2007年01月20日

絶対評価と相対評価

みなさんの中学、高校はどうだったでしょうか?
とりあえずキャンプインまでの最大の懸念事項。
大トリ。
球団としては、バランスを考え相対的に行きたいところでも、福留は関係なく絶対評価を要求。


福留、4億円の攻防
きょう初交渉


結果的には保留となるわけですが、今年も言う。
「一番いい成績を残した年だからね。」ってのがねー。
監督も、まだまだ成長するって言ってるし、
今がピークだとは思わないんですよね。

フル出場もしてないし、日本一にもなってない。
けど、そんなのは全く関係ないのでしょうね。
まぁ、フル出場に関しては、復帰直後の活躍で相殺ですけど、
毎年「やった、やった」って言われてもね。

これまた今年も言うけど、「何をそんなに行き急いでるんだか」。


五輪に関してはどうでもいい。
そういう欲はあまり感じられないし、呼ばれてから考えればいいんでないの。
とは言っても、真っ先に名が挙がる外野手だとは思いますが。


岡本投げ込み2勤2休に
セットアッパー争いへ闘志


平井が先発転向となれば、名実と共に中継ぎの中心核。
フォームの強制変更や勤続疲労など気の毒な面はあるものの、年々数字が悪くなってるのは確か。
昨年は初めて投球回数が登板試合数を下回るなど、
印象も影も薄い感じとなってしまったけど、今シーズンのカギを握る1人だと思います。


もうちょっとね、大歓声に迎えられて投げる岡本が見たいのよ。


荒木元チームメート・競輪の合志と“合同”自主トレ

室伏に続き、競輪選手の合志正臣が自主トレを訪問。
何でも、荒木とともに甲子園に出場した経歴があるのだとか。

やはりお互いの活躍は励みになるものでしょう。
荒木と同級生で、大器と騒がれた松本輝投手は楽天でも泣かず飛ばずのようですが…。
いいピッチャーだと思ったんだけどなぁ。


ルーキー捕手・田中
投手全員の特長…ノートに記録


この自主トレで精力的な動きを見せるのが、希望枠ルーキー・田中大輔。
肩でアピール、キャッチでアピール。さて打撃は?

とりあえずファームの捕手陣というのは、

小山…リードはまずまずだが、肩とパンチ力に欠ける。
小川…ツボにはまったときの長打力はあるが、スローイングがまだ不安定。
前田…体は大きく元気さはあるが、全体的に粗い。

といったところでしょうか。
なので、肩だけでなく安定した打撃というのもあればいいアピールになるのですが。

posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

岡本合流、福留帰国、合同自主トレ第2クール開始。
Excerpt: ナゴヤ球場での合同自主トレは第2クール。 この日から岡本、山本昌が合流しました。 またハワイでの自主トレを終えた福留が帰国。 ついに行われる注目の契約更改交渉や 08年北京五輪の日本代表についてコメン..
Weblog: ドラゴンズスタジアム
Tracked: 2007-01-21 10:59