2012年04月28日

D3-1DeNA 地産地消

DCIM0130.JPG

モリミチダンスって何?

GW初日は、
名城大、日福大、愛知大の愛知ほぼ全域をカバーするリレーで地味な快勝。

山内も一回り目は丁寧に、
二回り目は少し荒れて、
三回り目は気力で投げ切りました。

ラミレスにはやや顔負けでしたが、
荒波はよく仕留めましたね。
後は浅尾が3ボールまで行くものの、森本を三振に切り勝利を手繰り寄せました。

山内の荒波への相性を考えての続投なのか、
9連戦の頭、浅尾に二つのアウトを託すのが重いと見たのかわかりませんが、
とにかくリレーははまりましたね。


最後は岩瀬だったわけですが、
和田もブランコも下げて少し心配になってしまいました。
ま、これは岩瀬への信頼感の表れだと同時に、
柳田って一塁の守備固めで出す選手でもない気もします。
8回裏が変な攻撃をしてしまっただけに、本当によく締めました。


打つ方では堂上直が殊勲。
最初の満塁のチャンスはよくセンターに弾き還しました。
最後も当たりはよかったですし、やっぱり使うならスタメンの選手なんかな。


付け加えると、
直倫のあの当たりで二塁ランナーを返しかける平野の判断は怖すぎる。


判断と言えば8回。
大島出塁、荒木エンドランの内野安打で1、2塁。
ここで平田にバントはないな。
和田の力の入り方やブランコの振りを見るとチャンスで回したい気持ちはわからんでもないですが、それ以上に平田も一本打っているわけだし、三番で起用しているんですからね。

積極的でも消極的でもない意図のない采配。
結果的に全く無駄な攻撃になってしまいました。

ファンと共にを標榜するのなら、
ここでファンが見たいのは平田のフルスイングなんじゃないですかね。
勝利を度外視したりファンに迎合することはありませんけどね。



さてこれで山内は3勝目。
大したもんだ。

そして、ブランコの一発はまさにブランコ!
でした。
あれは価値がある。
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | +生観戦+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック