2010年11月23日

【J1第32節】名古屋0-1FC東京 凱旋飾れず

名古屋がついにJ1制覇を成し遂げました。
ずっと順位一つ上がる下がるに一喜一憂していただけに、
なかなか実感がわかず、喜び方がわかりません状態でした。

IMG_9286.JPG

それでも、
自然とこみ上げてくる単純な嬉しさ。
そして夜は全国区のテレビ番組にはしごする選手の姿を見て、これが優勝するってことなんだと思いました。

忙しさを感じながらも、
世界がどんどん変わっていく選手を想い、
こういうことならどんどん経験してほしいな、と、
やっと目元の湿度が上がりました。
本当によかった。

楢崎も直志も吉村も玉田もみんなよかったね。
ほんとやっと報われたな。

10.11.23 001.jpg


さて、
今年は日本シリーズといいペナントレース最終戦といい今日といい、
どうも緊迫感バリバリの「勝って胴上げだ!!」というシーンに恵まれません。
チケット貧乏になっている私ですが、
こちらもいつか報われればよいと思います。

10.11.23 014.jpg


なかなかFC東京に勝てません。
田中ハユマが出場停止、ダニルソンが負傷欠場、闘莉王も手負い。
対してFC東京は、今日勝てばJ1残留に大きく前進するという高いモチベーション。

10.11.23 023.jpg

10.11.23 048.jpg

決定機の数自体は名古屋の方が多かったと思うけど、
どうも攻撃が大味になってしまいましたかね。
杉本はよくも悪くも調子に乗るタイプなので、相変わらず好調をキープしているようですが、小川なんかはそろそろ落ちてくる頃だと思いますしね。

逆に決めるべきところで決めた大黒はさすがです。
見事なループシュートだったですが、やっぱそういうトコうまいよな。
あれを決められたら仕方ない。

10.11.23 030.jpg

FC東京は米本がよかったですね。
意外と体もあるし、何より勝負所を察知する能力が高いなと思います。
この選手が入ってから調子が上がってきたというのも、よくわかりますね。

後ろに今野がいるというのも思い切ってプレーできる要因でしょうか。

ただ、もう一人の方の森重ねぇ。
ピクシーも激昂していましたけど、
ホント、大分の頃からプレーが汚いよなぁ。
この前のセレッソ戦は上本も相変わらずだったし、
将来代表定着を目指すのだったら、もう少し何とかならんのかねぇ。
と思います。
ま、汚いと言うか幼いですわね。



10.11.23 039.jpg 10.11.23 043.jpg


今日の試合で優勝の価値が薄れるわけではありません。
まだ最終戦がありますので、
そちらはしっかり勝ちで収めてほしいですね。

10.11.23 059.jpg
【FC東京にとって今日の勝利はとてつもなく大きいのでは】


今日の豊田決戦では、
グランパスが降格危機だった2005年、
絶望的な空気の中、ここ豊スタでガンバを破った試合を思い出しました。
あの勝利と、翌年のヨンセンの加入がなければ、
今日の栄冠はなかったと言っても過言ではないと思います。
今、この立場いられることに本当に幸せを感じます。
よかったよかった。
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:名古屋のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170417371

この記事へのトラックバック