2006年02月03日

猛肩注意

やはり!と言ってはナンですが、キャンプ序盤はやはりルーキースが紙面を飾ります。

藤井の肩「使える」落合監督 右翼争いに参戦
藤井
「送球練習が2カ月ぶりだったので、自分ではまだまだ。試合のときの送球とは比べものにならないです」

長嶋コーチ
「いい球投げてたね。でも鍛えれば、これからもっと良くなるよ。うん、福留と遜色ない」

地肩は抜群、走力もまずまず。
藤井の場合はいかに打撃面を向上させるか、です。
肩足はいい、打撃は非力とくれば、その枠はすでにいますからね。
英智にどこまで挑めるか、井上、上田にどこまで意識させられるかというところを見てみたいです。
だけど、この選手の肩は久しぶりに現れたホンモノという感じがします。
地肩という面では、中村一生もなかなかなのですが、コントロールなどの総合力では藤井の方が数段上だと思いますね。

また、ゴールデングラブの選手を動かすんだから、代わりの人もそれなりの守備力はほしい。
そうなってくると、井上というのも正直夢がない。
藤井や普久原がどこまでやってくれるかは楽しみですね。


新井弟に外野指令 落合監督期待の表れ
高代コーチ
「監督があの打撃力を試合で使いたいから、一塁も三塁も外野も練習させる。でも近い将来、立浪、森野を脅かす存在だよ」

新井
「練習あるのみです」

打撃力はあるし、肩などの身体能力は高そうですからね。
何より真面目で練習熱心だし、外野手として鍛えてもおもしろいと思います。
将来的にはサードでやらせたいみたいですが、こういう元気のある人は内野に置きたいっていう気持ちはありますからね。
体は強いし、練習熱心。コーチとしても鍛えがいがあるんじゃないですか。


柳田 体も心もパリパリ 森岡故障で急きょ1軍合流
柳田
「打撃のことを言われるのかなと思ったら、1軍と言われてびっくりしました。
打球の入りは速いと褒められましたが、グラブを出すのは遅いと言われました。
守備で肩を、走塁で足をアピールしたい。」


高代コーチ
「自主トレのころから動きを見ていて、上でやっても面白そうだなと思っていた。でも、上の人数が増えてもダメなので2軍にした」

森岡に代わって1軍昇格した柳田。
数少ない右打ちのショートとして、どこまでアピールできるか。
ただ、肩と言えば、この選手もなかなかです。
個人的には、この選手こそ外野向きなんじゃないかなぁというのはあります。
内野で使うには相当鍛えなければダメでしょうね。


平井、2日目で141キロ
平井
「スピードはそんなに意識していない。ただ、この時期にそれだけ出るということは腕が振れているということでしょう」

この時期にって言っても、平井は抑えることがあんまり得意そうじゃないからなぁ(笑)。
普通に投げてこのぐらいなんだろうね。
平井には何故か、徐々に作るっていうイメージがない…。


皆勤憲伸 毎日投げる!決意の70球
川上
「一応、毎日投げようと思っている。もちろん状態見ながらだけど。
肩の調子? きょうは肩を使って投げていないから。手先だけで投げている感じで、全力ではない」


森コーチ
毎日入る? そんなの当たり前だよ、みんなやってるんだから」

一部では早くも開幕投手の声が挙がる川上。
普通に考えればこの人しかいないでしょう。
「2ケタ勝った翌年はダメ」を抜け出した昨シーズン。
今季は初の「3年連続ローテ」ですね。


立浪、桜井に熱血指導 下半身の使い方を伝授
立浪
「一度見てくれと言われていた。こういう機会はなかなかないから」

櫻井も早4年目。
刺激を受け、また吸収し、一皮も二皮も剥けてほしいと思います。
でもね、写真でちらりと見るだけだけど、だいぶ締まってきたしかっこよくなってきたよ。
今季はそろそろファームで定位置をとってほしい。


○中スポの中里のコーナーから。
今日は中里と川崎憲次郎の出会いの話から。
中里
「(川崎とは)病院で一緒になったこともありますし、同じ時期に川崎さんも苦しんでおられましたから、励みにもなりました」

川崎
「(中里との)出会いは覚えていますよ。鮮烈だったからね。とにかくボールがうなりを上げていた。
(02年)足を踏み外したのが、ボクの目の前だったんですよ。『大丈夫かよ』と思ったけど、大丈夫じゃなかった。
今日だけを見るのなら、勝てないよ。何の魅力もないピッチャーだね。そこからどう上げていくか。自分を信じて。そして絶対に焦るな。今度怪我したら終わりだから。そう伝えてください」


川崎を初めて見たのも、中里を初めて見たのも同じ試合。
中里がルーキーの頃の5月のサーパス戦。
鮮烈だったなぁ。
ブルペンでの投球でも、低めからグッと伸びてたからなぁ。
翌日の中スポでは、1面を使って川崎。
「4000人の観客が川崎見たさに集まった」とあったけど、
何のことはない。こっちは初めから中里目当てでした。
本当にあれは、鮮烈だったですね。
やっぱり、人間って初見のイメージが強くなっちゃうのか、
中里に対しては、「ドームの巨人戦は凄かった」ではなく「あのナゴヤ球場での投球が見たい」という気持ちでしたね。

川崎に関してもですけど、
自分としては、ずっとファームで苦しんでいる姿を見ていただけに、到底悪く言えないな。
一昨年の開幕投手でも、悲鳴やら落胆の声やらありましたが、自分の中では素直に「1軍で先発できるようになったのか、スゲーな」という気持ちでしたね。もちろん驚きもありましたけどね。
また、途中で解任された山田監督の心残りは川崎だそうですね。
ことあるごとに「この秋は川崎と谷繁を鍛えなおすんだ」と言ってたんだとか。それも見たかったですねぇ。

と、長くなったけど、川崎も復活してほしかったな。

posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 21:48| Comment(2) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ、同じ試合見ていますね。
中里を振り返るVTRで清原を空振りに取るシーンが出てくるたびに
「あのころすでに中里の調子は下り坂だったんだぞ」
とか思いつつみていたものです(苦笑)
それくらい衝撃的でした。

川崎は引退登板も生で見ましたが
優勝してやって送り出せたのはせめてもの餞だったかなあと思いました。
川崎にとってドラゴンズではいい思い出は少ないかもしれませんが、
あの寛大な雰囲気の中で引退試合を組んでやれてよかったと。
Posted by MegaDra at 2006年02月03日 23:02
>MegaDraさん

中里はあの時は3回5奪三振でしたかね。
真っ直ぐで空振りがどんどん取れて、これはすごいと思ったものです。
スタメンもやたら豪華でしたが、中里を見ただけでお腹いっぱいになりました。

川崎はそうですね。
もし開幕投手を務めて、優勝できなかったら、また一層イメージは悪くなっていたんじゃないかと思います。
2軍の試合でも毎試合家族が来て一生懸命応援してましたからねぇ。
ああいうのを見ると悪くは言えないです。
Posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 2006年02月04日 09:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レーザー3門でHG(ハード・外野)?
Excerpt: 福留のセンターコンバートであいた両翼の争いにルーキー藤井が強肩で殴りこみ?福留、アレックスと外野にレーザービームが3門そろうか? あ、でも英智もレーザーだなぁ、井上も水鉄砲よりよっぽど強いし。切磋琢..
Weblog: Dragons Mega Hit
Tracked: 2006-02-03 23:17

藤井、柳田、新井、ルーキー野手つかみはOK!
Excerpt: 大学社会人ドラフト3巡目の藤井が 守備練習で自慢の強肩ぶりをアピールしました。 ライト後方の位置からワンバウンドで 直接三塁へ送球するなどわずか10数球ながら 遠投125メートルの肩を見せつけたようで..
Weblog: ドラゴンズスタジアム
Tracked: 2006-02-03 23:38

柳田IN 森岡OUT
Excerpt: 森岡の膝の具合はどうなのかなぁ?? 今年のキャンプはちょっとチャンスかな??って思ってたけど・・・ 中里も、まだまだプロのレベルまで戻ってないそうだし・・・
Weblog: 竜のしっぽにつかまって。。
Tracked: 2006-02-04 00:08