2018年10月21日

【10/21 高校野球秋季東海大会:津】中京大中京(愛知県2位)4×-3菰野(三重県1位)

菰野高校のエースで4番、岡林勇希。
兄は昨年の育成ドラフトで広島に入団しており、本人もU18の一時候補に選ばれるほど評判の投手です。
相手中京大中京のエースは左腕板倉くん。
この二人、中学時代は同じシニアチームでプレーしていたとのこと。

岡林は豪快なフォームから140キロを超える真っ直ぐ(最速は149キロでした)を投げ込み、対する板倉はサイドから120キロほどの真っ直ぐ、緩い変化球でコーナーを突く丁寧なピッチング。
両極端な二人の投げ合いとなりました。

試合は菰野がフォアボールやエラーなどで終始ピンチを迎える展開に。
最初の1,2度は切り抜けましたがそうそう何度もやられてはくれません。
4回に一挙3失点。
しかし、打線も粘りを見せます。
5回に2点を返すと、6回には犠牲フライで同点。
とここまではよかったのですが、やはり追い越せないとなかなか苦しい。

最後はその板倉にセカンド強襲ヒットで2塁を取られ、
8番関岡くんのタイムリーで勝負あり。

中京大中京は1年生右腕・高橋くんが粘りの投球で相手に流れを渡しませんでした。
この投手も180cmを超える長身、最速は140キロ超と素質たっぷり。

岡林は打っては4番ですが、この日は音無し。
何度も何度もピンチを切り抜ける姿は胸を打つものがありましたが、
正直守備力など、ちょっとこの人ひとりに負担を掛けすぎたかなという印象でしたね。
逆に柱はしっかりしたチームなのですから、来年夏に向けてどう成長していくか楽しみです。

IMG_7136.JPG

IMG_7033.JPG
スタメン

IMG_7036.JPG IMG_7037.JPG IMG_7041.JPG
中京大中京・板倉

IMG_7058.JPG IMG_7059.JPG IMG_7064.JPG IMG_7067.JPG IMG_7071.JPG IMG_7065.JPG
岡林
練習でいきなり140キロ超を出しどよめきが起こりました

IMG_7045.JPG
打っては4番です

IMG_7091.JPG
犠牲フライで同点

IMG_7099.JPG
2番手・高橋
楽しみな投手です

IMG_7103.JPG
4番を打った尾崎くん

IMG_7106.JPG

IMG_7127.JPG IMG_7129.JPG
最後はサヨナラ

IMG_7132.JPG
呆然です

IMG_7137.JPG
最後、板倉と握手していたのが印象的でした

IMG_7097.JPG

IMG_7072.JPG IMG_7088.JPG

IMG_7138.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:01| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。