2010年10月31日

【第2戦】D12-1M すべてがいい方向

シリーズ第2戦は12‐1という大勝で1勝1敗のタイに。

M000 100 000=1
D433 002 00×=12

M)●マーフィー、小野、古谷、吉見‐里崎、的場
D)○チェン、河原、三瀬、高橋、浅尾、岩瀬‐谷繁、小田

本)ブランコ(6回2点)

スコア詳細


荒木、ブランコに効果的な一打が飛び出し、
高橋、浅尾、岩瀬も投げた。
大島や野本だって結果を出した。
4番の仕事、エースの働きに加えて、
出るものが全て出たという試合でした。

2010103121340000.jpg

マーフィーや渡辺俊介はマリンの方がいいだろうから、
唐川か大穴で大嶺あたりかとは思っていましたが…。

マーフィーが先発となった時に「行ける…」となったし、
初回荒木が初球を叩いた瞬間に「行ける!」となりました。
と、同時にホッとした気持ちが大きかったですかね。

昨日は荒木の不甲斐なさが出ただけに、
昨日今日でその荒木が、最初の1球目をぶっ叩いたところで勝負あったように思います。
やはりトップバッターが機能すれば試合は有利になるのです。


大島もココしかないという当たりで、
スタメン起用に見事応えましたね。

大島に野本も打撃だけじゃなく、
守備でも素晴らしいものを見せてくれました。
特にこの若手二人は、
このポストシーズンで調子を上げてきているし、
今の経験が自信に繋がればいいですね。

平田はよくわかりませんが内野安打2本で打率10割ですね(笑)。


投げてはチェン。
とにかく1順目は飛ばしてましたねぇ。
真っ直ぐ、スライダーともに抜群のボールでした。
さすがに2順目から球速は落ちましたが、
大量点に恵まれ見事大役を果たしました。
次は6戦目、7戦目どちらになるのでしょうか。


継いで河原、三瀬と投げましたが、
三瀬が見違えるようなキレのあるボールを放っていてビックリしました。
142キロ出ていたし、これは来年おもしろそうですね。

その三瀬は今岡と対戦。
そしてその裏からマリーンズのマスクは的場。
こういうのを見ると、野球を続けてよかったなぁと思うし、
現役でいることの素晴らしさを感じますね。
いい光景でした。



さて火曜日からはマリンスタジアム。
とにかく1勝して向かえるのはかなり大きい。
今日はスタメンなど動いて取っただけに、
変に苦手意識を持つことはなく、
臨機応変に臨めるのではないかなと思います。


ただ、欲を言えばナゴヤで決めてほしいですね。
7戦目の夢も既に確保してありますので。。。



posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | +生観戦+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック