2007年02月16日

解き放たれた「中村紀洋」

野球ができないことが何より辛い。
それはお金の問題ではない。
その悲痛な思いは実を結ぶのか。

ノリ、38発の強烈デモ 場外4発!140m弾も出た!!
中日入団テスト…中村“ド派手に38発”自ら合格点
仲介役山本昌にノリ感謝


中村紀
「打撃も守備も、思ってた通り、思う存分できました。緊張で(体の)いろんなところが張っています。1人じゃなくて、大勢で(練習)できる喜びがあります。
精いっぱい野球をできる喜びがあります。精いっぱい結果を出せるように頑張りたい。
初日としては合格点をつけられる。向こう(北谷)はシート打撃があるしテスト生なんでね。邪魔にならないように、と。それにココなら自分のやりたいことができる」


辻2軍監督
「そこそこバットも振れているし、守備もそこそこ動けていると(監督に)報告する」

新井
「技術面なら、バッティングでも守備でも何でも聞いてくれと言われました。
ホームランバッターだから体の使い方とか参考になりました」


岩崎
「本物だ…ヤバすぎ」

山本昌
「オレも野球を長くやっているし顔ぐらい知っている。いい打者だからやれるのは当然。テスト生にしてはビッグでしょ」

デニー友利
「同じように(アメリカで)チャンスに恵まれなかったから、個人的には頑張ってほしい。でも他の野手の気持ちも分かる」

実技テスト初日からいきなりエンジン全開。
今回の騒動で、かえってマスコミが集まり気合が入ったということもないだろうけど、孤独な中でも、しっかりと練習を積んでいたんですね。

自分が好きだから言うわけじゃないけど、
ドラゴンズというのはいいチームだと思います。
FAで出て行く選手はいないし、よそから来て不平を言う選手もほとんどいない。
それだけ選手間や地域間の繋がりが強いんでしょうね。

また、デニー友利もアメリカで苦労した1人なので、中村紀の気持ちはよくわかるのかも知れないですね。
お互い、「アメリカでの生活は契約が全てだった」と言ってますし。

山本昌も言っているけど、テスト生としてはビッグ。
本来ならテストする必要もない選手なのだから、この実技はほとんど意味はないのかも。


ノリに枠渡さん、クルスが150キロ好投

クルス
「中村? 知らない。自分の仕事をするだけだ。(選手登録の)決断するのは監督なんだから」

落合監督
「育成選手は6月30日まで選手になれる可能性がある。これで(残り1つの枠を)どうにでもできるな」

巨人・西山スコアラー
「このピッチャーは使えるよ」

クルスというのは捕手から転向した投手ですね。
写真ではあまりコントロールのよさそうに見えないけど、元キャッチャーだけあって地肩は強いんでしょうね。

何となくだけど、西山スコアラーのコメントは、
クルスに自分と同じ匂いを感じるからなんじゃないかと思ったり。
その前におたくのオビスポを何とかしなさいよと。


○バレンタインのボークについて
渡田審判
「まあ、あれだけ止まっていなければね…」

バレンタインは、マーク・バルデスっぽい人ですよね(暫定)。
ついでに李の佐々木誠は確定。
ボークについては、助っ人投手にはつき物の話題ですが、それはどこまで修正できるレベルなのか。
このまま行くと、支配下と育成枠の線引きが無用となってしまう恐れも…ないとは思うけどさ。


岩瀬、上々の試運転 スライダー健在

岩瀬
「バッターが立つ実戦形式で、ブルペンで普段投げているときとの誤差がどれくらい出るのか。その確認だね。
打たれたけど、ある程度納得のいくボールが投げられた。それを増やしていく」


今は投げているボールとイメージをすり合わせていく時期のようですね。
もう9年目なんですねぇ。
8年間で470試合登板、1年平均は58試合。
今年も当たり前のように期待しちゃうんでしょうねぇ。


岡本
「(見方の)右打者にはシュートは放れないでしょ。時期としてはこんなもの。このクールでしっかりと仕上げていきます」

平井が先発に回ると、
名実とともに中継ぎの柱になるわけですが、
それにどこまで耐えることができるのか。
鈴木や中里ら若手が元気ですが、やはり中堅やベテランで睨みを利かせる人がいてほしいのです。
それは喋りの問題ではなく、存在感や影響力ですね。
その役目を岡本に担ってもらいたい。
今季こそは大歓声に迎えられる岡本が見たいのですよ。


川上「体調、完ペキでないんで-」シート登板お預け

川上
「体調が完ペキでないので…。まだキャンプ中だから。
投げようと思えば投げられましたよ。延期しただけ」


細かいケガや痛みがあるのは仕方がないし、
どこかに引っかかりがあるとかじゃなければいいかな?


堂上弟と福田、きょうデビュー
韓国SKとの練習試合で初実戦


福田
「バッティングは全然だめです。タイミングが合わない。自分の技術の問題です」

いよいよ始まるサバイバルゲーム。
キャンプも中盤に差し掛かり、ちょっと疲れが見えているのか、ここ最近は結果が出ていない福田ですが、初対外試合でどこまでアピールできるのか。
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

テスト生中村ノリいきなり38発と第3クール開始。
Excerpt: ドラゴンズの沖縄キャンプは、 第3クールに入りました。 より実戦的となり、練習試合も組まれるこのクール。 しかしそれ以上の世間の注目を浴びるであろう 中村紀洋の入団テストがついにスタート。 フリー打撃..
Weblog: ドラゴンズスタジアム
Tracked: 2007-02-17 00:26

驚弾炸裂 中村紀洋
Excerpt: バファローズにいたころ、応援の横断幕に書かれていた造語です。 個人的には好きなフレーズなわけですが ドラゴンズで『驚弾』を見せることはできるのか?第3クールの開始とともに中村紀の『テスト』開始 北谷..
Weblog: Dragons Mega Hit
Tracked: 2007-02-17 15:51