2022年07月30日

【2022.7.30 高校野球愛知県大会決勝】愛工大名電7-4東邦 昨年の忘れ物

第104回夏の甲子園大会。
愛知県代表は昨年に続き愛工大名電。

春の決勝では東邦が宮國、三浦のリレーで完封勝利をあげましたが、
夏は愛工大名電がこの2投手を攻略するかたちになりました。

愛工大名電
100 020 022=7 H18 E3
002 010 001=4 H9 E1
東邦

愛)有馬−藤山
東)宮國、三浦−落合

さすがのライバル校同士の決戦、
取っては取り返す見応えのあるシーソーゲームとなりました。
決勝のカードとして順当かとは思いますが、
その順当に勝ち上がってくるのがまず凄いことだと思います。

愛工大名電はエースナンバーを背負う有馬。
東邦は背番号10、2年生の宮國の両先発。

序盤から動くゲームとなりましたが、
お互い最少失点で切り抜けていったという印象です。

もっとも、春から見る機会がありましたが、
打線は名電、東邦はこの2枚看板。
大会最終盤では打線がよいチームが有利かとも見ていましたが、
例えば東邦の2枚看板に対しての左打者が多い名電打線に対して、
有馬という左投手に対して右打者が多い東邦。
今日で言えば、投手は相手の大応援団を正面に見ての投球。
捕手の藤山、落合は共に下級生からマスクを被り、ここは似ているところですが、
いろいろ対照的な両チームだからこそ、これほどの拮抗した試合になったのだと思います。

ポイントとしては7回。
6回からリリーフした三浦が名電打線を無失点に抑えた後、
7回からはお互いトップバッターから始まるというところ。
有馬も徐々によくなってきているところでしたし、
得てしてこういう場面では試合が膠着していくことがありますが、
そこでチャンスを作り出し、きっちり得点にまで繋げた名電が見事でした。

もう一つは内野手の連続ミスで同点に追いつかれた直後、
ライトファールフライを気合で追いかけた美濃のプレーを挙げたいと思います。
これが無言の喝のようで、チームを引き締めたような気がします。
また、その美濃が終盤ホームを踏むのですから、一つ一つのプレーが繋がっていたのではないかというところですね。


これで愛工大名電は昨年に続いての代表権獲得。
昨年は田村、寺嶋らを擁する大型チームでしたが、甲子園では初戦敗退。
そのチームを継いだプレッシャーは大きかったと思いますが、跳ね除け代表権を獲得したのは本当にお見事。
甲子園では先輩たちが成しえなかった勝利を掴み取ってほしいですね。

1.jpg

3.jpg 2.jpg
岩瀬

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg
始球式のボールを投下

9.jpg
落合

10.jpg 11.jpg 12.jpg 13.jpg 14.jpg
宮國

15.jpg
先制は名電

16.jpg 17.jpg 18.jpg 19.jpg 20.jpg 21.jpg
有馬

22.jpg

23.jpg

24.jpg

25.jpg

26.jpg

27.jpg

28.jpg

29.jpg

30.jpg

31.jpg

32.jpg

33.jpg
伊藤も昨年からのレギュラー

34.jpg

35.jpg

36.jpg 37.jpg
打っても主軸の有馬

38.jpg

39.jpg

40.jpg 41.jpg 42.jpg 43.jpg
三浦

44.jpg

45.jpg 46.jpg

47.jpg
美濃

48.jpg

49.jpg
藤山
春のケガを乗り越えました

50.jpg
代打・石川
昂弥の弟さん

51.jpg
見事ヒットで繋ぎました

52.jpg 53.jpg 54.jpg
最後までよく投げました

55.jpg

56.jpg

57.jpg

58.jpg

59.jpg
6月に亡くなったチームメートの写真も

60.jpg

61.jpg

62.jpg

63.jpg

64.jpg

65.jpg

66.jpg
甲子園での躍動も期待しています
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月23日

【2022.7.23 高校野球三重大会準々決勝】松阪商業3-0海星 平成の始めの頃

津球場第2試合は、
松阪商業が粘りの完封勝ちで一昨年独自大会以来のベスト4進出です。

海星
000 000 000=0
100 000 11✕=3
松阪商業

海)服部、堤、伊藤佑−伊藤英
松)八木、服部−青木

1998年以来の甲子園出場を目指す海星、今年はベスト8で敗退。
これで現役選手はもちろん、大学生ぐらいまでも生まれる前のお話。
部員数は県内1番の100名弱。
男女共学になりますます学校の雰囲気も変わることでしょう。
朝明戦も今日もスタンドのブラバン、応援は凄かった。
そして相手もスタンドのファンもやはり海星は目標となる学校。
どこかで壁を破れば一気にとは思いますが、なかなか勝てません。。

今日の試合では初回満塁のチャンスを潰すと、
その裏にはするするっと先制点を献上。
相手先発1年生左腕の八木を打ちあぐねている間に、
バッテリーエラーなどもあり痛恨の追加失点。

毎度負ける時はこんなものかも知れませんが、
走塁ミスであったり、打者も投手も受け身になってしまうというか。
正直なところ、守っていくのか攻めまくるのか、そこらへんが選手の能力任せになっている面はあるかなと思います。

捕手の伊藤英はこの地区でも屈指となる能力があると思いますし、投手も粒ぞろい。
バッテリーが下級生中心なので新チームの楽しみはありますが、
まずはこの経験をしっかりと活かしていってほしいと思います。


松阪商業は、先発の重責を1年生サウスポーに託しましたが、
これが見事にハマりました。8回途中まで無失点。
物怖じすることなく、コントロールよい見事なピッチング。
そしてピンチを迎えた場面でエースナンバー。
ここでのアンダーハンドへのスイッチは相手を抑え込むのに十分。

これで準決勝は商業高校対決。
古豪復活なるか。注目の一戦ですね。

1.jpg

2.jpg

3.jpg
スタメン

4.jpg

5.jpg

6.jpg 7.jpg 8.jpg 9.jpg
八木

10.jpg

11.jpg 12.jpg 13.jpg 14.jpg 15.jpg 16.jpg
服部

17.jpg

18.jpg

19.jpg

20.jpg
伊藤英

21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg 25.jpg 26.jpg 27.jpg 28.jpg

注目の1年生

29.jpg 30.jpg 31.jpg
伊藤佑
2年生

32.jpg 33.jpg 34.jpg 35.jpg 36.jpg
エースナンバー服部

37.jpg 38.jpg

39.jpg

40.jpg

41.jpg

42.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2022.7.23 高校野球三重大会準々決勝】津商業7-3四日市南 追い越せなかった背中

三重大会準々決勝、津球場第1試合は公立校同士の一戦。
春県大会優勝に続き、夏制覇を目指す津商業と、
現3年生世代の1年生大会優勝の実績を誇る四日市南。

結果は春優勝の貫禄を見せ、津商業がベスト4進出。
四日市南も序盤に追いつくなど粘りを見せた好ゲームとなりました。

津商業
300 301 000=7
201 000 000=3
四日市南

津)坪井、古田−樋尾
四)世古−加藤

チーム力の差が大きくあるという感じではありませんでしたが、
抜け目のない走塁、堅い守備、そしてここぞで一打が出る勝負強さなど、
やはり1プレーごとの地力に差で津商が上回った感じとなりました。

四日市南としては、追い付きこそしたものの追い越せなかった。
津商は追い付かれても4回以降はエースナンバーの古田がきっちり0封。
経験も豊富でマウンド上での自信も感じられますね。

このあたりは試合経験もまるで違うので、
現段階での残念ながら差であると思います。
ただ四日市南も指導者が変わり先述の通り1年生大会優勝という実績もついてきた。
元々県大会で勝ち星を上げる力はあるだけに、相手の津商のようになる可能性だって十分あると思います。
そういう目線では、この一戦は大きなものだと思いますし、
四日市エリアで力をつけた公立が出てくると更に面白くもなるでしょうね。

津商業は春から見て、この夏に向けて更に個々の力がついてきたなと感じましたし、
四日市南は2試合ですが試合ごとに自信がついてくる感じもあって、
ホントに短期間でチームは成長するのだと改めて実感したゲームでした。

津商業はこれで昨年に続くベスト4。
負けない強さで悲願なるか楽しみですね。

1.jpg

2.JPG
スタメン

3.jpg

4.jpg

5.jpg 6.jpg 7.jpg
四日市南・世古

8.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg 12.jpg 13.jpg 14.jpg 14.jpg
津商・坪井

15.jpg 16.jpg

24.jpg
牧戸

17.jpg

18.jpg 19.jpg 20.jpg
よく投げました

21.jpg

22.jpg

23.jpg

25.jpg

26.jpg

27.jpg

28.jpg
古田

29.jpg

30.jpg

31.jpg

32.jpg

33.jpg

34.jpg

35.jpg

36.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月18日

【2022.7.18 高校野球三重大会2回戦】海星4-1朝明 熱投及ばず

98年以来の甲子園を目指す海星と、
最近ではラグビー部が花園常連の朝明の一戦。

このカードは3年前の2回戦。
当時は海星がコールドで朝明を破り、
最終的には津田学園に敗れましたが決勝進出。

吉兆なるかの再戦です。

朝明
000 000 100=1
121 000 00✕=4
海星

朝)伊藤立−藤澤
海)伊藤佑、堤、高橋、森口、高橋、深谷−伊藤英

結果としては海星の順当勝ちでベスト16進出。
ではありますが、とにかく朝明の伊藤立投手の熱投が胸を打つ試合となりました。

スピードは130キロ台前半ですが、
スラッとした身体を全身使って、力強いボールを投げ込みます。
スピンもよいのか、海星打線からフライアウトの山を築きました。
途中手を痛めるアクシデントがありましたが、マウンドに戻った後は、
その痛みを感じさせないほど相手を圧倒しました。
少し気持ちが入りすぎる仕草や表情はご愛嬌ですが、
中盤以降、これだけ投げられたというのは素晴らしいことだと思います。

点差以上の差があったのは仕方ないところですが、
幸い新チームでも人数は9名以上いるようですし、
この経験は大きいものだと思います。

海星は実に延べ6人の投手リレーで逃げ切り。
途中思い通りにいかないところがありましたが、
捕手も含め下級生中心のバッテリーで乗り切りました。

次戦はベスト8をかけて白山と。
今日の伊藤投手とタイプの似た山中投手を相手に、
どこまで対策して臨めるかだと思います。
3年前の朝明戦と同じく変な走塁ミス(牽制死、タッチアップの離塁が早いなど)がありましたが、
県で一番部員が多いチームのレギュラーメンバーですから、しっかり引き締めていってほしいですね(名簿見ましたが、90名以上いてビックリしました)。

0.jpg

1.jpg
スタメン

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg
伊藤佑

7.jpg

8.jpg 9.jpg 10.jpg 11.jpg 12.jpg
伊藤立登

13.jpg

14.jpg 15.jpg

16.jpg
しなやかなフォーム

17.jpg 

20.jpg 21.jpg

2年生のレギュラー捕手の伊藤英吉
肩も強く楽しみな選手です

18.jpg

19.jpg

22.jpg 23.jpg
1年生でサードスタメンの二井
小柄ですが存在感あるプレーでした

24.jpg 25.jpg
伊藤佑の新チームからも楽しみです

26.jpg
朝明の藤澤捕手もいいプレーがありました

27.jpg

28.jpg

29.jpg

30.jpg

31.jpg

32.jpg 33.jpg
1年生堤
130キロ超の真っ直ぐが武器

34.jpg 35.jpg
いい投げっぷり

36.jpg 37.jpg 38.jpg

40.jpg

39.jpg
エースナンバーの高橋
この投手も2年生。体もあるし楽しみ

41.jpg 42.jpg 43.jpg
ショートから森口がリリーフ

44.jpg
1番で出場

45.jpg 46.jpg 47.jpg 48.jpg 49.jpg
よく投げました

50.jpg 51.jpg 52.jpg 53.jpg
最後は3年生の深谷

54.jpg

55.jpg

56.jpg


posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2022.7.18 高校野球三重大会2回戦】四日市南10-0四日市 南がベスト16

一日順延で迎えたこのカード。
共に四日市市に位置する公立高校、進学校同士の一戦はミナミが6回コールドで制しました。

四日市
000 000=0
401 032=10
四日市南

四)羽山、古田、森口−加藤
南)世古−加藤

四日市南が7安打ながらも10得点。
隙を突いたスチールや守ってはノーエラーと、
野球のうまさで勝りました。

投げては世古投手。
1回戦で二桁得点をあげた四日市打線を、見事2安打完封。
キレイなオーバーハンドからのキレのあるボールが持ち味。
しっかり打者の膝元へ投げ込むコントロールも光りました。

四日市にとっては、
ことごとく相手に上回られるような、ついていく試合運びとなりました。
それでもさすが伝統校。
スタンドの大音量、一体感は見事でした。

四日市もミナミも部員の数も同じほど。
勝ったミナミは更なる躍進を期待します。

24.jpg

2.jpg
スタメン

3.jpg

4.jpg 5.jpg 6.jpg 7.jpg 8.jpg 9.jpg
羽山

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg
古田

14.jpg 15.jpg 16.jpg
世古

17.jpg

18.jpg 19.jpg

20.jpg

21.jpg 22.jpg 23.jpg

25.jpg

26.jpg

27.jpg

28.jpg

29.jpg

30.jpg

31.jpg 32.jpg 33.jpg 34.jpg
森口

35.jpg

36.jpg

37.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月16日

【2022.7.16 高校野球三重大会2回戦】津田学園2-2稲生 継続試合

今週末で津田学園、津商業、菰野の残りのシード校が登場し、
これで三重大会も全校が出そろう形となります。

今日の四日市第1試合は、
三重県大会を昨年秋ベスト4、今春準優勝の津田学園が、
初戦桑名北を接戦の上制した稲生を迎え撃つ一戦となりました。

津田学園
002 00 =2
000 11 =1
稲生

津)越智−岩本
稲)平子−大河内

あいにくの雨には勝てず継続試合に。
明日5回裏、1死満塁、打者・平子にて試合再開となります。


稲生の先発は打っては4番、背番号7の平子。
スラッとした体型で、真っ直ぐの最速は139キロ。
個人的に今年見た三重県の投手の中では最速です。
どちらかと言えば野手投げで、コントロールはアバウトですが、
ボールに力があることで徐々にハマっていった感じですね。

継続試合では1死満塁、打者自分からのスタート。
まさにキーを握る形となりますが、自分を、チームを助ける一打が出るか注目ですね。

一方で津田学園は
春の東海大会で東邦相手に粘投を見せた越智が今大会のエースナンバー。
丁寧に丁寧にが身上のタイプかと思いますが、逆にピンチを迎えた時にどこまでそれが発揮できるかなのではないかと思います。
5回は味方のエラー、強襲打が内野安打、送りバントがヒットと不運も続きました。
なかなか心穏やかではないかも知れませんが、明日はいきなりトップギアが求められますね
(継続試合の場合、投手はどうなるかはよくわかっていませんが)。

稲生高校と雨と言えば、
2014年の三重高戦が記憶に新しいところですが、
今大会はノーゲームではなく継続試合。
この雨で流れが変わるか、文字通り継続なのかですね。楽しみです。

DSC04662.jpg

DSC04580.jpg
スタメン

DSC04581.jpg

DSC04582.jpg

DSC04584.jpg DSC04585.jpg DSC04587.jpg DSC04586.jpg
平子

DSC04610.jpg DSC04612.jpg DSC04613.jpg DSC04614.jpg DSC04615.jpg

DSC04618.jpg
越智

DSC04595.jpg DSC04647.jpg
津田学園主軸の神田

DSC04652.jpg DSC04653.jpg DSC04654.jpg
痛烈な当たりはあっという間に左中間を抜けて3ベース

DSC04656.jpg

DSC04645.jpg

DSC04634.jpg

DSC04649.jpg

DSC04644.jpg

DSC04627.jpg

DSC04650.jpg

DSC04665.jpg

DSC04677.jpg

DSC04681.jpg

DSC04668.jpg

DSC04683.jpg

DSC04685.jpg

DSC04688.jpg

DSC04700.jpg

DSC04702.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月09日

【2022.7.9 高校野球三重大会1回戦】四日市中央工業1-0四日市工業 鮮やかノーヒットノーラン

四日市球場第2試合は、
四日市工業高校対決。

これまで三重県の高校野球は、
唯一全国優勝をしている四日市高校の他、
海星や四日市工など四日市市の学校が存在感を発揮してきました。

ところが四日市市からの甲子園出場は、
2001年、その四日市工業以来20年以上も遠ざかっている状態。
一昨年の独自大会準優勝など、
少しづつ復活の兆しが見えてきている四日市工業。
春は三重高校に惜敗。
この夏はどうでしょうか。

一方四中工はサッカーが有名ですが、
野球部もこれも10年ぐらい前ですが秋の東海大会出場の実績もあります。

四日市でのこの工業対決、制したのは…

四日市工業
000 000 000=0
001 000 000=1
四日市中央工業

四工)石田−森田
四中)津波−簾谷

立ちはだかったのは、四中工評判の右腕・津波でした。

183cm77kgという細身の体から、
真っ直ぐの最速は138キロ。スライダーや落ちるボールなども良く、
7回1死までパーフェクト。
何度か3ボールまで行きましたが、そこから大きく崩れませんし、
終盤初走者を許し、非常に難しいところだったと思いますが、
粘り強さを発揮しついに最後まで一本を許しませんでした。

正直なところ、マウンドに上がるまでは、
エース投手なのにズボンは練習着のようだし、
ユニフォームも裾が出るような無頓着というか、
ちょっとしただらしなさのようなものがありましたが、
マウンドに上がるとまさに一変。
それは頼れるエースピッチャーの姿でしたね。

夏前に浮上し、
一気に記録までマークしました。
次戦は三重高と。
選手層の厚さでは今年も県屈指だと思いますが、
どこまで投げられるか楽しみですね。

DSC04565.jpg

DSC04484.jpg

DSC04485.jpg DSC04486.jpg DSC04487.jpg DSC04488.jpg DSC04496.jpg DSC04489.jpg
しなやかなフォームが特徴的です

DSC04502.jpg DSC04503.jpg DSC04504.jpg DSC04499.jpg DSC04510.jpg DSC04509.jpg
石田
こちらは最速107キロ
コントロールで勝負です

DSC04492.jpg

DSC04522.jpg DSC04523.jpg

DSC04527.jpg
先制打

DSC04529.jpg

DSC04536.jpg

DSC04538.jpg

DSC04516.jpg

DSC04512.jpg

DSC04514.jpg

DSC04545.jpg

DSC04548.jpg

DSC04542.jpg

DSC04554.jpg
迎えたピンチもダブルプレーで切り抜けて

DSC04556.jpg
細身でユニフォームの裾が毎回抜け出ます

DSC04568.jpg

DSC04570.jpg

DSC04562.jpg
見事ノーヒットノーラン

DSC04571.jpg


DSC04577.jpg

DSC04578.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2022.7.9 高校野球三重大会1回戦】いなべ総合学園9-1宇治山田高校 シード校、初戦突破

第104回全国高校野球選手権三重大会
今年も甲子園を目指す戦いが始まりました。

夏の三重大会のシード権は、
これまでは新チームの成績によるポイント制で決めていましたが、
今年は分かりやすく春の県大会8強チームに与えられることになりました。

参加校の数もありますので、
大会序盤からシード校が出てくることになりますが、
それでも直近の春の大会の上位チームといきなり当たらないのはメリットでしょうか。

今日の四日市第一試合は、
そのシード校いなべ総合がコールドで初戦突破を果たしました。

宇治山田
001 000 0=1
004 203 ✕=9
いなべ総合

宇)藤崎、仲村、藤崎−若宮
い)小倉、高田−加藤

いなべは春の大会も見ましたが、
山田、石垣の1,2番は打撃も足もいいですし、
梨本や篠田の中軸もやはり力があります。
今日の試合では先制を許す展開となりましたが、
相手のミスにも乗じて、打撃も足も絡めて、まずは順当というところでしょうか。

投手も数枚いますし、
足が使えるチームというのは貴重だと思いますので、
ここからどこまで勝ち進んでいけるか楽しみですね。

DSC04429.jpg
トップを打つ山田。
春はセンターでしたが、この大会はショートに。
やはり俊足は魅力ですし、打撃もしっかりしていますね。

DSC04386.jpg
スタメン

DSC04387.jpg DSC04388.jpg DSC04389.jpg DSC04390.jpg

DSC04393.jpg
小倉

DSC04408.jpg DSC04406.jpg
藤崎

DSC04396.jpg DSC04400.jpg DSC04401.jpg

DSC04392.jpg
山田

DSC04409.jpg

DSC04414.jpg

DSC04436.jpg

DSC04424.jpg

DSC04428.jpg
先制は宇治山田

DSC04421.jpg

DSC04435.jpg

DSC04439.jpg

DSC04440.jpg

DSC04450.jpg

DSC04457.jpg DSC04461.jpg

DSC04453.jpg

DSC04474.jpg DSC04475.jpg

DSC04462.jpg DSC04466.jpg DSC04467.jpg DSC04468.jpg DSC04469.jpg
仲村

DSC04473.jpg DSC04471.jpg DSC04476.jpg DSC04472.jpg
高田

DSC04482.jpg

DSC04483.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。