2006年02月22日

見えない力?

ライト、投手ときて今日はサードの争い。
立浪、森野、両氏甲乙つけがたい。
実績の立浪か、はたまた新進気鋭の森野か。火花散る争いとなりそうです。

森野VS立浪、三塁争い さあ直接対決 きょうから最終クール
立浪
「今年は競争だといわれてる。キャンプでは初心に帰ったつもりで、ひたむきに、ケガをしてもいいくらいの気持ちで体をいじめている。
オープン戦から見極められると思う。これまではレギュラーだったので、オープン戦は打てなくても、『あーあ』という感じでしかなかったけど、今年は結果を求めていかなければならない。
守備はこれ以上うまくならないだろうけど、打撃は紙一重。打率や打点にしても、これまで以上の成績がまだまだ残せると思っている」


森野
「今年のキャンプは一塁用も外野用のグラブも持ってきていません。三塁用のみです。立浪さんを超えなきゃいけない。普通のことをしているわけにはいきません。
実戦になると力むんです。あせらないようにと言いながらもあせりますよね。
これからが正念場です」


火花バチバチ。
と言うか、やはりまだ立浪にアドバンテージがあるのかな。
立浪がレギュラーを死守するためには、幾度も書きますが守備でしょう。
本人の通り、これ以上うまくはならないが、落ちた分の穴埋めはできるはず。
「1点を取るのか守るのか」。打撃以上に守備面が大事だと思います。

打撃は、パンチ力なら森野だけど、経験や勝負強さでは立浪ですね。
どちらにしろ、サードの選手が打順でもキーを握ると思うので、守備と並行して打撃の重要度も高まりますね。

ただ、森野が越えなければならないのは、
そういった体力・技術以外の面が大きいからなぁ。
ある意味、不可侵な領域なわけで、影響力や人気なども加味しなければならない。
目的物はそこに見えているのに、複雑な線が入り混じって手が届かない。
そんな感じではないでしょうか。
もちろん、立浪を悪く言っているわけではありません。
山本昌同様、本気になってどうなるか楽しみです。


落合 06構想激白! 木俣氏直撃
大まかにまとめると
1、投手枠は12だけど、岩瀬以外は流動的
2、先発がダメなら辛抱しない
3、捕手は2人制
4、ショート、セカンド、センター、キャッチャー、ファースト以外は争い
5、4番は99%ウッズ
6、投手(デニー?)と外野手(上田)を1人ずつの補強は大きい

こんな感じでしょうか。
2と6以外は基本的に変わらないという印象です。
2ですが、これは実際にシーズンに入ってみないとわからないですしね。
開幕直後の横浜戦なんかはいい戒めになったようですが。

あとは監督も言っているけど、もう少しウッズが力を抜いてやってくれればいいですね。
確かに守備や併殺など増えたけど、文句はないなぁ。
だって、久しぶりの飛び道具が来てくれたんだもん。
ウッズで落とすより、ウッズで拾ったゲームの方が多いと思うしね。


ウッズがG・野口の返り討ち予告「いいイメージがある」
ウッズ
「中日には特別な意識で戦ってくるだろう。オレも去年は横浜に特別な意識を持っていたからね。でもオレはいつも通りに戦うだけ。野口の印象? いいイメージがあるんだ」

読めば読むほど日本語は難しい…。
誰からというよりは満遍なく打ってほしい。それ願い。
ただ、野口のようなスリークオーターの左腕は波長が合うような感じではあるんですよね。

あ、あと、自分の印象にないだけかもだけど、ウッズは東京ドームでの印象が薄い。
今年は巨人戦でよく打ってほしいな。これも願い。


井端 赤星にライバル心メラメラ
井端
「アイツだけには絶対に負けたくないんすよ。足では負けても、ほかの部門では全部勝ちたい。先輩の力を思い知らせてやりたい。
もう百パーセントに近いっすよ。あとは実戦で勘を取り戻していくだけです」


井端の方が亜細亜大学の1年先輩。
盗塁以外ではすべて勝てるかな?
体調も百パーセント近いとのことでよかったよかった。
昨日「唯一無風かな」とは書きつつ、目のことやじんましんのことが心配しゃなかったわけじゃないです。
でも、これを聞いて安心しましたね。
いいキャンプを過ごしているようです。


ドアラの耳を販売します
こういう商品を待っていたんです!
トラ耳、ジャビ耳などに後塵を拝した感はありますが、やっと出ましたね。
来年はナゴヤドームで青い耳が揺れるかも…ですね。

あとこういうので言えば、パペット人形かな。
こちらはすでにドアラ、シャオパオ揃ってます。
野球少年だけではなく女の子も。
こういうファンシー系はさらに幅を広げてほしいですね。
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 15:58| Comment(2) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラ耳は見たことがありますが、
ジャビ耳は知りませんでした。
確かにウサギですから作りやすいですし。
意外とお子さんや女性には
ヒットするかもしれませんね。


Posted by Toshikichi at 2006年02月22日 21:35
>toshikichiさん

ジャビ耳は巨人戦以外でも目にすることはありますね。
ドアラもさまざまな特性を生かして人気を博してほしいと思います。
Posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 2006年02月23日 09:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

命の洗濯、サードの選択
Excerpt: キャンプ最後の休日。立浪が北谷に合流していよいよ森野と同じ土俵で練習することになりました。 大本営はネタ探しのため、企画もの2本キャンプの話題 ・森野VS立浪、三塁争い さあ直接対決(大本営) □・..
Weblog: Dragons Mega Hit
Tracked: 2006-02-22 17:01

落合監督今季の構想とドアラの耳発売?
Excerpt: 今朝の中スポ、 落合監督が木俣氏との対談で このキャンプの成果と 今季の構想について語っています。 監督の語る構想とはいかに?
Weblog: ドラゴンズスタジアム
Tracked: 2006-02-22 21:51

ドアラの耳。。。
Excerpt: 開幕戦の始球式で、浅田姉妹がこれ付けて登場したら、大売れだろな。。
Weblog: 竜のしっぽにつかまって。。
Tracked: 2006-02-23 09:36