2010年11月08日

【日本シリーズ第7戦】中日7-8ロッテ 後悔はないです

第七戦目という夢は適いましたが、
日本一という夢の続きは来季以降となりました−。


10.11.7 001.jpg

M200 130 100 001=8
D312 000 001 000=7

M)渡辺、小野、薮田、内、小林宏、伊藤−里崎
D)吉見、河原、ネルソン、高橋、浅尾、岩瀬−谷繁


決めきれない弱さが出たものの、
2日続けてのこの激戦。
ここで力尽きても後悔はありません。

結局はロッテのなりふり構わないリレーにやられました。
渡辺俊介を打ち崩したまではよかったのですが、
4回の2死からの1点が大きく、
その裏、薮田に喫した三者凡退であっという間に流れが行ってしまいましたね。


このシリーズはオーダーを固定できず苦労しましたが、
それはまんま来季への課題なんだと思います。
大島も堂上剛裕・直倫もがんばりましたし、
逆に藤井や平田はダメすぎました。
ここに松井や中川なんてのいます。
ポジションも含めてこの秋から再構築を施していくのでしょうか。


そしてピッチャー陣。
このシリーズ投げなかった投手で言えば、
朝倉、小笠原、川井に、
もっと広げれば伊藤、山内に岩田あたりでしょうか。


今年は一番難しいと言われる
「育てながら勝つ」
ということがある程度できたシーズンだったと思います。
こうして投打とも名前は出てくるだけに、
レベルの高い争いをして、それぞれ自分のポジションを掴み取ってほしいですね。


翻ってレギュラー陣は満身創痍で戦ったわけですから、
このオフはしっかり体のケアに充ててほしいですね。
和田にしても吉見にしても浅尾、高橋…。
彼らなくしてドラゴンズはありません。
井端もしっかり治し、
ブランコももっと絞れ。


ただ、最も心配なのは、
ゲームプランが何が何でも岩瀬に繋ぐという、
お尻からの組み立てが難しくなってることです。
今までが絶対的だっただけに、
ここにどうメスを入れるかが大変なんだと思います
(って、毎年言ってるから来年も大丈夫なんじゃ?
と思うのが甘いところなんでしょう笑)。



それにしても今日の9回裏の雰囲気は凄かった。
そこで打つ和田は凄いと思いました。痺れました。
やっぱり野球はいいです。
世代を超えて熱狂できるものってそうはないと思います。

20年前、ロッテの試合を最後まで放送した局は神扱いされたそうです。
でも今は貧乏くじを引いたような扱いをされます。

たった20年で世界なんてガラリと変わるんです。
ネガティブな報道ばっかりじゃなく、
もっとみんなが明るくなるような、
いい未来が待っていればいいと思います。

後悔はないけど、
負けは負けなので少し感傷的になっているのかも知れません。

今シーズンもおつかれさまでした。

10.11.7 002.jpg


posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | +生観戦+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック