2006年01月30日

あなたの笑顔が怖いから

立浪 決意の1年契約 ダメなら辞める!!
立浪
「レギュラーとして出られなくなったら、たぶん辞めるとき。自分がしっかりすれば出られる自信がある。若手に負けないというよりも、自分との闘い。自分がしっかりすれば、出られる自信がある。
一昨年くらいまでは、3億円を超えて(チームの)1番になりたかった。最終年の成績がいいに越したことはないが、この年齢で1年でも悪いのは、受け止めないといけない。でも、やっている限り、上げられる。
昨季の反省はするけど、もう忘れました。もう一回、自分に厳しくなって、体も心もつくり直す。悔いのないように、やっていきたい」


立浪がキャンプインを目前に控え契約を更改。
金額など関係ない、あるのはレギュラーダッシュだけといった感じですね。
昨年の不振は自らを見つめ直す機会になっただろうし、本人も言うように、この人はレギュラーでなければ意味はないでしょうね。

ただ、立浪に関しては、以前にも書きましたが、
レギュラー剥奪発言は、「打てなくなったから」ではなく「守れなくなったから」。
立浪であれば、今からうまくなるというより、衰えた分を埋めることになるんだけど、本人の中にどれだけ意識があるか。
また、守りで調子がよければ自然と打撃の方も上がってきますからね。

何はともあれ、これだけ危機感たっぷりというのは見ていておもしろい。
「森野ぉ、もたもたするなぁ!」と思いつつ、立浪の復活を密かに願っています。


英二、ハイテンポ調整 ベテランの特権放棄・・・「覚悟の読谷」
同じく今季に賭けるベテラン。こちらも読谷スタートです。
落合英
「2月1日からブルペンで投げます。今までとは立場が違う。自分のポジションはない、と思ってるから。
故障しない程度に、アピールをしないといけない。」


今季は先発というのはないでしょう。
となると、まだまだブルペンでリリーフ陣のまとめ役をやってほしいな。
平井にしても岡本にしても、ちょっと次男気質。
落合が力を発揮できるのはリリーフであり、ブルペンだと思うし、
落合のようなブルペンを取り仕切れる人がいるのはチームの強みだと思う。

立浪も落合も危機感いっぱいでやっていますが、
若手選手はその気迫に押されぬようやってほしいですね。


福留、調整は順調!「問題なく動いて来ている」
何だかんだで毎日コメントを求められるのは、チームの中心の証拠。
福留の場合は、怖いのはケガだけ。
WBCもあるし、今季は飛躍の年にしたいですね。
しっかり活躍して、WBC査定を突きつけよう(しつこい)。


森コーチ「新人全員2軍で」自主トレ初視察
森コーチ
「新人?1軍では見ないよ。下でゆっくりやって出てきてくれればいい」

高江洲、金本→まずは体力作り
吉見→故障持ち
斉藤→昨年の反省かな?
佐藤→この人はまずは下で実績だね
ということを考えれば当然かなとは思います。
昨日の吉見のところでも触れましたが、ルーキーで怖いのは、無理に周りと勝負をしようとしてしまうこと。
いきなり全力でアピールするものだから、最初は飛び出すけど、結局失速してしまったりケガをすることがある。
そうはさせないためにも、まずは下で蒸らすことも必要でしょうね。


森コーチは、「昨年の新人を見なくては」と言っていますが、個人的には、大学・社会人選手は、2年目が1年目みたいな感覚で捉えていますね。
それは、上記の続きで、キャンプで失速したらなかなか浮上できないこと。
次に、シーズンの流れを掴むにはある程度の時間が必要。
そして、にも関わらず、周りからは「即戦力」として見られるプレッシャーがある。
などの理由からです。
実際、社会人だからって1年目からバリバリやる人も多くはないですからね。

ただ、昨年は中田がここまでやるとは想像以上でした。
正直「地方の、しかも公立の学校だからなぁ。いくらチームメイトが凄いって言っても、リーグがリーグだしなぁ…」という気持ちがあったんですよね。
まぁ、変なフィルターはかけるもんじゃないなと思いました(笑)。


また、ルーキー斉藤がブルペン入り
斉藤
「半分ぐらいしか力は入れなかった。今日は(フォームが)バラバラや、と思ったので、早めにやめました」

受けた小山
「軽く投げている感じだったけど、威力のあるボールだと思った」というボール。

とりあえず、フォームをしっかり固めることと、体を絞ることかな。
ただ、体は強く、使い勝手はいい投手なのではないかと思います。


落合パパ「ほめれば育つ」 椙山女学園付属幼稚園で講演
キャンプ直前に何やってるんだろう…?と思いつつ。
落合監督にとって、今は荒木や井端など、ドラゴンズの選手がかわいい息子達なのではないでしょうかね。
選手の成長については本当に嬉しそうに話すもんなぁ。

だけど、福嗣“さん”なんだよなぁ。
この前高校に入ったばっかりだったのに、春から大学生なのかぁ。
一昨年、神宮で見た時はな、そりゃ貫禄は凄かったけどさ。


元L大塚氏球団に元同僚大友氏加入
去就が未定だった前中日の大友が、元西武大塚光二が設立したクラブチームへ行くことに。
不完全燃焼に終わった昨シーズン、クラブチームに場を移して、そのうっぷんを晴らしてほしいと思います。
大塚と大友って、ポジションもプレースタイルもモロ被りですけど、
監督としては、自分に似た選手を使いたいのかな?
でも、クラブチームの選手としては、最も実績があるんじゃないかな。
大友.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:47| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Q.D.R.契約終了
Excerpt: 立浪が契約更改。一年契約で一念発起の巻き返しはあるのか?福留、井端、谷繁といったところも沖縄入りし役者がそろってきました。 今日のタイトルは加藤元浩(マンガと侮るなかれ)□だったり高田崇史(あんまり..
Weblog: Dragons Mega Hit
Tracked: 2006-01-30 22:36

19年目の覚悟
Excerpt: 昨シーズンで4年契約が終了した立浪が、 新たに1年契約を結びました。 立浪 決意の1年契約 ダメなら辞める!!(中日スポーツより) 中日・立浪が背水の1年契約…2500万円減の2億2500万..
Weblog: スポーツ歩き
Tracked: 2006-01-31 00:20

立浪更改、覚悟と自信の1年契約。
Excerpt: これまで日程調整がつかず、 この日初交渉となった立浪が契約を更改。 10%ダウンの年俸プラス出来高で1年契約。 白紙となったサードのレギュラー奪回も含め、 今季の成績次第では 引退も覚悟という決意を語..
Weblog: Stadio Toshinao
Tracked: 2006-01-31 09:06