題解消かと言うと、よくわからないところもありますね。
昨年の大野もそうですが、ただファームで登板機会をこなしているだけというか、今ひとつどのようにシーズンをクローズしていくのか見えない感じではありますね。

また、試合途中には大谷翔平と共に高校BIG3と称された濱田との投げ合いとなる場面も。
濱田もスピード自体は140キロ前後を計時し、ボールそのものは戻ってきているのだと思います。
後はケガをする前からそうですが、アウトの取り方ですね。
制球力も弱いけど、こういう形で打者を打ち取るという道筋が見えないので、どうしても粘られると根負けをしてしまう。
見ていても、初登板初完封のピッチングに憑りつかれているような、そんな風にも見えてしまいました。


打つ方では3番ショートの根尾が3安打1打点。
しっかり真っ直ぐを叩いたかと思えば、最終打席ではきっちり三遊間。
早いカウントから勝負に行けるのはいいことだと思いますし、打球も上がるようになってきましたね。
物怖じするタイプでもないと思いますが、高校の先輩である藤浪に積極的に行けるあたり、さすがの心臓だと思います。
ただし、守備では送球エラーが2つ。
どうしても動きがある中でのスローイングはまだまだ課題というところでしょうかね。


IMG_1650.JPG

IMG_1580.JPG
スタメン

IMG_1571.JPG
武山と岡崎。
1学年違いですが、もうベテランの域です

IMG_1574.JPG
1塁スタメンの溝脇とA.マルティネス

IMG_1582.JPG
前髪と襟足

IMG_1583.JPG
ふぁさ〜

IMG_1585.JPG
いろいろな選手に声掛けして、偉いと思います。A.マルティネス

IMG_1587.JPG IMG_1589.JPG IMG_1593.JPG IMG_1594.JPG
先発はルーキー勝野でした。
真っ直ぐはキレがありますが、如何せんストライクとボールがはっきりしすぎました。
特に変化球が高めに浮く。
真っ直ぐは多くがベルト付近、となればやっぱり狙われます。
ベルト付近に集まるには悪くはありませんが、そこから落とす、曲げるなど工夫がもっと見たかったですね。
悔しいマウンドになりました。

IMG_1598.JPG
熊谷は右打ちに専念

IMG_1604.JPG IMG_1613.JPG
2年目の島田海吏
近本にぐっと出られちゃいましたが、この人も一軍定着を果たしてほしい選手です。

IMG_1617.JPG IMG_1630.JPG IMG_1620.JPG IMG_1623.JPG IMG_1621.JPG
藤浪

IMG_1641.JPG IMG_1644.JPG

IMG_1649.JPG IMG_1651.JPG
根尾の第一打席は右中間を破る3ベース

IMG_1652.JPG

IMG_1654.JPG IMG_1658.JPG

IMG_1661.JPG IMG_1662.JPG

IMG_1667.JPG

IMG_1668.JPG
グラブで1塁を守る溝脇

IMG_1672.JPG
変則シフトではありません

IMG_1673.JPG
2番手は濱田

IMG_1676.JPG IMG_1674.JPG IMG_1675.JPG

IMG_1680.JPG
友永はこの構えから

IMG_1683.JPG IMG_1684.JPG

IMG_1685.JPG
ライト前へのタイムリー

IMG_1687.JPG IMG_1688.JPG
2イニング目に2失点

IMG_1690.JPG IMG_1691.JPG
高校BIG3の投げ合いに

IMG_1697.JPG
ブルペンからの暴投で

IMG_1698.JPG IMG_1699.JPG IMG_1700.JPG IMG_1701.JPG
2打席目はセンター前へ

IMG_1708.JPG IMG_1709.JPG IMG_1713.JPG IMG_1714.JPG
3番手は育成枠ブリトー
1イニング無失点でしたが、真っ直ぐは最速で141キロほど。
来季はどこにいるのでしょうか。。

IMG_1712.JPG

IMG_1718.JPG
高卒ルーキー小幡。
バットで存在感

IMG_1720.JPG

IMG_1725.JPG IMG_1727.JPG

IMG_1730.JPG IMG_1732.JPG IMG_1733.JPG IMG_1736.JPG IMG_1735.JPG
笠原は1回無失点。
開幕投手を務めたシーズンでしたが、病気もあり苦しみました。
この日は真っ直ぐ、チェンジアップのコンビネーションという持ち味は発揮しましたが、改めて長いイニングを投げられるよう感覚を取り戻していくことでしょうね。

IMG_1737.JPG IMG_1738.JPG
溝脇と島田は九州学院の先輩後輩。
先ほどの間違い探しではありませんが、試合途中からA.マルティネスのファーストミットを使用しています。

IMG_1739.JPG

IMG_1744.JPG IMG_1747.JPG
伊藤準規はこのほど復帰してきました。
8月のピッチングは素晴らしかったですが、まだまだ戻ってきている段階という感じでしたね。

IMG_1748.JPG IMG_1749.JPG IMG_1750.JPG

IMG_1753.JPG IMG_1754.JPG
佐藤
昨年抑えも務め、今季は非常に入り方が難しいシーズンだったと思います。
器用であり不器用といいますか、しっかりと本人と首脳陣がどこのポジションがやりたいか、または合っているのか。
しっかり詰めてやっていってほしいですね。

IMG_1760.JPG
2番手福永は150キロに迫る力強いボールが光りました。
体型や投球スタイルなど、以前40番を付けていた桟原を思い出しました。

IMG_1762.JPG
田島

IMG_1765.JPG
ベテラン岡崎は代打で登場

IMG_1768.JPG IMG_1769.JPG IMG_1772.JPG
歳内は1回を完璧に抑えました。
真っ直ぐも140キロ台中盤と力がありましたね。

IMG_1775.JPG IMG_1778.JPG

IMG_1781.JPG IMG_1787.JPG IMG_1788.JPG
最終回は浜田が1回無失点

IMG_1791.JPG IMG_1792.JPG
最終回は高野でしたが

IMG_1803.JPG
代打武田に死球を与え

IMG_1810.JPG IMG_1811.JPG
根尾のタイムリー

IMG_1812.JPG

IMG_1814.JPG

IMG_1815.JPG
今シーズン最後のタイガース戦でした

IMG_1816.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:08| Comment(0) | +ドラゴンズファーム+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。