2021年10月23日

【2021.10.23 東海地区大学野球秋季選手権大会】皇學館大学(三重1位)9-2静岡大学(静岡1位) 伊勢から全国へ

今年の夏、高山大会で見た両チームの対戦を見たくて伊勢まで。
その大会では、皇學館大は三菱自動車岡崎に、静岡大は東海理化に敗れましたが、
投手力を武器に随所に相手を苦しめました。
ちなみにこの高山大会では、終盤は悪天候が続き、このカードは中止となっており改めての決着の場となりました。

静岡大学
100 010 0=2
110 024 1=9
皇學館大学

静)吉田(A浜松西)、石田(C刈谷)、豊田(C津西)、古川(A美濃加茂)、井手(C高蔵寺)−西林(C清教学園)
皇)鈴木(C皇學館)−中村(B鳴門)

本)佐藤(1回1点=静)

残念ながら指名漏れとなりましたが、
共にプロ志望届を提出した投手を擁します。
ダイムスタジアム伊勢とほぼ同じ敷地にキャンパスがある皇學館大学の先発はその鈴木貫太朗。
序盤から指に負傷を抱え、苦しい投球となりましたが、
要所要所で気合を込めて7回2失点。
投げる度にロジンに手をやり、手のひらをぶんぶん。
一球一球苦しそうでしたが、逆に制球重視となり、勝負所でギアを入れやすいかたちになったのかなと思います。
最速は144キロをマークしましたが、中村捕手とも息のあったコンビネーションでよく投げ切りました。

また、投げるだけではなく、
イニング終了ごとに先頭に立ってナインを迎え入れたり、
時に大きな声で鼓舞したり、本当に周りも気を遣って投げているなという印象です。
今後どのような道に進むのかはわかりませんが、こういうスピリットみたいなものは、
間違いなく新チームにも受け継がれていくのだと思いますね。

一方静岡大は、4つエラーなど守備の乱れが響きました。
志望届提出のWエース、石田、井手はリリーフでの登板となりましたが、
悪い流れを食い止めることができませんでした。
高山大会でもそうでしたが、イニングの途中でもどんどん選手を入れ替えてくるベンチワークは健在でしたが、ここも結果に繋がらなければ…。
それでも国立大学でありながら、ここまでの結果は素晴らしいの一言です。
野手でも佐藤(B中京大中京)など楽しみな選手もいますし、また来年ですね。

21-10-23-20-51-43-456_deco.jpg

21-10-23-20-34-02-027_deco.jpg
スタメン

21-10-23-20-34-59-304_deco.jpg

21-10-23-20-35-20-755_deco.jpg

21-10-23-20-35-41-911_deco.jpg

21-10-23-20-35-58-195_deco.jpg 21-10-23-20-36-15-471_deco.jpg 21-10-23-20-36-43-378_deco.jpg 21-10-23-20-38-44-637_deco.jpg

21-10-23-20-38-26-536_deco.jpg

21-10-23-20-39-00-415_deco.jpg 21-10-23-20-39-17-644_deco.jpg
佐藤の先制ホームラン

21-10-23-20-39-38-633_deco.jpg 21-10-23-20-40-05-078_deco.jpg 21-10-23-20-40-23-645_deco.jpg
吉田

21-10-23-20-40-37-797_deco.jpg

21-10-23-20-40-59-654_deco.jpg 21-10-23-20-41-19-452_deco.jpg

21-10-23-20-41-44-431_deco.jpg

21-10-23-20-42-05-518_deco.jpg

21-10-23-20-42-43-461_deco.jpg

21-10-23-20-42-20-289_deco.jpg

21-10-23-20-43-03-540_deco.jpg

21-10-23-20-43-30-042_deco.jpg 21-10-23-20-43-55-539_deco.jpg 21-10-23-20-46-21-699_deco.jpg
登録は内野ながら捕手で出場の中村(B鳴門)

21-10-23-20-44-20-421_deco.jpg

21-10-23-20-44-42-214_deco.jpg
高山大会でも感心しましたが、ナインを先頭に立って出迎えます

21-10-23-20-45-42-420_deco.jpg

21-10-23-20-45-59-192_deco.jpg
4番・村田(A相可)
195cm106kgの巨漢です

21-10-23-20-46-40-213_deco.jpg 21-10-23-20-46-59-025_deco.jpg

21-10-23-20-47-14-163_deco.jpg

21-10-23-20-47-34-063_deco.jpg

21-10-23-20-49-17-370_deco.jpg 21-10-23-20-48-00-194_deco.jpg 21-10-23-20-48-20-996_deco.jpg 21-10-23-20-49-00-155_deco.jpg
2番手・石田

21-10-23-20-49-36-651_deco.jpg

21-10-23-20-49-53-342_deco.jpg
1番セカンドの大野(B松阪商)
高校時代秋季大会で見て、いいなぁと思った選手に再会しました

21-10-23-20-50-10-134_deco.jpg

21-10-23-20-50-31-438_deco.jpg

21-10-23-20-50-48-298_deco.jpg

21-10-23-20-51-05-271_deco.jpg

21-10-23-20-51-26-049_deco.jpg

21-10-23-20-52-04-603_deco.jpg

21-10-23-20-52-25-571_deco.jpg

21-10-23-20-52-41-847_deco.jpg

21-10-23-20-53-00-926_deco.jpg

21-10-23-20-53-15-913_deco.jpg

21-10-23-20-53-35-548_deco.jpg

21-10-23-20-53-54-798_deco.jpg
豊田(C津西)へスイッチ

21-10-23-20-54-11-843_deco.jpg

21-10-23-20-54-30-869_deco.jpg

21-10-23-20-54-30-869_deco.jpg
4番手・古川(A美濃加茂)

21-10-23-20-55-20-408_deco.jpg

21-10-23-20-55-37-651_deco.jpg
最後は井手(C高蔵寺)

21-10-23-20-55-55-211_deco.jpg 21-10-23-20-56-12-603_deco.jpg
ワイルドピッチでコールドに

21-10-23-20-56-34-499_deco.jpg

21-10-23-20-56-55-310_deco.jpg

21-10-23-20-57-11-623_deco.jpg

21-10-23-20-57-33-572_deco.jpg

21-10-23-20-57-52-860_deco.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 22:42| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2021.10.23 東海地区大学野球秋季選手権大会】中部学院大学(岐阜1位)7-5鈴鹿大学(三重2位) 粘りを見せるも

岐阜、三重、静岡のそれぞれのリーグ覇者+開催県2位が集うこの大会。
2連勝で優勝となれば、今度は愛知大学1,2位、北陸王者が待つ王座決定戦へ。
そこを勝ち抜いてようやく秋の明治神宮大会への出場が決まります。

多くのチームでは既に代替わりも行われ、残っている少ない4年生にとっては、ホントにホントの集大成となります。

中部学院大学(岐阜1位)
003 300 100=7
121 000 001=5
鈴鹿大(三重2位)

中)瀬田(B和歌山東)、伏見(C高岡商)、北田(@正智深谷)−廣部(C秀岳館)
鈴)田中(C大塚)、磧(B開新)−大森(B佐久長聖)

本)大森(3回1点)、藤本(4回1点)、鈴村(7回1点)

■試合結果はコチラ(中部学院大学野球部HP)

サーキットのほど近く、小高い丘の上にある鈴鹿大学。
中部学院大学ともども見るのは初めて。
ネットで見た時はホンダ鈴鹿のようなユニフォームでしたが、
今日のはDeNAベイスターズ風。
一方で中部学院大はお馴染みとも言えるカープのような赤いユニフォーム。

選手の名前やサイズなどパッと見た時には、中部学院大かと思いましたが、
先制パンチを食らわしたのは鈴鹿大。
相手先発がコントロールに苦しむ中、見事な集中打を見せました。
と、ひょっとしての期待はありましたが、やはり中盤からは地力の差がじわじわと。

勝負は中盤、2番手勝負となりましたが、
ここは中部学院大の伏見がよく投げ切りました。
対して、鈴鹿大2番手の磧も小気味よくゼロを重ねましたが、
終盤の打席でもそのまま打席に立たざるを得ないなど、選手層の厚さも勝負の決め手となったように思います。

最後、9回のマウンドに立った1年生投手を攻め立てるなど最後まで見せ場を作りましたが、あと僅か及ばず。
よく打線も打ったと思いますし、スタメンはすべて3年生以下ということですから、来季の糧にできればというところですね。

21-10-23-20-26-18-989_deco.jpg

21-10-23-20-11-41-416_deco.jpg
スタメン

21-10-23-20-12-12-709_deco.jpg 21-10-23-20-12-31-573_deco.jpg

21-10-23-20-12-53-753_deco.jpg
先発・田中

21-10-23-20-13-23-236_deco.jpg 21-10-23-20-13-55-683_deco.jpg
秀岳館では甲子園を沸かせた廣部主将

21-10-23-20-14-45-590_deco.jpg 21-10-23-20-15-12-041_deco.jpg 21-10-23-20-15-39-844_deco.jpg 21-10-23-20-15-56-951_deco.jpg 21-10-23-20-16-12-344_deco.jpg
瀬田

21-10-23-20-16-30-119_deco.jpg

21-10-23-20-16-46-309_deco.jpg

21-10-23-20-17-02-348_deco.jpg

21-10-23-20-17-17-805_deco.jpg
秋首位打者の藤本(C秀岳館)

21-10-23-20-17-41-963_deco.jpg 21-10-23-20-18-09-314_deco.jpg 21-10-23-20-18-47-493_deco.jpg 21-10-23-20-19-04-675_deco.jpg

21-10-23-20-19-26-077_deco.jpg

21-10-23-20-19-43-667_deco.jpg

21-10-23-20-20-16-572_deco.jpg

21-10-23-20-20-59-924_deco.jpg

21-10-23-20-21-17-517_deco.jpg

21-10-23-20-21-32-506_deco.jpg

21-10-23-20-22-06-840_deco.jpg 21-10-23-20-22-35-511_deco.jpg 21-10-23-20-22-54-827_deco.jpg 21-10-23-20-23-17-573_deco.jpg
2番手・伏見
190cmの長身右腕

21-10-23-20-23-43-517_deco.jpg 21-10-23-20-24-01-780_deco.jpg
大森のホームラン

21-10-23-20-24-56-512_deco.jpg 21-10-23-20-25-10-881_deco.jpg
詰まった当たりの廣部のタイムリー

21-10-23-20-25-28-242_deco.jpg

21-10-23-20-25-44-440_deco.jpg

21-10-23-20-26-48-064_deco.jpg 21-10-23-20-27-25-572_deco.jpg 21-10-23-20-27-05-073_deco.jpg
2番手・磧

21-10-23-20-27-46-810_deco.jpg

21-10-23-20-28-02-812_deco.jpg

21-10-23-20-28-20-505_deco.jpg

21-10-23-20-28-38-823_deco.jpg

21-10-23-20-28-53-673_deco.jpg

21-10-23-20-29-09-986_deco.jpg

21-10-23-20-29-27-388_deco.jpg

21-10-23-20-29-48-996_deco.jpg

21-10-23-20-30-14-644_deco.jpg
1年生・北田

21-10-23-20-30-58-738_deco.jpg 21-10-23-20-31-35-207_deco.jpg 21-10-23-20-31-13-686_deco.jpg

21-10-23-20-31-55-329_deco.jpg

21-10-23-20-32-15-591_deco.jpg

21-10-23-20-32-31-883_deco.jpg

21-10-23-20-32-51-051_deco.jpg

21-10-23-20-33-07-158_deco.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 22:12| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする