2011年11月20日

sh1-2D 勝ってケリをつけよう

吉見がエースの真骨頂、
和田がさすがの相性を見せて決勝打。

日本シリーズはついにタイに持ち込まれました。


二点があれば十分と、
常にストライク先行の抜群のピッチング。
落合監督が言うように、
間違いなく今季のチームの屋台骨を支えたエースの姿がありました。

吉見は、これ以上何を望むの?
というぐらい正真正銘エースの座についた年と言えるのではないでしょうか。


最後は岩瀬と浅尾ですが、
ここも危な気はなし。
予定通りのリレーなのでしょうが、
もはやどちらが最後を締めるかというのは関係ないですね。


打線は、荒木が出ればやはり得点になりますね。
そういう意味でも明日のキーマンの一人ですが、
ここまで来れば全員でまず二点ですね(笑)。
森野も、三試合続けてサウスポーをぶつけられるわけでが、そろそろ打ってもらわんと。



ソフトバンクもやや硬さはありましたし、
秋山監督も随分動いてきました。
明日はこちらの投手次第ですが、
うまく勝機を突いていきたいですね。

その明日は山井かネルソンか…。
山井は今シリーズも快投した印象は強いですが、
あれは負け試合だし、参考記録扱い。

頭を川井で行って、
山井、ネルソン、チェンも含めて総動員もあるにはあると思います。



さてさて、
『集大成』という言葉は明日勝つまで使いません。
泣いても笑ってもと言うよりは、
やってきたことを出すだけ。
勝って「選手の力ですよ」って言わせましょうよ!ね!


最後に、
落合監督には有終の美を飾ってほしいのと同時に、
個人的には、
“森福の11球が大きかった”なんて見たくもないのも、負けたくない理由の一つ。
確かに豊川高校、シダックスで投げていた姿を知っているから、今が感慨深いものはあるけど、あんなの浅尾の方がもっと凄いことやってるもの。

痛いやつだと思われてもいいけど、
浅尾の凄さはもっと広まってほしいのですよ。
それには勝って日本一にならなきゃ意味がないですからね。


そして、繰り返しですが、
落合監督には勝ってシーズンを締め括ってほしい。


posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 00:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/236041558

この記事へのトラックバック

【11/11/19 日本シリーズ第6戦】ドラゴンズ−ホークス【逆王手】
Excerpt: 中日vsホークス(18時17分◇福岡ヤフードーム◇観衆34927人)  中 日 200 000 000|2 S B 000 100 000|1   勝:吉見 2試合 1勝 S:浅尾 4試合..
Weblog: Dra☆mode
Tracked: 2011-11-20 02:04