2011年06月04日

D1-2L 再会のち

牧やんの術中にハマって、延長競り負け。
嫌だけどこう“奥行き”を使える投手は嫌いにはなれない。
嫌いということは誉め言葉で、
たぶん好きの裏返し。

牧田を見てると、
マウンドが関係ないのは凄いなぁと思いますね。
あとは、日通で前にエースを張ってた益田なんかは、プロではできたかな?
彼もスタミナがあるいいアンダーハンドでした。
こう見ると、プロ入りは本当にタイミングや運も大事なんだと感じます。



岡本篤もこの試合のような球を放っていれば、しばらくは行けるかな。
先頭井端の時、2ストライク目の146キロの真っ直ぐで勝負アリでしたね。
チームは勝ってほしいけど、岡本には抑えてほしい。
いわばエゴとエゴのシーソーゲーム。
よくここまで来たよね、ホント。


ドラゴンズは、
三番に堂上剛、五番に森野の新布陣。
それでも森野をクリンナップから外さないのは、
監督の信頼を端的に表していると思います。

堂上剛は、タイムリーはまさに彼にしかできない打撃だけど、走塁は反省点。
まだまだ競争は続きそうですね。


もう一つの見所は浅尾のピッチングと合わせて、
谷繁のリードでしょうか。
スコアリングポジションに走者を置いた中、
栗山、中島へのフォークの連投は痺れました。
何も真っ直ぐで押し続けるだけが攻めるピッチングじゃないということです。

バッテリーのそういう気持ちが伝わるから、
見てる人は沸くし、打たれても責められない。
だからこそ、追い込んでからフォークが落ちずに打たれる平井は、何年やってるんだという話なのです。
谷繁だってしっかりと止めますからね。


でも、浅尾が2回を投げなきゃダメというのも考えものです。
岩瀬はどんな状態なのでしょうか。


ついでに、上げても二週間ぐらい出番のなかった矢地は気の毒すぎる。
上がったその日が大量リードのゲームだったから余計にね。
ブルペンの競争がもっと活性化すればさらにおもしろくなるはず。
矢地と武藤はもっと上で見たいなぁ。

image/2011-06-04T08:26:30-1.jpg

さー、とは言っても地元での三試合。
そろそろ気持ちのいい試合が見たいねぇ
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | +生観戦+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック