2006年10月23日

セオリー

シリーズ2戦目が終わり、勝敗は1勝1敗のタイに。
札幌ではどのような流れになるか。俄然争いはおもしろくなってきました。

しかし今日はホントに眠い。
1球1球かみ締めるように見てたけど、見てる側がこれなんだから、やってる選手の疲労度は凄いんでしょうね。


マサ、シリーズで勝てない 竜、逆転負け 1勝1敗で札幌へ
山本昌
「本当に申し訳ないです。もったいないことをしてしまった…。
次があれば、頑張りたいですね」


先発の山本昌は7回途中、104球、被安打5、無四球。
球数、無四球などから見てもわかるように、調子はよい方だったと思います(球数は120くらいいってると思ってました)。
と、言うか、入り方が異常に丁寧でしたね。

初回に失点はしてしまったけど、
2回以降はテンポ、コントロールがよく簡単にフライアウトばかりでした。

昨日も書いたけど、セギノールへの攻めはおもしろかった。
この打者への注意点は、外のスクリューを拾われること。
よって、カギはインコース。
1打席目は、2-2から1つ分内側への真っ直ぐで2-3。
次はその残像を残したまま内側のスライダー。
結果的には強襲安打となったけど、攻めは間違ってないはず。
他の打席でも似たような攻めで内野ゴロにしましたからね。


7回の投球は責められない。
あそこはリードしているとはいえ、ソロ2発だし八木も上がってきた。
導火線がチリチリ燃えている状態でいつ爆発するかって感じでした。

この場面、金子勝負は間違いじゃないと思う。
選択肢としては、金子勝負か、金子を歩かせて八木を引っ込めさすか。
ピッチャーを代えるのなら新庄のところでしょう。
まぁ、6戦目や7戦目なら代えるのもアリなんでしょうけどね。

結果的に金子に打たれるわけですが、あれは昌よりも外野守備の陣形ミスだでは。
前に大きな当たりを打たれたとはいえ、ここは2人目は絶対に返しちゃいけない場面。
まして金子は外野を割るより、内外野の間に落とす方が多い。
どっちにしろ頭を越されても2人返るんだから、もっと勝負をかけてほしかった。

昌は勝ちに等しい内容だったとはいえ、やはり実際の白星がほしいですね。
次があれば取り返してもらいましょう。



シリーズ1号! 福留弾、無安打重圧消えた 待ってろサッポロ
福留
「何とかして塁に出たい。そう思って打っただけです。完ぺきですね。うまいこと出ました。うまく反応して、うまく引っかかってくれました。
タイミングがおかしかったわけじゃない。合っていたのが、ようやく結果に出ました。
札幌ドームは相性がいいですからね。まだあるわけだし、きょうで終わりじゃないですから」


福留の今シリーズ初安打は、ライトスタンドへの見事な一打。
真ん中よりの変化球を、打ったと言うよりは、反応してバットに吸い付いたような感じ。
シーズンではなかなか見られないホームランでしょうね。
それぐらい特別な、見事な当たりでした。


井端弾、ミス消した
井端
「ファウルを打ってるうちにタイミングが合ってきた。
ホームランが出て、打ちづらくなってしまった。でもだいぶ振れてきたんで、よくなってくると思います」


ホームランは2-3からの真っ直ぐ。
いわゆる打った瞬間というやつですが、うまくバットが振り抜けましたね。

それよりも、6回に森本の打球を右手の指に当てるアクシデント。
大事には至らなかったようですが、指をぷらぷらさせて相当痛そうにしていたので心配です。


この他では井上。
5回の3塁封殺は、井上がハム内野陣の動きに迷ったかな。
勢いよく飛び出したハム内野陣を見て、一瞬の間があった感じ。

7回のバント失敗は、これは仕方ない。
普段バントをしないし、武田久の球は浮き上がってくる球。
ただでさえ難しいのに、あっさり決められるわけがない。
どうしてもバントというのなら、代打に奈良原や川相を送るのも策の1つ。

この回は、「走者が溜まれば代打立浪」の雰囲気で実際そうなったんですけどね。


そして心配なのは荒木。
この人に1本出れば打線も機能してくるとは思うのですが。
どちらかと言うと、どっぷりハマるタイプだけど、ちょっと迷いがある感じ。
7回のチャンスでは、外野が後ろ目で左中間ガラ空き。
真っ直ぐを叩けば落ちるぞ!と見てたんですが、今ひとつ球を絞りきれていないみたいでした。

何とか1本出てほしい。
ここからの試合は荒木でしょう。




対してハム。
生で見ると森本って足長ぇ〜。
体つきを見ても実にかっこいいっすね。

田中賢もあっさりバントを決めるし、クリンナップもしっかりしてる。
いいチームですね。
外野陣なんかほれぼれする。

そういえば、前回の西武の時も思ったけど、打球の質が微妙に違うなと。
森本やセギノールなど、みんな強く振り下ろしてくるから、打球があまり跳ねずに速い。
芝を噛むって表現が当てはまりますかね。

だけど、新庄だけはいつまでも阪神時代のままで、
ちょっとハム打線の中では浮いてましたね。
稲葉ですらちょっと変わっていたのに、新庄は良くも悪くもマイペースなんですね。

守りの面でも、中嶋は相変わらずの強肩。
昨日は彼に代わって、ドラ打線は止まりました。



昨日は球場の雰囲気が凄かった。
外野席なんかも総立ちで、1球1球のどよめき、
打った選手が出てくると地鳴りのような歓声などはある意味感動しました。
こんな中でできる選手は幸せだろうなぁって。

やっぱり逸れるんだけど、シーズン中でも外野席はシーズン券なくしてほしいなぁぁ。
チャンステーマとか落合テーマとか感動したもん。
シーズンでもああいうのやりたいよ。


最後に。
こんなとこで書くことじゃないと思うけど、腹が立ったので吐く。
後ろに座ったハムのユニ着た中年女性(ファンとは書かん)。4人組で1人ハム応援っぽかった。
「久本が出てくると捨て試合だよね」
「飯山?誰それ?知らな〜い」
「森野なんかが5番じゃ勝てないよね〜」
「(9回表ぐらい)野球って超楽しくない?!」
「(場面問わず)キャーー!つよしぃ〜〜〜!!!!!」etc
にわかファンもライトなファンも選手個人のファンも否定するつもりはまったくない。
いちいち腹立てるのもアレだが、知らないのならいちいち波風立てるなよ。
ハムファンに恨みもなんもないが、明日から絶対勝て!勝て!勝て!勝て!勝て!勝てぇ〜〜〜〜!!!!
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 21:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ここはドラゴンズの本拠地ナゴヤドームだよな
Excerpt: 新庄のときのフラッシュ、そうとう鬱陶しいよ。 まあ新庄がそれだけメディアを通じて多くの人に影響を与えているってことなんだけど メガホン投げ入れたり場外でのチケットのやり取りとか『日本シリーズはドラゴ..
Weblog: Dragons Mega Hit
Tracked: 2006-10-24 13:08