2005年11月30日

ブン屋の分野

巨人・清武代表 WBC派遣消極的球団にペナルティーも
が、↓になり
清武代表 連日のWBC消極球団を批判
さらに↓のようなことになり、
中日幹部がG清武代表「姑息」発言に激怒!WBC参加問題
中日が巨人清武代表に反論、WBC選出
と、やはり新聞屋同士の抗争と相成りました。

清武代表も、この大会の幹事のようなものなので、
いろいろな面からの圧力はあるでしょうが、球団名や、代表メンバー、ペナルティー云々については、少々失言でしたな。
これに対し、中日の幹部というのは、井手編成担当なわけですが、彼の言い分はこうです。
「錯覚してるんじゃないの。球団は関係ない。姑息と発言? そっちが姑息じゃないの。読売が絡んでいるんでしょ。それでイラついているんじゃない。そもそも何で1代表がメンバーを知っているの? おかしいよ。球団ではなく、選手個人に(参加要請の)話がいって、個人で返答している。球団はまったく関与していない」。
これの、「〜おかしいよ。」までは全面的に同意ですが、その後からは、またか…。って感じです。
球団が関与を否定するのではなく、球団が泥を被らなければならないんじゃないの?
誰が悪いとかそんな話じゃないけど、最後は余計だったな、井手よ。

だけども、この大会は「どのようにして行く」っていう目標がないので、
そりゃ話はうまく進まないよ。
何度も言っているけど、メンバー発表だって、もっと早くにするべき。
揃わないから発表しないのではなく、決まったところから順に発表すればいいだけ。
こんなんだから、選手や代表の発言が大きくなるのは仕方がない。
「選手会で最強チームを作ることを決めた」っていうのを盾にしても、
PTAが「生徒会で決めた」というのと同じくらいの軽さ。お互いの関係も近いわけでもないし。
長くなったけど、新聞屋の人間なら、しっかりと各チームに裏を取ってこいということだ。
この大会自体はどうでもいいけど、清武代表には頑張ってほしいとも思うのでね。


名商大遊撃手・竹下、中日があすの育成ドラフトで指名へ 中村監督が鍛えた守備力
明日の第2次ドラフトで、名商大の竹下内野手を指名する方針。

中原スカウト「リーグは2部だったけど、ボールに対するチャージの仕方とか、守備面で光るところがあった。」
名商大・中村監督「フィールディング、スローイングの正確さ、捕ったときの安定感と、いいものがある。プロで鍛えてもらえば、もうひとつあか抜けるんじゃないか。」

と、ともに守備に対して評価をしています。
素材買いですが、先日の柳田に続き、右打ちのショートの獲得を目指すようです。
愛知の2部でも打てないとなると、どれだけ苦労するんだろうとは思いますが、
打撃は伸びる時は伸びますからね。今後の成長に期待したいです。
理想としてはショートだけで試合に出られる選手になってほしいな。
あっちこっちに回されて、結局サードに落ち着いたとかはちょっとね…。
そうなればいつまで経ってもショート探しの旅は終わりませんので。

やはり、中村監督が言う、「(中日の)立浪にしてもそうだけど、守りから入ってチャンスをもらった」。です。
打っても守れない選手よりは、打てなくても守れる選手の方が需要は高めです。
繰り返しですが、守備は突然うまくなりませんが、打撃は急に伸びますからね。

また、明日のドラフトでは、加藤光教打撃投手も指名の方針。
しかし、このドラフトの詳細は明日煮詰めるそうです。
最悪、日程延期という事態もあるそうで、そんなので大丈夫か?とも思います。


このドラフトについては、今日のスポーツ報知に特集がありまして、
中日は上の2人
巨人は戦力外となった平岡投手と横川捕手
広島は今季プレーしたフランコを一旦解雇し指名。と、もう1人ドミニカ人選手。
ソフトバンクは四国リーグの選手
と、現在4球団しか行使予定はないそうです。
この制度に関しては、やはりまだ認知不足という側面も大きいみたいですね。

あと、平岡のプレー写真が載っていましたが、何ですかアレ…。
今季は8回で9四球だったそうですが、それも納得。
体のアチコチが折れ曲がり、あれでコントロールがいいわけがない。
ちょっとヒヤッとしました。故障があったんだろうな。
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 16:55| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

大西・憲伸魂の対決と姑息発言に反論!?
Excerpt: 巨人へ移籍した大西が28日、 岐阜県内で行われた中日選手会主催の 送別ゴルフに参加。 チームメイトに感謝するとともに 来季は、ドラゴンズのエース 川上憲伸との対戦を熱望。 挑戦状をたたきつけました。
Weblog: Stadio Toshinao
Tracked: 2005-11-30 21:51

ゴルフ外交
Excerpt: オフシーズンのプロ野球選手はゴルフ三昧機嫌のいい選手からコメントを引き出すというのがいつものパター
Weblog: Dragons Mega Hit 2005
Tracked: 2005-12-01 12:04

WBC問題関連
Excerpt: そもそもの事の始めは   WBC派遣消極的球団にペナルティーも 巨人・清武球団代表は28日、WBCへの選手派遣に消極的な球団について「阪神、中日は1人でしょ、出すと言っているのは。最強..
Weblog: C2って?
Tracked: 2005-12-01 13:47