2011年03月06日

名古屋1-1横浜 畏敬の念

久しぶりの更新はやはり備忘録。
さぁ、チケットビンボーな1年が始まったぞ

11.3.5 027.jpg

名古屋グランパス1-1横浜Fマリノス(豊田)

11.3.5 023.jpg

昨年のチャンピオンだから当たり前なのですが、
いろんな雑誌で高い評価を受ける今シーズン。

昨年は終盤のパワープレイで押し切った試合が多かったし、
攻撃のキーマンが変わったというところで、
実はそんなに安心をして見ているわけではない。

それでも、
「今年はこれだけ選手が来たぞ!
 優勝しかないだろ!!あははは」
と半ばやけっぱちでやってた頃とはだいぶ変わったなとしみじみ。

11.3.5 012.jpg

そんなわけで開幕戦。
試合は終盤、ルーキー永井の突破がPKを誘い、
何とか引き分けで勝ち点1獲得。

11.3.5 020.jpg

再三のチャンスも相手の好守に阻まれたわけですが、
やっぱり、これだけ個性のある選手が揃ってくると、
大事なのは相手のプレーを尊重することだと思うんですね。

何でわかってくれないの?
と言うよりは、
こいつはここまでできるから、こうしてやろう
あいつはこうしてくれるから、こう動こう
と味方を活かすのがいい選手。

グランパスは、選手の能力もそうですが、
心の部分と言うか、一体感が昨年の結果を呼んだのだと思います。

そういった意味では、
まだまだ藤本はチームに入りきれていないのかなと。
筑波大の同期生・阿部とコンビはさすがですが、
まぁ、これは時間が解決をしてくれるでしょう。


永井はスピードはさすがとしか言いようがない。
だけど、練習試合を見ても、まだボールキープはできないから、
いかに走らせるかですし、それに応えるかではないかな。
しかし、杉本も衝撃的でしたけど、
永井は体も強いし、すごいっすわ。
一瞬で置き去るって言葉を久しぶりに使いました。
また、シュートも確かほとんどが枠に行っていましたし、
昨日は満点に近いデビューだったんじゃないですか。


対してマリノスは、
まず蛍光イエローのユニフォームにビックリしましたが、
この試合にかけるものがビシビシと伝わってきましたね。

飯倉、中澤を中心に守りが堅く、
攻撃もシンプルにと、やりたいことが明確なゲーム運びだったと思いますね。

そしてキャプテンマークを巻くのは兵藤。
確かに若返ったチームでそろそろ、
兵藤あたりが引っ張って欲しいもの。
それに呼応するハードワーク。
どちらかと言えばチャンスメークする側だと思うのですが、
自ら持ち込んで左足でぶち込んだゴールはムード最高の一撃でした。

11.3.5 029.jpg

11.3.5 032.jpg

それだけに勝ちたかったところでしょうが、
最後の最後でPKを許してしまいました。

11.3.5 038.jpg

さて2011年シーズンが始まりましたが、
昨年チャンピオンの名古屋の底力、
マリノスのプライドと気持ちのぶつかり合ったよいゲームでした。
今シーズンも応援するぞー

11.3.5 043.jpg

11.3.5 044.jpg

11.3.5 045.jpg

11.3.5 048.jpg

11.3.5 058.jpg

11.3.5 060.jpg

11.3.5 068.jpg

11.3.5 075.jpg

11.3.5 080.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:名古屋のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック