2006年11月12日

秋の仮想対象

カ〜〜ンって鐘の音が鳴らないように。
「松浦になれって言われてどうだった?」
あ、これはシンゴちゃんじゃなくて、国分のセリフか。

金剛よ、松浦になれ 背番号「0」で再出発

松浦と聞いて、パッと浮かんだのはヒゲ面のバッティングピッチャーに、ヒゲ面の音楽会社の偉い人。
元ハムの投手の宏明でしたか。確か岡本透あたりとのトレードで最後は横浜に行ったんでしたかね。
田中幸雄(現役)と嫁同士が姉妹(双子でしたっけ?)と言う事と、河野らと後ろ髪を肩ぐらいまで伸ばしていたことが印象に残っています。

背番号0の投手といえば、2軍で最多勝を争った栗山聡も思い出されます。
できれば松浦のようになってほしいですね。

金剛にも触れましょう。
この投手は、とにかく投げてみないとわからないという感じ。
よい時は真っ直ぐも走るし、フォークも浮き上がって落ちるし、見ていてキレキレである。が、悪ければストライクを取るのも汲々で途端に苦しくなる。

アーム式で、疲れが溜まってくると真っ直ぐが乗らないってのもあるんですけど、いい時は145以上出るだけにね。
来季は3年目。シーズンを通して安定して力を発揮できるようになりたい。


横浜高・福田、銀ちゃんになる ドラと仮契約

福田が銀ちゃんなら、田中は清水将海あたりに仮想されるんだろうか。
と言うか、谷繁あたりに例えてあげなよ。
彼も途中で慢心はあったけど、高卒1年目からレギュラーだったんだから。

と、そんなことはさておき。
まずはプロの練習に耐えうることかな。
本当の勝負は数年後になるでしょう。


野口になる 吉見 17日間で1600球投げ込みます

投げ込み王となると個人的には野口より武田。
フォーム的にも武田かな。
あの飄々とした姿は大好きだったなぁ。その分異端なイメージはあったですけどね。
武田の抜くときは抜く、やるときはやるというメリハリは、見習うべきことは多いはず、と思う。


山井、来季背水の陣…右肩痛今季棒に振る

期待しすぎるとダメなので、期待しないようしないようにしてるんですが…。
河合コンビにはそろそろいっちょ前になってほしい。

記事中、“山井大輔”になってるけどまるで別人みたいだ。



そういえば、春田に対して、監督は「佐々木誠にそっくり」と言ったそうですね。
確かに、足の上げ方や低めの変化球の救い方などはよく似ていると思います。
ただ、佐々木のような足、肩(単純に肩ではなく正確性など)がないので、今までそういう表現はしてきませんでした。
佐々木誠。攻走守が高いレベルで揃っていて大好きでしたね。
だけど、ツケが来たかのように、後年ガクッと衰えたときは見ていて辛かったです(練習をあまりしないというようなことをノムさんか誰かが言ってましたね)。

バッティングはいいし、肩もある。
春田には期待しています。
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

福田入団内定と憲伸・山本昌、山奥からの便り。
Excerpt: 高校生ドラフトで3巡目で指名した 福田永将捕手のドラゴンズへの入団が内定しました。 入団会見で強肩強打のセンバツ優勝捕手は、 「とにかく早く1軍の試合に出たい」と ポスト谷繁に向けて、抱負を語りました..
Weblog: ドラゴンズスタジアム
Tracked: 2006-11-13 11:13