2018年08月19日

【8/19 ウエスタン公式戦】D1-3T デビュー

勝負の夏、真価が問われる夏。
ドラゴンズはドラフト2位ルーキー石川翔が初登板初先発。
先頭打者に四球を与えましたが、奪三振2つの上々のデビュー戦。
そして継いだのは同じく6位・山本拓実。
こちらは既にファームでも10試合以上に登板しており、4回を2失点にまとめました。

打線では、タイガースの投手リレーの前に僅か1点でしたが、
最近好調の石岡や、野本、阿部、松井佑ら中堅、ベテランが存在感。
また、5位・伊藤康も2番ライトでフル出場を果たしました。

現状、1軍は苦しい戦いが続いています。
高卒ルーキーのデビューもなかなか難しい状況かも知れませんが、このような活躍に引っ張られ、よりファームが活性化していけばいいなと思います。

IMG_4982.JPG

■試合結果
T000 200 010 = 3
D000 000 100 = 1

T)〇青柳、谷川、高橋聡、島本、S伊藤和 - 長坂
D)石川翔、●山本拓、福、祖父江、ロドリゲス、田島 - 杉山

盗塁)板山(4回)
暴投)青柳(1回)


タイガース
(右)江 越
(二)荒 木
遊 熊 谷
(指)西 岡
打指 緒 方
(遊二)板 山
(左)高 山
(三)今 成
三 森 越
(一)山 崎
一 西 田
(捕)長 坂
(中)島 田

ドラゴンズ
(中)友 永
打 A.マルティネス
投 田 島
(右中)伊藤康
(二)溝 脇
(指)野 本
打指右 松井佑
(一左)石 岡
(遊)阿 部
(左)渡 辺
打一  谷
(三)石 垣
(捕)杉 山

《打席結果》
タイガース
1回
【石川翔】
江越-四球
荒木-空三振
西岡-一ゴ
板山-空三振

2回
【→山本拓】
高山-空三振
今成-遊邪飛
山崎-四球
長坂-空三振

3回
島田-一ゴ
江越-捕邪飛
荒木-右飛

4回
西岡-四球
板山-中
高山-三振
今成-右安(2)
山崎-二ゴ
長坂-四球
島田-中安
江越-空三振

5回
熊谷-空三振
緒方-右飛
板山-空三振

6回
【→福】
高山-左飛
森越-四球
西田-空三振
長坂-四球
島田-二ゴ

7回
【→祖父江】
江越-空三振
熊谷-二ゴ
緒方-左飛

8回
【→ロドリゲス】
板山-遊ゴ
高山-空三振
森越-左二
西田-中三(1)
長坂-空三振

9回
【→田島】
島田-空三振
江越-空三振
熊谷-空三振

ドラゴンズ
1回
【青柳】
友永-左安
伊藤康-空三振
溝脇-二ゴ
野本-左邪飛

2回
石岡-空三振
阿部-右飛
渡辺-空三振

3回
石垣-中飛
杉山-三ゴ
友永-二ゴ

4回
伊藤康-右邪飛
溝脇-空三振
野本-中安
石岡-遊ゴ

5回
阿部-三振
渡辺-投ゴ
石垣-空三振

6回
【→谷川】
杉山-一飛
友永-一ゴ
伊藤康-三振

7回
【→高橋聡】
溝脇-二ゴ
松井佑-右安
石岡-右二
阿部-中安(1)
谷-三ゴ
石垣-空三振

8回
【→島本】
杉山-中飛
Aマルティネス-三振
伊藤康-遊ゴ

9回
【→伊藤和】
溝脇-遊邪飛
松井佑-一飛
石岡-三振

《投手成績》
青 柳 5回 17打者 2被安打 6奪三振 0四死球 0自責点 最速145キロ
谷 川 1回  3打者 0被安打 1奪三振 0四死球 0自責点 最速144キロ
高橋聡 1回  6打者 3被安打 1奪三振 0四死球 1自責点 最速140キロ
島 本 1回  3打者 0被安打 1奪三振 0四死球 0自責点 最速143キロ
伊藤和 1回 3打者 0被安打 1奪三振 0四死球 0自責点 最速144キロ

石川翔 1回  4打者 0被安打 2奪三振 1四死球 0自責点 最速146キロ
山本拓 4回 18打者 4被安打 7奪三振 3四球  2自責点 最速146キロ
 福  1回  5打者 0被安打 1奪三振 2四球 0自責点 最速143キロ
祖父江 1回  3打者 0被安打 1奪三振 0四死球 0自責点 最速145キロ
ロドリゲス 1回 5打者 2被安打 2奪三振 0四死球 1自責点 最速151キロ
田 島 1回 3打者 0被安打 3奪三振 0四死球 0自責点 最速141キロ

--------------------------------------------------------------------------------------

■選手評
石川 翔(青藍泰斗高=1年目)
ファームではありますが、プロ初登板初先発を果たしました。
先頭打者にいきなり四球を与えましたが、後続を2つの三振を含む落ち着いた対応で無失点に仕留めました。
ややクロスしてくる本格派で、最速146キロの真っ直ぐを軸に、130キロ前後のブレーキの効いた変化球も効果的でした。
ブルペンではスローカーブのようなボールも投げていましたが、まずは真っ直ぐとスライダー(チェンジアップ?)でという感じでしたかね。

特徴としてはやはり角度のある力強い真っ直ぐ。
高めに抜けたときほど球速が落ちる(概ね140キロ程)あたり、フォームのバランスというものが大事になってくるのではないでしょうか。
本人にとっては、ようやくというマウンドでしょうが、焦る必要は全くありませんので、一つ一つ段階を踏んでいってほしいなと思います。

IMG_4985.JPG IMG_4986.JPG IMG_4987.JPG IMG_4989.JPG

山本 拓実(市西宮高=1年目)
個人的にようやくこの投手を見ることができました。
公称167cmと上背はありませんが、非常に威力のあるボールを投げますね。
今日は4イニングを自己最多の6奪三振。
先に石川が投げたということも要因にはあるでしょう。

三振6つのうち、変化球が4つ。
ボール自体に力があることと、変化球もしっかり自分の間で投げられるというのが大きいんだと思います。
4回は、先頭の西岡に四球を与えてしまいましたが、その後板山を挟んで高山の場面。
3-2から散々粘られた後に外の真っ直ぐで見逃し三振。
結果的に2点を失いましたが、江越を三振に。

続く4イニング目も2つの三振を奪うなど、
粘り強さだったり、精神面の強さっていうのはこの投手の魅力でしょうね。
投げるボール以上に、その伝わってくるものが印象的でした。

IMG_5011.JPG IMG_5012.JPG IMG_5022.JPG IMG_5016.JPG

福 敬登(JR九州=3年目)
1回を四球2つを与えましたが何とか無失点に。
一生懸命声を出して投げてはいるのですが、
復帰以降登板数も増えて、少し疲れも見えるかなぁ。
ボール自体は真っ直ぐ、変化球共安定感が増していると思いますので、1軍から声がかかるような状態に上がってくればいいですね。

IMG_5206.JPG IMG_5207.JPG IMG_5212.JPG

祖父江 大輔(トヨタ自動車=5年目)
“顔で”1イニングを三者凡退に。
特に問題はないかと思います。
後は本人と1軍首脳陣の思いが一致するかどうかでしょう。

IMG_5249.JPG IMG_5246.JPG

ロドリゲス(3Aノーフォーク=1年目)
最速151キロをマークするなど力強さは見せました。
変化球は133キロ程のスライダー。
森越にはフルカウントから真っ直ぐをレフト線。
西田には同じくスライダーをセンターオーバー。
150キロの真っ直ぐがあって、何でこんなに苦労するのかと思います。
リードが悪いという見方もできますが、やはりストライクが狙って取れないと苦しいかな。
三振2つはいずれもその変化球を振らせたもの。
デビューの時からですが、結構当てられる真っ直ぐですよね。

IMG_5322.JPG IMG_5323.JPG IMG_5326.JPG IMG_5328.JPG

田島 慎二(東海学園大=7年目)
1イニングを見事三者連続三振に。いずれも130キロ強の変化球を振らせました。
真っ直ぐ、変化球共ストライクが取れますし、テンポも非常によく、だいぶリフレッシュできたように思います。
打者を打ち取る術はさすがというところ。
あとは、いつ、こういういい感じで1軍でできるかでしょう。

IMG_5362.JPG IMG_5364.JPG

石岡 諒太(JR東日本=3年目)
2ベースは高橋聡のインロー真っ直ぐをしっかり叩いてライト線へ。
相変わらずとんでもない空振りというのもありますが、ボールがよく見えているなと感じます。
表情も明るいですし、この調子を維持して「これぐらいのボールなら打てる」というものを少しでも掴んでほしいなと思います。

IMG_5276.JPG


青柳 晃洋(帝京大=3年目)
先発して5回を無失点。
とにかくしっかりファーストストライクをとり、無四死球と安定したピッチングでした。
許した安打2本はいずれも左打者が相手ではありますが、ゴロアウトも多く持ち味は発揮できたのではないでしょうか。
コントロールもよく真っ直ぐに力もあることから、三振の数も多くなってくるだと思います。
今季1軍では登板がありませんが、こういった投球を続けていくしかありませんからね。

IMG_5000.JPG IMG_5001.JPG IMG_5005.JPG IMG_5002.JPG

谷川 昌希(九州三菱自動車=1年目)
ルーキーではありますが、さすが社会人出身という安定感でした。
社会人時代もイニング数を重ねられる投手だけあり、打者のツボはある程度わかっているタイプなんだと思います。
恐らく1軍でも、こうして短いイニングからの出番となると思いますので、今日は非常によかったのでは。

IMG_5231.JPG

高橋 聡文(高岡第一高=17年目)
3安打を許し1失点。
最速こそ141キロがありましたが、平均では137キロ程。
さすがにベテランになったなぁと思います(笑)。
松井佑、阿部の右打者にはしっかりと返され、石岡にはフルスイングでライト線を襲われました。
最後は石垣に粘られはしましたが、意地の三振でしたね。

IMG_5268.JPG IMG_5266.JPG

島本 浩也(福知山成美高=8年目)
特徴的なキレイなフォーム、真っ直ぐを武器に1回を三者凡退に。
いろいろなことに挑戦していると聞きますが、やはり武器を生かして1軍定着を狙いたいところ。
今日の試合ではしっかりと低めを突けていたと思います。

IMG_5331.JPG IMG_5335.JPG

伊藤 和雄(東京国際大=7年目)
最終回を危なげなく締めました。
真っ直ぐ最速は144キロ。ファームでは今年も非常に安定しているようですね。
精神的なものやフォームのバランスが一つキーとなってくるタイプだと思いますので、後はいかにこの安定感を1軍でも発揮できるかなのでしょうね。

IMG_5373.JPG IMG_5377.JPG IMG_5378.JPG


■その他お写真
IMG_4926.JPG IMG_4918.JPG IMG_4927.JPG
石川翔デビューです!

IMG_4928.JPG IMG_4935.JPG

IMG_4941.JPG
迫力が凄いです

IMG_4954.JPG
同じくルーキーの山本拓
前田とキャッチボールをすると…

IMG_4956.JPG IMG_4959.JPG

IMG_4972.JPG
石垣は相手を問わずな対応ですね

IMG_4968.JPG
A.マルと加藤

IMG_4977.JPG
さぁっ!

IMG_4984.JPG IMG_4994.JPG
見事1イニングを無失点!

IMG_5020.JPG

IMG_5017.JPG IMG_5018.JPG

IMG_5046.JPG
山本拓は投げっぷりのよさも魅力

IMG_5036.JPG
筒井壮コーチ
目線をいただいてしまいました

IMG_5061.JPG
青柳は5回を無四死球無失点

IMG_5064.JPG
渡辺はスタメン出場。
編成期間は終わりましたが、アピールの場はまだまだ続きます

IMG_5088.JPG IMG_5091.JPG
石垣は再び振れてきたように思います

IMG_5100.JPG IMG_5099.JPG
チアドラも盛り上げに一役買います

IMG_5103.JPG IMG_5111.JPG
西岡も1軍復帰が待たれますね

IMG_5139.JPG IMG_5140.JPG IMG_5144.JPG
今成の2点タイムリー

IMG_5151.JPG
伊藤康は2番ライトでフル出場

IMG_5170.JPG
野本

IMG_5274.JPG
松井佑は存在感を発揮

IMG_5189.JPG IMG_5256.JPG
ルーキー・熊谷

IMG_5071.JPG
同じく島田

IMG_5203.JPG

IMG_5210.JPG
福は苦しみながらも1イニングを無失点

IMG_5241.JPG
田島、少しスッキリしました

IMG_5243.JPG
そのまま宣誓かどこへ飛んでいきそうな祖父江

IMG_5281.JPG
2ベースにニッコリ

IMG_5287.JPG
阿部のタイムリー

IMG_5298.JPG
しかし谷の内野ゴロでは挟殺プレーに

IMG_5337.JPG
代打で登場A.マルティネス

IMG_5348.JPG
島本ナイスピッチングでした

IMG_5393.JPG IMG_5401.JPG

おまけ、左打者空振り集
IMG_5160.JPG
溝脇

IMG_5166.JPG
野本

IMG_5229.JPG
友永

IMG_5386.JPG
石岡
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:02| Comment(0) | +ドラゴンズファーム+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。