2006年11月10日

冬の訪れ

朝晩ずいぶんと寒くなりました。
季節の変わり目、風邪などには十分気をつけたいものです。

山井 わずか2分で500万円減
結婚ご祝儀どころか・・・ ドラ契約更改


今季は何もできなかった山井。
反・材料は何もなく、あっさり白旗となりました。

万全であればファームで過ごす選手ではないはず。
個人的には、その気があれば快速球とスライダーを武器にセットアッパーに挑戦してほしい。
幸い、吉見や中田や両佐藤など、先発枠を競わせる頭数は揃っているし、ショートイニングの方が活きるのではないかという感じではある。

先発でのイメージはよいし、故障の影響も少なからずあるのだけど、
ベテラン揃いの中継ぎで勝負してほしいなと思うわけですよ。
あとは、何年も言ってる気がするけど、ルーキーイヤーに中継ぎで150キロをぼんぼん投げてた姿が鮮烈だったんですよ。

だけど、まずは万全な体づくりですね。
期待してますよ。



吉見“中田級”スタミナ 断トツ!!長距離走

年末から来季春先にかけて、新聞紙上を賑わすのはこの選手なのかなぁと思います。
ファームでも、勝ち星こそなかなかつかなかったけど、
着実にステップアップしていきましたからね。
決め球がないとよく言われるけど、逆に真っ直ぐで勝負できるだけのものはある。
去年の今頃は、「2年目からでいい」と思っていただけに、ここまでは順調です。


落合監督、新井にゲキ「それじゃダメ広島に帰れ」

そろそろ「兄とそっくり」から抜け出してほしいなぁとは思います。
何となく弟は品があるような感じなんですけどね(笑)。
兄は荒々しいというか。


小笠原獲り 急ぐなよ 白井オーナーが落合監督に“宿題”

小笠原よりも、新外国人の調査は進んでいるのかということも気になります。
何となく、ウッズの後釜と考えているような感じではあるんですよね。
名古屋のラジオを聴いていると、評・家はみんな「森野がいますよ!」って言ってるけど、森野を優先する必要もなぁ。
5番を打てる打者を見つけてくることが大事だと思うですよ。

まぁ、マネーゲーム以外で撤退することもないと思いますけどね。
あそこに付き合うのもバカバカしいでしょ。
ただ、連日書いてますが、小笠原はそこには行ってほしくないな。
だって、尊敬できる選手がいないんだもの。
行っても孤立するだけだと思うよ。OBはうるさいし。


○ドラフトの話題

ドラゴンズが今度のドラフトで指名を検討しているのが

東洋大 田中大輔捕手
日本福祉大 浅尾拓也投手
法政大 西川明内野手
東邦ガス 菊地正法投手

この中で西川のコメント
「どきどきというのはないですね。
とにかく楽しみ。夢だったプロ野球選手というのがかなう瞬間を楽しみにしています。
まだプロの一軍で活躍できるレベルに自分はないと思う。
だから、プロに入って井端、荒木さんからいろんなものを吸収したい」


西川ですね、えーっと、イケメンですね。
もう、今回のドラフトでは屈指と言ってもいいほどの甘さです。
それもあって今回の指名はうれしい限りです。
選手としては、体はさほどないものの、リストの効いた柔らかい打撃が特徴です。
肩もよく、どこでも守れるのもウリですね。

高校時代から評判で、三重高時代は140キロを投げるピッチャーとして名を馳せていました。
当時から打撃もよく、大学に入ってからはバッターとして法政の優勝にも貢献をした好選手です。

浅尾も小憎たらしい感じでいいし、菊地もなかなかイイ男です。
やっぱり顔は大事ですよ。
雁ノ巣に行った時、あまりの女性ファンの多さにビックリしました。
一種のカルチャーショックですね。

中田も朝倉も中里もイイ男やけど、
そろそろプロ野球aiの表紙を飾る選手が出てきてほしいんですよ。ホント。
変な趣味はないけど、やっぱりね。


ちなみに菊地は140キロ弱の真っ直ぐにスライダー、カーブのオーソドックスなサウスポー。
バッタバッタと三振を取るタイプではなく、うまく変化球を駆使して打たせて取るタイプです。
どちらかというと先発の方が合っているのかな。
なので、直接のライバルは川井だったり、長峰あたりになるのでしょう。
ここは、トヨタの服部という左腕との比較ではないかと思います。
菊地の方が若く、実績があるので、分があるのでしょう。
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 18:39| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
個人的には中里の抑えってのもありだと思っています。
明らかな先発タイプなんでしょうが、岩瀬をリリーファーに戻してほしいんですよね。
西武の小野寺みたいな快速球タイプの抑えがほしいです。

中日は左の中継ぎ、右の信頼できるセットアッパー、外野、二遊間後継者を育て上げることが課題ですね。
Posted by 羽少佐 at 2006年11月11日 00:25
>羽少佐さん

中里を後ろで使うのもアリだと思いますよ。
ただ、抑えとなると、岩瀬の気持ちを考えるとまだまだ先になりそうです。

この秋は、外野手の育成、絶対的リリーバーの確立など、やることがたくさんですね。
Posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 2006年11月11日 07:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

若竜猛烈続行、秋季練習第2クール開始。
Excerpt: 秋季練習も第2クールに入りました。 初日となったこの日も変わらぬ 猛練習が続いています。 さらにこの日は、白井オーナーも来場。 「見ていて結構おもしろかった」と 若竜に満足の表情だったようです。
Weblog: ドラゴンズスタジアム
Tracked: 2006-11-11 09:43

FAのご利用は計画的に
Excerpt: 年俸のバランスを考慮して無理のない補強計画を ていうか、FA(ウッズみたいな例含む)に手を出しておいて年俸のバランス(川崎のとき、とたんにおかしくなった)も無理のない補強もないとは思います。 どこか..
Weblog: Dragons Mega Hit
Tracked: 2006-11-11 13:25