2018年09月23日

【9/23 秋季三重大会準決勝】三重8-2海星、菰野3-2津田学園

夏の余韻から早くも秋、そして来年春のセンバツへ向けて。
三重県大会はベスト4が出揃い、勝てば東海大会進出が決まる準決勝です。

第1試合は三重が海星を、
第2試合は菰野が津田学園を下しそれぞれ東海大会へと駒を進めました。
敗れた2チームは、3位決定戦へと向かいます。

IMG_6684.JPG

〇第1試合:三重8-2海星

この夏は初戦敗退となった三重高校。
秋もノーシードからの戦いとなりましたが、春のセンバツを経験している選手も多く、地力があるところを見せてくれましたね。
昨年は3番目の選出から見事センバツではベスト4に輝きました。
大事な準決勝でしたが、地元松阪で弾みをつけて、昨年に引き続いての快進撃を期待したいですね。

一方海星はここ1本が出ずに完敗となってしまいました。
チャンスは作れていましたし、守備の堅さも見せてくれましたので、
今度は地元に帰って、2年振りの東海大会切符を掴んでほしいと思います。

IMG_6533.JPG

IMG_6541.JPG

IMG_6536.JPG

IMG_6550.JPG IMG_6548.JPG

IMG_6553.JPG

IMG_6568.JPG IMG_6565.JPG IMG_6570.JPG

IMG_6574.JPG

IMG_6579.JPG IMG_6585.JPG

IMG_6593.JPG



〇第2試合:菰野3-2津田学園

菰野・岡林、津田学園・前の白熱の投手戦となりました。
まず津田学園が岡林の立ち上がりが不安定なところを叩き2得点。
先制を許した後、ここからが岡林の真骨頂でした。
徐々に調子を上げていくと、打線も終盤に奮起。
津田学園の守備のミスも重なりましたが、プレッシャーのかかる場面での集中打は見事でした。

岡林も上背こそありませんが、さすがU18一次候補に選出されただけありますね。
ダイナミックなフォームですが、3ボールからでも簡単に変化球でストライクを取るなど、非常にセンスも感じます。
ピッチャーらしいピッチャーと言いますか、東海大会でもどこまでやれるか楽しみですね。

また津田学園の前も180cmを超す長身で、柔らかさがある右腕です。
まだまだ投げるだけという印象ですが、こういう体をうまく使って投げてくる投手というのは三重県では珍しいのではないでしょうか。
それこそ、相手の菰野高校OBの西(オリックス)のような、ちょっと追いかけてみたいなぁという感じですね。

津田学園は選手のサイズもありますし、このチームもどのように伸びていくか楽しみです。

IMG_6596.JPG IMG_6603.JPG IMG_6597.JPG

IMG_6619.JPG IMG_6621.JPG IMG_6622.JPG IMG_6627.JPG

IMG_6606.JPG

IMG_6649.JPG IMG_6653.JPG IMG_6658.JPG IMG_6655.JPG

IMG_6643.JPG

IMG_6672.JPG IMG_6674.JPG

IMG_6679.JPG IMG_6686.JPG

IMG_6689.JPG

IMG_6692.JPG

IMG_6700.JPG


〇松阪球場
IMG_6556.JPG

IMG_6524.JPG

IMG_6555.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:36| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。