2021年11月03日

【2021.11.3 第74回秋季東海大会準々決勝】聖隷クリストファー(静岡2位)4-3中京(岐阜1位) ミラクル聖隷と繰り返す悪夢

準々決勝第2試合は、岐阜県1位が登場。
ここまで愛知1位、三重1位が姿を消すという混戦模様。
相手は初めての甲子園出場を目指す聖隷クリストファー。
よくある表現ですが、初試合のチームに既に1勝しているチーム。
有利なのはどっちだ。

聖隷クリストファー
000 100 003=4
002 100 000=3
中京

聖)今久留主、塚原−水谷、河合
中)瀬戸−根津

■試合結果はコチラ

中京が幸先よく2点を先制。
すぐさま1点を返されますが、その裏に突き放す。
そして中京のエース瀬戸はMAX138キロをマークしたサウスポー。
細かいコントロールや走者を背負った場面でやや苦労する面はありますが、
スリークウォーターからの真っ直ぐはキレ味十分。
順調にイニングを重ね、このまま押し切るかと思いましたがドラマは最終回に待っていました。

1死3塁でピッチャーゴロ。
ここで3塁走者を挟んだまでは良かったですが、
その際投手と走者の接触があり走塁妨害で1失点。
以降は死球、ヒットを挟んで2つの押し出し四球で逆転。
接触が無ければ…などはありますが、気持ち的に落ちたところで疲労もドッと重なった感じですね。
塁を埋めれば逆転の走者となるわけで、投手の踏ん張りしかなかったとは思いますが、中京としては勝ちがスルリと抜けた感じでしょう。

個人的には中京は二度目ですが、
前回は四日市で石川擁する東邦に9回5点差を逆転負け。
当時も左腕エースでしたが、こういうのは繰り返すのかなと思ってしまいました。

一方聖隷クリストファーは、
これで東海大会2勝目。初めての甲子園へ大きく前進しました。
何と言っても3回途中からリリーフをした背番号9のサウスポー・塚原の熱投に尽きると思います。
最後まで投げ切り7回を7奪三振。
170cm未満の小柄で真っ直ぐも125キロ程度ですが、腕の出所が見えにくく余計にキレを感じさせるタイプ。
この投手の頑張りが最後のミラクルを引き起こしたと言ってもよいのではないでしょうか。
3回先頭を出したところでスパッと交代となったわけですが、その采配を見事正解にしましたね。

至学館とは似たチーム同士かと思いますので、
準決勝は好ゲームになるのではないでしょうか。期待したいですね。

21-11-03-19-25-20-834_deco.jpg

21-11-03-18-20-41-988_deco.jpg

21-11-03-18-20-57-628_deco.jpg

21-11-03-18-21-16-574_deco.jpg
いろんなノックのカタチがあります

21-11-03-18-20-17-294_deco.jpg
スタメン

21-11-03-18-22-19-446_deco.jpg 21-11-03-19-06-39-467_deco.jpg 21-11-03-18-21-51-373_deco.jpg 21-11-03-19-07-05-555_deco.jpg 21-11-03-19-07-25-990_deco.jpg 21-11-03-19-07-43-752_deco-eee80.jpg
中京・瀬戸
キレ味よい真っ直ぐが武器の好投手

21-11-03-19-08-00-525_deco.jpg

21-11-03-19-08-21-894_deco.jpg

21-11-03-19-08-46-287_deco.jpg

21-11-03-19-09-07-994_deco.jpg

21-11-03-19-09-27-670_deco.jpg 21-11-03-19-09-52-064_deco.jpg 21-11-03-19-10-11-436_deco.jpg 21-11-03-19-10-31-069_deco.jpg
先発は背番号10の今久留主

21-11-03-19-10-46-189_deco.jpg

21-11-03-19-11-04-349_deco.jpg

21-11-03-19-11-22-957_deco.jpg

21-11-03-19-11-47-791_deco.jpg

21-11-03-19-12-12-581_deco.jpg

21-11-03-19-12-40-120_deco.jpg

21-11-03-19-13-00-170_deco.jpg
塚原へ

21-11-03-19-13-18-880_deco.jpg

21-11-03-19-13-35-662_deco.jpg

21-11-03-19-13-54-274_deco.jpg

21-11-03-19-14-22-812_deco.jpg 21-11-03-19-14-41-405_deco.jpg 21-11-03-19-15-03-509_deco.jpg

21-11-03-19-15-26-618_deco.jpg
素晴らしい好投でした

21-11-03-19-16-00-172_deco.jpg

21-11-03-19-16-22-905_deco.jpg

21-11-03-19-16-42-858_deco.jpg

21-11-03-19-17-06-284_deco.jpg

21-11-03-19-17-19-567_deco.jpg

21-11-03-19-17-37-512_deco.jpg

21-11-03-19-17-56-194_deco.jpg

21-11-03-19-18-14-953_deco.jpg

21-11-03-19-18-33-402_deco.jpg

21-11-03-19-19-09-093_deco.jpg

21-11-03-19-19-29-477_deco.jpg

21-11-03-19-19-49-526_deco.jpg

21-11-03-19-20-14-369_deco.jpg

21-11-03-19-21-13-947_deco.jpg

21-11-03-19-21-42-355_deco.jpg

21-11-03-19-22-15-384_deco.jpg

21-11-03-19-22-33-979_deco.jpg

21-11-03-19-22-55-838_deco.jpg 21-11-03-19-23-15-566_deco.jpg
走塁妨害で1点

21-11-03-19-23-39-134_deco.jpg

21-11-03-19-24-00-783_deco.jpg

21-11-03-19-24-16-217_deco.jpg

21-11-03-19-24-38-990_deco.jpg
押し出しでついに同点

21-11-03-19-25-01-772_deco.jpg

21-11-03-19-25-45-297_deco.jpg

21-11-03-19-26-09-173_deco.jpg

21-11-03-19-26-34-429_deco.jpg

21-11-03-19-27-05-992_deco.jpg

21-11-03-19-27-29-800_deco.jpg

21-11-03-19-27-59-898_deco.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 21:55| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2021.11.3 第74回秋季東海大会準々決勝】至学館(愛知2位)4-1三重(三重1位) リターンマッチを制し目指せ金メダル

先週末から始まった秋季東海大会。
東海四県から上位3校が集まり、決勝戦まで残ればセンバツ有力となります。

トーナメント表右側のブロック、
本日は三重県、岐阜県の1位チームが登場。
第1試合は昨年のリターンマッチとなりました(昨年は三重が7-0で至学館に勝利)。

至学館
000 200 020=4
001 000 000=1
三重

至)伊藤、山本、伊藤、山本、伊藤−岩戸、磯村
三)上山、谷−高山

■試合結果はコチラ

愛知県大会を見たイメージ、
今年の夏の甲子園メンバーが主力で残っているイメージ。
それらから、三重に対して至学館がどう挑んでいくかという展開を予想していましたが、
結果は至学館の良さが存分に出た快勝。

右の伊藤から左の山本のワンポイントや、
相手打者に対して極端な守備シフト。
走者も常に次の塁を狙う姿勢を見せ続け、チームとしての統制が本当に素晴らしかった。
序盤はあまり流れの行って来いはなかったと思いますが、
5回ぐらいからは完全な至学館のペースに巻き込んだ感じになりましたね。
三重を圧倒というか翻弄した呑み込んだ試合巧者ぶりが光りました。

三重はポイントとしては、
1点を先制した後の4回先頭打者への四球。
それからミスになりますが8回先頭打者の外野フライの落球。
接戦の中でこのようなプレーが出るとやはり苦しくなりますね。

また、打つ方では3番野田の場面で、サードがショート、
ショートがセカンドベースに寄る極端な守備シフトを敷かれるわけですが、
3,4打席目は完全に意識させられて力が入りすぎました。
もう相手に考えさせて混乱させてる段階で至学館の作戦勝ち。

さまざまな点で至学館が三重を上回りました。
これで愛知県勢唯一の生き残りとして、次戦はセンバツがかかる準決勝。
地元開催ですし、この勢いや流れを生かしてほしいですね。

21-11-03-17-02-01-357_deco.jpg

21-11-03-16-46-37-120_deco.jpg
ノックもいい雰囲気

21-11-03-16-46-58-291_deco.jpg
スタメン

21-11-03-16-47-18-057_deco.jpg

21-11-03-16-47-52-742_deco.jpg 21-11-03-16-48-11-317_deco.jpg 21-11-03-16-48-30-098_deco.jpg 21-11-03-16-48-48-702_deco.jpg 21-11-03-16-49-07-261_deco.jpg

21-11-03-16-49-27-111_deco.jpg
先発は夏の甲子園で完封勝利も果たした上山

21-11-03-16-49-44-787_deco.jpg

21-11-03-16-50-01-910_deco.jpg

21-11-03-16-50-25-773_deco.jpg 21-11-03-16-50-44-065_deco.jpg 21-11-03-16-51-01-992_deco.jpg 21-11-03-16-51-18-334_deco.jpg
1年生伊藤

21-11-03-16-51-32-686_deco.jpg

21-11-03-16-51-56-248_deco.jpg

21-11-03-16-52-16-178_deco.jpg

21-11-03-16-52-55-913_deco.jpg

21-11-03-16-52-35-214_deco.jpg

21-11-03-16-53-18-098_deco.jpg

21-11-03-16-53-37-680_deco.jpg
先制は三重 野田のタイムリー

21-11-03-16-54-01-643_deco.jpg 21-11-03-16-54-22-663_deco.jpg

21-11-03-16-54-45-550_deco.jpg

21-11-03-16-55-02-512_deco.jpg

21-11-03-16-55-18-638_deco.jpg
すぐさま逆転

21-11-03-16-55-39-622_deco.jpg 21-11-03-16-55-57-867_deco.jpg 21-11-03-16-56-15-346_deco.jpg 21-11-03-16-56-55-148_deco.jpg 21-11-03-16-56-37-184_deco.jpg
2番手はエースナンバー谷

21-11-03-16-57-13-623_deco.jpg

21-11-03-16-57-29-899_deco.jpg

21-11-03-16-57-43-701_deco.jpg

21-11-03-16-58-01-194_deco.jpg 21-11-03-16-58-16-133_deco.jpg
同じく1年生、エースナンバー山本へスイッチ

21-11-03-16-58-34-926_deco.jpg 21-11-03-16-59-06-048_deco.jpg 21-11-03-16-58-49-976_deco.jpg

21-11-03-16-59-25-435_deco.jpg

21-11-03-16-59-40-071_deco.jpg

21-11-03-16-59-56-290_deco.jpg

21-11-03-17-00-11-895_deco.jpg

21-11-03-17-00-28-107_deco.jpg

21-11-03-17-00-42-877_deco.jpg

21-11-03-17-00-57-564_deco.jpg
二度のワンポイント

21-11-03-17-01-17-112_deco.jpg

21-11-03-17-01-46-406_deco.jpg

21-11-03-17-02-15-459_deco.jpg

21-11-03-17-02-33-331_deco.jpg

21-11-03-17-02-51-780_deco.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 21:26| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする