2006年03月05日

ナカッタことにしたい。

北九州での横浜戦。
勝てなくても、失点が少なければ何となくうれしい。

中日001 010 000=2
横浜000 011 000=2

中:中田−小笠原−チェン−小林−石川
横:岸本−三橋−高宮−吉川

本:吉村


中田、あ痛っ! 凱旋先発2回に打球直撃…
中田
「大丈夫だと思います。まずまず調子は良かった。残念です」

う〜ん、重傷でないのは不幸中の幸い。
雨で持ち越した次は負傷退場で持ち越しですか。
そういえば、中田の弱点ってコレだったんだよなって今更思い出したり…。
とりあえず次ぎですね。


小笠原"先発"名乗り…OP戦初登板で好投
中田の後を継いだのは左腕・小笠原
小笠原
「(吉村の1発)あの1球がなければパーフェクト。全体的にバランス良く投げられました」

うん、小笠原もいるのね。
この人に関しては、ちょっと気の毒だなって見方をしてます。
いつも谷間の穴埋め的な先発が多いですが、
ちゃんとローテに入ってやれば、6回を3点ぐらいでまとめられる力は十分あるはずです。
まぁ、球種が少ない、とか、投球間隔が長い、とかいろいろあるんですけど、まだまだ一皮剥けられる投手だと思うんですよね。


また、1発を打った吉村は東福岡出身で凱旋アーチ。
「ハマのヘラクレス」とか言われるぐらいの怪力ですが、
横浜全体に多い守備難で今一つ殻を破りきれていない。
(そこらへんはしっかり村田先輩を追いかけてる状態ですが)
今季から外野に転向し、そろそろ飛躍の年としてほしいな。
ちなみに唯一の本塁打は野口から。


小林、左キラーへ着々
小林
「シュートとスライダーをしっかり両サイドに投げられた。イメージに近くて良かった」

小林、左キラーへ着々。右打者には2塁打1本。
主力が出てきたらとか右打者に対してはなどの課題はあるけど、自ら希少性を身につけたんだから思いっきりやれよ。


うん、2番は藤井だな バントのサインも出た育成へ着々
藤井
「自分は何でもできるバッターではないので、最低限のことをやろうと思っている。
打順どうこうでやっていない。2番に慣れたとか、そういうことはないです」

このままいってほしいな〜〜〜。
2番うんぬんに関しては、まだ考えるのは早いと思います。
前にも書いたけど、自分の打席に集中するだけでいい。
役割を考えるより、まずはプロのボールに慣れることでしょう。
2番をこなす選手も、藤井がダメなら井端が2番でいい。


○教育リーグの話題。
中日3−4阪神

高橋聡
「直球で勝負すれば打ち取れる感じは分かっていたんですけど、今日は変化球も試してみたかったので…。」

高橋聡は3回を無失点。
調子は今イチだったそうですが、ファームでは抑える力はあります。


遠藤
「体の開きを早くしないというテーマを持って投げたけど、それができて良かった。納得できるボールも投げられた。みんなより随分(調整が)遅れているけど、これから上げていきますよ」

平井が先発転向となれば、遠藤の力も必要となってくるはず。
正直、ファームにいても得られるものもないような気はします。
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 18:24| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

思わぬ地元凱旋登板
Excerpt: 中田の地元凱旋登板は打球を左足ふくらはぎに当てて途中降板のほろ苦いものに。 緊急登板の小笠原が好投 ファームの教育リーグも始まりました。 <OP戦:ベイスターズ2??2ドラゴンズ□> ・岸本が先発枠..
Weblog: Dragons Mega Hit
Tracked: 2006-03-06 00:11

中田撃痛凱旋登板とWBC日本連夜のコールド!
Excerpt: 北九州市民球場での横浜戦。 地元での先発となった中田賢一に まさかのアクシデント! 2回、内川の打球を左ふくらはぎに受けて降板。 悔しさ残る凱旋登板となってしまいました。
Weblog: ドラゴンズスタジアム
Tracked: 2006-03-06 11:01