2018年07月16日

【7/16 ウエスタン公式戦】D1-0C 質の違い

とにかく暑い。
かつては一軍選手はこんな中で練習や試合をしていたんだなぁという思いが浮かびましたが、その頃と今では暑さの質が違うように思います。
とんでもないです。
だけど、それがあったから当時は「ドラゴンズは夏場に強い」なんて言われたのかも。

今日の先発は柳裕也と高橋昂也、そしてリリーフに中村祐太。
共に一軍での活躍が期待される投手です。
柳は6回を、高橋昂は4回をそれぞれ無失点に。
残念ながら中村祐は決勝打を浴び負け投手になりました。

この辺りの投手は、若手ではありますが、
いずれチームを背負っていけるよう、自らの質を高めていってほしいと思います。

また最後を締めたの福谷。
この日は球速は抑え目でしたが、求める真っ直ぐの質はいかがなものでしょう。
きっかけ一つ、自信一つだという思いもありますが。

そして試合を決めたのは代打野本の一打。
加藤の2ベース、外野フライで二死三塁。
甘く入った変化球をライト前へ運びました。
この流れでは大きい当たりはいりません。
しっかりと経験の高さを見せてくれましたね。
ドラフト1位の本質はまだまだ発揮できると期待してますよ。

■試合結果編はコチラ

IMG_4608.JPG

それでは選手評を。。
柳 裕也(明治大=2年目)
先発して6回を無四死球無失点。
真っ直ぐ自体も140キロを超えるものがいくつかあり力がありました。
変化球も低めに集めることができ、全体的に安定していましたね。
アウト18個のうち、三振が4つに加えてゴロが10個ですから、いかに低く投げられていたかだと思います。
ハイライトは4回、
先頭から二者続けてヒットを打たれた後、
エルドレッドを133キロ、岩本を121キロ、庄司を135キロでいずれも空振り三振を奪いました。
浮足立つことなく、相手をよく見て勝負に行けたというのは収穫ではないでしょうか。

その他では、2ストライクから首を振ってインコースを続けるなど、
しっかりテーマも持って投げていたのかなというところですね。

柳という投手については、目線をどう設定するかが大事なんだと思います。
今日のカープのメンバーは一軍選手も多数いるわけで、
ファームだから無失点に抑えたわけではなく、一軍でも同じような結果を残さないといけない。
その辺りが感覚として掴めてくると、もう一枚、二枚と上がってくるようには思いますけどね。

IMG_4293.JPG IMG_4296.JPG IMG_4304.JPG IMG_4303.JPG IMG_4305.JPG


福 敬登(JR九州=3年目☆)
ヒット1本を許しましたが、併殺もあり打者3人で仕留めました。
真っ直ぐは最速は141キロ、平均は139キロといったところでしょうか。
変化球ともコントロールよく、よくまとまっていました。
これでファームの公式戦は無失点が更に続きましたね。
支配下に着実に近づいていっているように思います。

IMG_4537.JPG 

IMG_4543.JPG IMG_4548.JPG IMG_4554.JPG IMG_4545.JPG

三ツ間 卓也(BCリーグ武蔵=3年目)
先頭打者にヒットを許し、またよくない面が見えつつありましたが、
次打者のバント失敗もあり立ち直りましたね。
メヒアからは粘って三振を取りましたし、こういった投球を続けていってくれれば。

IMG_4568.JPG IMG_4569.JPG

福谷 浩司(慶大=6年目)
こちらも先頭打者にヒットを打たれましたが、
後続を締めて三者凡退となりました。
スピードこそ抑え目ではありながら、少し荒れる場面もありましたが、丁寧に投げ込んでいたと思います。
こういう結果を大事に!

IMG_4631.JPG IMG_4632.JPG IMG_4633.JPG

加藤 匠馬(青学大=4年目)
チーム初ヒットとチャンスメークとなるライトフェンス直撃の2ベース。
守る方では4投手をリードし、見事完封勝利を果たしました。
肩の強さで言えばチーム随一だと思いますので、打撃の確実性を向上させてほしいですね。

IMG_4599.JPG IMG_4607.JPG


高橋 昂也(花咲徳栄高=2年目)
4回をノーヒットピッチングでまとめました。
真っ直ぐの力もありますし、変化球もよくアクセントとして効いていましたね。
特徴としては真っ直ぐで空振りが取れることなんだと思います。
この日も三振の半分は真っ直ぐで奪いました。

この投手で感心するのは、
毎回、審判からのボールを帽子を取って受け取るところです。
そのような性格からか、投球自体も非常に頭を使って気持ちを込めているのがよく伝わります。
今シーズンは一軍では少し悩みのピッチングのようですが、このような丁寧な投手は大崩れしないと思いますので、一つ一つ壁を乗り越えていってほしいですね。

IMG_4318.JPG IMG_4319.JPG IMG_4320.JPG IMG_4323.JPG IMG_4324.JPG

中村 祐太(関東第一高=5年目)
5回からリリーフに上がりましたが、8回に決勝打を浴びてしまいました。
ボール自体はさすが一軍でいくつかっている投手だなぁという力強さですね。
140キロを超える真っ直ぐに、時折100キロ台のカーブなど緩急も使えます。
ただ最後の2イニングは少しストライクとボールがハッキリしてきたのかなと思います。
7回は併殺を取った後にストレートの四球を与えるなど、少しコントロールに課題が残りましたね。

IMG_4475.JPG IMG_4481.JPG IMG_4491.JPG IMG_4479.JPG


IMG_4281.JPG
メンバー表交換

IMG_4283.JPG
今日はうまく撮れた

IMG_4287.JPG
みんなが挨拶する先は

IMG_4289.JPG
山田和利コーチ
両手を挙げて応えます

IMG_4291.JPG
最近は息子さんが俳優として活躍中

IMG_4307.JPG
暑いので汗対策は万全に

IMG_4335.JPG IMG_4387.JPG
安部はこの日一軍復帰を果たしました

IMG_4338.JPG
同い年ですね

IMG_4343.JPG
溝脇もそろそろ一軍で見たいですね

IMG_4348.JPG
エルドレッド!

IMG_4351.JPG
甲子園の時期ですが、庄司も。

IMG_4360.JPG
大きな当たりは惜しくもファール

IMG_4376.JPG IMG_4379.JPG
バントからの挟殺プレー

IMG_4393.JPG IMG_4392.JPG
杉山とAマルティネス。何やらウケてます

IMG_4397.JPG
中村奨成もずっと帯同してますね

IMG_4401.JPG IMG_4403.JPG
ひと際大きな声援を浴びていた石垣ですが、打ち損じに渋い表情

IMG_4410.JPG IMG_4411.JPG
毎回審判からのボールに帽子を取って受け取る姿に好感です

IMG_4414.JPG
裏方作業もよくこなします

IMG_4420.JPG
汗対策は万全にA

IMG_4426.JPG
堂林がスタメン出場

IMG_4439.JPG
暑さからかこの表情

IMG_4451.JPG
遠藤死球

IMG_4463.JPG IMG_4471.JPG
高橋大
以前に比べ打席の中で少し余裕が出てきたように思います

IMG_4468.JPG
ファンの声援を制する浅尾
さすがの人気ですが、試合中はなかなか考え物かも知れませんね

IMG_4515.JPG
堂林と磯村。高校の先輩・後輩です

IMG_4501.JPG IMG_4511.JPG IMG_4518.JPG
シンクロする先輩後輩

IMG_4580.JPG IMG_4578.JPG
二度のバント失敗に何とも言えない表情の繻エ

IMG_4590.JPG
自打球に叫ぶメヒア

IMG_4619.JPG
野本のタイムリー!

IMG_4625.JPG

IMG_4627.JPG
最後は福谷

IMG_4648.JPG

IMG_4654.JPG

IMG_4657.JPG
西日本大豪雨を偲び半旗となっています。
試合前には黙祷も行われました。



posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:52| Comment(0) | +ドラゴンズファーム+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。