2006年02月01日

仕事はじめ

いよいよキャンプイン。
もう本当にあっという間ですね。
実はまだあんまり実感はなかったりするのですが、徐々に湧いてくるでしょう。
今年こそ!です。

落合監督“日本一獲り”大号令 きょうキャンプイン
落合監督
「首脳陣の顔色を見ずに、自分のために練習しろ。自分の力を伸ばすために、コーチをどんどん利用していけ。自分に厳しく。妥協はするな。狙うは日本一。それだけだ。
簡単なことだ。よければこの世界で何年でもメシを食っていけるし、悪けりゃいなくなるだけ。力の世界なんだから。
(選手は球団の)社員じゃない。従業員じゃない。契約選手なんだ。生き残りをかけてな」


「選手は個人事業主」が持論の落合監督。
もちろん、自分の成績ばかり追い求めるのはよくないけど、個々がそれぞれぶつかり合えばいいと思います。

昨年2位に終わったことで、選手に気合も入っているようだし、
立浪や落合英らも危機感いっぱいで臨む今シーズン。
そういう意味で、真価が問われる年になりそうです。

ちなみに、↓キャンプのメンバー。
『北谷』
投手
川上、岡本、岩瀬、朝倉、中里、中田、鈴木、チェン、山井、石井、平井、ドミンゴ、マルティネス、石川、高橋聡、長・、小林、鳥谷部

捕手
谷繁、小山、清水将、小田

内野手
荒木、渡邉、井端、川相、新井、森野、ウッズ、森岡、鎌田

外野手
福留、アレックス、井上、藤井、上田、英智、普久原

『読谷組』
投手
佐藤充、川井、吉見、樋口、遠藤、落合、金剛、山本昌、斉藤、川岸、小笠原、デニー、佐藤亮、高江洲、久本、金本、加藤

捕手
柳沢、前田、小川

内野手
高橋光、立浪、中川、澤井、柳田、堂上、竹下

外野手
平田、中村一、春田、中村公、櫻井


こうやって見ると、層は厚いなぁと思います。
北谷組の中で目を引くのが、石川、長峰、小林、鳥谷部、普久原あたりでしょうか。

石川は体は絞れてるのかな?今季は勝負の年ですからね。

長峰は今季最も注目している若手投手。
1軍という舞台、レベルの高い中にいてどこまで伸びるかな。
キッカケさえ掴めば、昨年のように何もできないということはないはず。
ド〜ンと来る可能性もあるはず。

小林は新フォームでどこまで勝負できるか。

鳥谷部は移籍1年目ということで、最初は飛ばすだろうけど、
いいアピールができればいいと思います。

普久原は、昨秋のキャンプで評価が高かった1人。
何度かここに登場はしています。まだひ弱い面はあるけど、
肩や足はまずまず、打撃もなかなかいい形をしているとあって、
レギュラー候補に躍り出る可能性はアリ。
また、そうでなくとも、1軍で何らかを得られればいいと思います。


福留「焦らない」 ケガ繰り返さない
「慌てない、無理をしない。これが一番大事だね。
ケガが一番良くない。無理してペースを早くしたらケガする。
練習をやっていけば、自然と量は増えていくと思う。それだけのことができる体を自主トレでつくってきたからね」


かねてよりWBCがあれどマイペース調整を貫いてきた福留。
キャンプインとなってもそれは変わらないようです。
こういう、頑固さというかマイペースさは福留のいいところ。こと野球に関しては。
とにかくケガだけは…です。


荒木 落合監督へ“果たし状”
荒木
「監督には毎日、1時間のノックをお願いしようと思ってます。正直、キツイんですけどね。でも、守備がうまくなるのはもちろん、下半身に粘りができて、バッティングにもいい影響が出るんですよ」

あのノックは精神的、肉体的にかなり効くのでしょう。
打撃の調子を上げていくのは、打撃練習だけではありませんからね。
コレ、下半身が鍛えられるというのはあるけど、
ノックでず〜っとボールを追いかけているから、打席でボールがよく見えるということはあるのかな?(ものを凝視してたら大きく見えるという感じです)


9年ぶり古巣復帰 佐藤秀樹氏 史上最強の『偵察部隊』
93年ドラフト1位・佐藤秀樹が、ファーム担当スコアラーに。
仕事は「若い選手にもデータを身近に感じてもらいたいし、場合によっては2軍落ちした他球団の主力選手を見てもらうことになる」ということ。
そういえば、ちょっと前の週ベに載ってたなぁ。台湾の金銭事情とかで。
と、これで93年ドラフト1,2位が裏方として揃いました。
佐藤もなぁ…。94年だけだったな。
9月終盤の巨人戦、郭−佐藤−今中のリレーだったかな。
立浪のソロ1本で勝ったゲーム。あれが印象深い。
中日晩年や西武、ヤクルトの時の印象がほとんどないので、この試合以降の佐藤の記憶は…。


赤っ恥かかされたオレ竜…テスト生・サンティアゴが無断辞退
井手編成担当
「来なきゃ来ないでいいんだよ。テストなんだから!! まあ、そういう人間なんだろう」

森コーチ
「見所あった? ねぇよ!!」

サンティアゴって、メジャー通算17勝の投手ですね。
他の2人とは実績が違いすぎて、「一緒にするのってどうなんだろう。横一線でやるんだよなコレ」と思っていたので、仕方ないなという感じです。
テスト外国人は、1軍メンバー?1軍スペア?それとも育成?
と書いてたのは、まぁそういうことです。
マイナーでも実績がない人と、メジャー17勝の30代だと、獲る目的が違いますよね。
でも、見所がないのを推薦するな(笑)。



センバツ出場32校が決定!
東海地区からは、ともに初出場
岐阜・岐阜城北
愛知・愛知啓成

が選ばれました。

岐阜城北は、左腕尾藤が投打の中心。
投げては130キロを超える真っ直ぐに、大きく縦に割れるカーブで打者を翻弄。
打っては投手らしくリストを生かした打撃で4番に座る。
スタメンの平均身長は170センチないぐらいだが、みんな粘っこい。
文字通り、山椒は小粒でも…を体現できるチーム。

愛知啓成は、ショートで4番キャプテンの森越を中心に守りのチーム。
エース右腕水野は、低目への制球に長け、バックを信頼し打たせて取る投球。
打撃面では、長打を打つ選手はいないが、繋がりはよい。
個人的にはイニング間の送球では本当にボロボロなのに盗塁は刺すという不思議なキャッチャー永田に注目したい。

岐阜城北の試合(対東邦)
愛知啓成の試合(対四日市工業)

センバツは3月23日から。


posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

昌さんのキャンプ便り
Excerpt: 昌さんのHPに、早速キャンプ日誌がアップされていました。
Weblog: 竜のしっぽにつかまって。。
Tracked: 2006-02-01 23:04

自分のために、ドラゴンズきょうキャンプイン!
Excerpt: いよいよきょう2月1日から 12球団は各地で一斉に春季キャンプを開始します。 ドラゴンズは1軍が北谷、2軍が読谷の両球場で 27日まで練習を行います。 その前日となった31日、沖縄県恩納村の宿舎で 1..
Weblog: Stadio Toshinao
Tracked: 2006-02-01 23:36

いよいよキャンプ
Excerpt: 2月1日からいよいよキャンプが始まります。 これで時間の短さの不満こそあれ、 スポーツニュースでドラの選手の姿が見られるのは嬉しい限りです。 まぁ、オリックス(清原、ノリ)、楽天(野村監督)、 ..
Weblog: スポーツ歩き
Tracked: 2006-02-02 01:29

キャンプイン!!
Excerpt: いよいよ今日から始まりました、秋季キャンプ{/ee_2/}{/ee_2/} 1軍と2軍の組み分けも発表されました。 1軍キャンプメンバーは・・・ {/star/}投手 川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁..
Weblog: Dra☆mode
Tracked: 2006-02-02 01:32

キャンプイン! みんなで沖縄!  春のセンバツ出場校
Excerpt: サニーです。こんにちは。いつも ご覧頂きまして、ありがとうございます。中日ドラゴンズを 応援しています。 ・2月1日・・沖縄キャンプ開始です。名古屋は、雨だけど ・・・それも、かなり、降ってる。   ..
Weblog: SF映画好きのドラゴンズ応援 Mr.SunnySue
Tracked: 2006-02-02 09:52

唯才是挙
Excerpt: 2月1日はキャンプインミーティングで落合監督があらためて訓示。北谷、読谷の組み分けもされました。ルーキーの登用は最小限に抑えた格好でベテランが上がってくるまでの『時限1軍』みたいな選手もいますがそこ..
Weblog: Dragons Mega Hit
Tracked: 2006-02-02 17:45