2007年03月06日

打てなくてもいいじゃない。オープン戦だもの。

なんて言っちゃいかんですね。
試合は勝たなあきまへん。
ほとんど見れてないんだけど、
着々とオープン戦が消化されてますなぁ。

立浪、ノーヒット阻止
9回代打、頼りのひと振り


立浪
「何とかノーヒットノーランを止めないとね。いくらオープン戦でもいいことはないですから。
守り? 守っておきたいというか、今は代打という形なんで…。代打で出たときにいかに打てるか。それを考えて、その中でやっています。
タイミングをね。今までのボクはシンプルにいこうとして、腕を動かさないようにしていたんですが、動いていく中でピタッとはまる感覚がありました。それが練習ではできても試合ではなかなか難しいんですよね」


レフト立浪…。ぼそり。
ペン習字との結びつきはよくわからんけど、
いつまでもレギュラーを狙ってほしい選手であります。
が、実際の仕事場はここ一番の代打でしょうか。
「最終コーナー」と書かれるとはっきりいっていい気分はしないけど、本人はこういう役割にどこまで納得しているのかな


井上「ノリ余波」で2軍調整

井上
「2軍に行くんですよ。試合に出てないですから。いつまでとかはない。オープン戦の時期だから2軍で調整できるとも言えるけど、選手としては2軍は2軍。どう受けていいのか。
(起用は)最終的には監督、コーチが決める。自分は初心に帰ってやるつもり。2軍でも手を抜くようなことはしない。コツコツやって1軍に呼ばれるような結果を残す」


何でもかんでもノリと結びつけるのはやめてほしいと思うけど、こういうことを言うから記事にされる。
ごちゃごちゃいらんこと言うから、全面的に好きになれないというのがある(しつこいけど決定打はあるときのヒーローインタビュー)。

今は中村公らの若手を使いたいし、森野のレフトも試したい。
それでもお前は打席数を立たせたいから、下でやってくれ。
幸いにもファームのナゴヤだ。
それでいいじゃないか。

まぁ、ちゃんと話し合いがされてるのかどうかは疑問ですけどね。
それでもいらんことは言うもんじゃない。
ただでさえマスコミも過敏になってるのに。


小田、打つ方は聞かないで…
パーフェクトリード


小田
「打つ方は練習しますわ。守りは考えた通りに(投手が)放ってくれたし、試せるところは試せたのでよかったです。
ランナーを出さずに、自分の仕事ができました。結果がついてきたんでよかった」


打つほうは聞かないと言うか、そもそも期待は…。
でも巨人時代、東京ドームでやられた記憶があるなぁ。
まぁ、肩は強いし、打てたら巨人でもレギュラー行けたかもですよねー。


小笠原アピール失敗

小笠原
「スライダーが入らなくてボール先行になってしまった。もっと腕を振っていかなければいけない」

今ひとつピシッといけないのが小笠原。
毎回1発を浴びるのも小笠原。
間合いが長いとなじられるのも小笠原。
声がちょっと桑田みたいなのも小笠原。
それゆえ永遠のローテの谷間なのかも知れないが、
ファームに置いておくのもややもったいない。
何とか奮起してくれんものか。


佐藤亮、バットへし折る剛球
速く見せる134キロ


佐藤亮
「多少なりとも、ですが、持ち味は出せたと思います。
ボールが高かったです。もっと低めに投げないと。それにつきます。1軍レベルでは高いと打たれます」


好投が続く佐藤亮。
持ち味が被る長峰とともに若手投手陣の争いをリードしています。

この前見た時は、緩いカーブを投げていたし、
真っ直ぐが速くなくても打ち取る術は十分。
力でねじ伏せるタイプではないので、困ったときにどのような対処ができるのか楽しみなところです。


3外国人助っ人が快投…ラミレス、生き残りに自信
グラセスキいい感じ

セットアッパーとして考えるのなら、
今の段階では、言葉は悪いけど「どれもこれも」って感じですかね。
それこそ、何も外国人に頼らなくても…となれば出番はないでしょうし、クルスの存在以前に、まずはそういうとこ。

少し前に近鉄にデラクルーズという150キロ以上を投げるピッチャーがいましてなぁ。
オープン戦でも投げたし、ファームでは157キロを記録したそうですが、1軍での出番はほとんどなかった。
よくある話ですが、そういうこともあるということで。
あと、中日ではドーム元年、オープン戦ですごくよかったウィリアムスはファームで1勝もできなかったこともありました。

そう考えると、今年から育成枠がオープン戦に出れなくなったのは大きいな。

と、思ったら↓
プロ野球実行委:育成選手のオープン戦出場認める

なんだそうです。
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 23:06| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
差し出がましいですが、最後の文は「出れるようになった」のまちがいではないでしょうか・・・?
Posted by 羽少佐 at 2007年03月06日 23:10
>羽少佐さん

記事を投稿した後に最後の記事を見つけ、追記をしておきました。
育成枠選手もオープン戦に出られるようになったようで、ますます競争がおもしろくなりそうですね。

ご指摘ありがとうございました。
Posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 2007年03月06日 23:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

あわやノーヒットノーラン、立浪さすがの一振り。
Excerpt: ナゴヤドームでのオープン戦第2戦。 前日の圧勝とうって変わって、 千葉ロッテ投手陣の前に、8回までノーヒット。 あわやノーヒットノーランのピンチに。 しかし9回、代打で登場した立浪が、 レフト前にオー..
Weblog: ドラゴンズスタジアム
Tracked: 2007-03-07 09:28