2010年08月21日

D0-3Ys 巨人戦の次の日

巨人3タテの翌日であり、
“本拠地での連勝”という重箱の隅の記録がタイになり、
吉見とネルソンの順番を入れ替えしたヤクルト戦。
終いは相手は苦手の館山。

ここで勝てたらちょっとは意識しちゃうのでしょうが、
別に気落ちをすることもなく、やっぱり粘り強くやってかなかんなと再認識させられた夜だったと思います。
そろそろ一休みの時期であり、試練の時期なのでしょう。



ただ何より、
中5日での巨人戦と通常の中6日で、
前者で意気に感じて吉見が完封したことが、今週の大成功。
代償として今日の試合は仕方がない。


S000111000=3
D000000000=0

S 館山-相川
D ネルソン、小林、鈴木、平井-小田、前田

本)青木(4回1点)


館山のピッチングは素晴らしかった。
ちょっと審判のゾーンが右打者の1個分外だったように思うけど、
最速149キロの真っ直ぐを軸に変化球もキレキレ。
あれだけ集中して投げられたらってコトで、
さすが去年の最多勝投手の面目躍如でした。


チームとしても、
出る選手がそれぞれソツなく仕事をこなしている感はあるし、
イニング間のキャッチボールにデントナが出てくるなど、
雰囲気はいいんだろうなぁと感じました。


対してドラゴンズですが、和田大丈夫かな。
最後の真っ直ぐの見逃し三振も気になるし、
6回の畠山を2塁まで行かせた守りもちょっとらしくなかったな。
へたり込んでいたけど、それは少し痛々しかった。

主軸はお疲れだし、
大島、堂上兄に一時の勢いは消えつつある。
荒木が元気なのは幸いですが、もうひと踏ん張りほしいところですね。


2010082019140000.jpg

さすがにビジター応援は初めてかも。
今日のご一緒は生粋のナゴヤ人なのにヤクルトファンかつ、
お気に入りは飯原という素敵な女性。そんなん惚れてまうやろ。

中立でレフト外野で観ようぜーって言ったのが悲劇の始まり。
お互いの勘違いもあり、何と目の前でトランペットを吹かれることに。

でもたまにはいいよなー。
この前豊田での浦和戦はゴール裏最前列に行かせてもらい、
思いっきし声出して楽しかったしさ。

また、夏休みということで子供ファンも多かったです。
兄弟揃ってメガホン叩く姿なんて微笑まし過ぎるやろ。
思わず撮ってしまったわ。

てなことで、残り少ないシーズン、
また行けたら行こ

2010082019580000.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | +生観戦+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック