2018年06月09日

【6/9 都市対抗予選 第5代表決定戦】JR東海6-2Honda鈴鹿 トーキョーブックマーク

JR東海が、昨年の、
そしてホンダ鈴鹿に対しては第1代表トーナメントの雪辱を見事果たし、
東海地区第5代表でドーム切符を手にしました。
人のところばかり輸送するのではなく、
ようやく東京泊プランを策定することができますね。

投げては何と言っても12安打を浴びながら完投を果たした川本(亜大)ですが、
打線も一発もあり、チャンスもことごとくモノにするなど終始有利に試合を進めました。
スタメンも川瀬の3年目を除いては、みんな4年目以上となり、全体的に円熟味が増してきている感じですね。

監督も全国経験豊富な久保監督となり、ドームでも躍進してほしいと思います。

対してホンダ鈴鹿は、これで第1代表決定戦から4連敗。
ついに第6代表決定戦まで来てしまいました。
もうとにかく残り1試合は勝つしかありません。
今は本当に苦しいと思いますが、
とにかく攻めの姿勢を恐れず、無駄四死球を出さないこと、
そして先取点でしょうね。
連敗の数は関係なく、勝てば全てが報われる世界です。
三重県対決となり複雑ですが、強い方ではなく勝った方が強いんです。
繰り返しですが、攻めの気持ちと結果を恐れないことです。

■試合結果はコチラ

IMG_3439.JPG

IMG_3298.JPG IMG_3303.JPG IMG_3308.JPG IMG_3311.JPG
平尾(同大)
ボール自体はこれまでと比べてもよかったとは思いますが、3回途中2失点で降板。
この早い回での降板は次戦でどう影響するかというのもあると思います

IMG_3346.JPG IMG_3353.JPG IMG_3355.JPG IMG_3351.JPG
12安打を浴びながらも最後まで投げ切った川本。
要所でのボールは素晴らしかったです

IMG_3322.JPG
キャプテンを務める中田亮二(亜大)

IMG_3332.JPG IMG_3339.JPG IMG_3341.JPG
早々に平尾を継いだ竹内(早大)ですが、追加点を許す苦しい投球に

IMG_3362.JPG
柘植世那(健大高崎高)

IMG_3373.JPG IMG_3391.JPG
ホームランを放った佐藤大将(愛工大名電高)

IMG_3386.JPG IMG_3381.JPG
柳澤(早大)も勢いを止められず

IMG_3399.JPG IMG_3426.JPG
東洋大からのルーキー・西川元気

IMG_3411.JPG IMG_3416.JPG IMG_3417.JPG
智辯学園からのルーキー・松本竜也
早速予選でも登板しています

IMG_3423.JPG IMG_3428.JPG
主島(報徳学園)は2年目

IMG_3434.JPG
大城戸、畔上の法政ライン

IMG_3444.JPG

IMG_3447.JPG

IMG_3450.JPG
歓喜の瞬間です

IMG_3464.JPG IMG_3465.JPG IMG_3466.JPG
中田キャプテンからボールが返されましたが、
審判から久保監督にウイニングボールが渡りました

IMG_3468.JPG
安堵の表情ですね

IMG_3461.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:36| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。