2021年07月22日

【2021.7.22 愛知県大会4回戦】愛工大名電4-2誉 三大会振りと二大会振り

三大会振りの夏の甲子園を目指す愛工大名電と二大会振りを目指す誉の一戦。
勝てばベスト16。

高校野球には何となくのサイクルがありますが、
前回出場を見て入学してきた生徒が主力の年代となり、正に実力伯仲の好ゲームとなりました。

そして、愛工大名電は1年生夏から主力を務める田村主将は最初で最後の甲子園出場を目指す夏になりますね。

21-07-22-20-27-46-010_deco.jpg

愛工大名電はその田村、誉は背番号10番のサウスポー三品の両先発でしたが、初回の攻防が明暗を分けました。
共に4番のタイムリーがありましたが、ここはこれまでチームとして結果を残してきた名電の圧力。
ここで一気に2点差をつけられたことが後々大きな差となりました。

21-07-22-20-26-37-195_deco.jpg

誉は2回からエースナンバーの川嵜。
最速146キロの真っ直ぐに多彩な変化球でしっかり要所を締めていきます。
それにしても春も思いましたが、愛知県の投手のレベルが本当に高い!

21-07-22-20-29-29-592_deco.jpg 
21-07-22-20-29-06-819_deco.jpg 21-07-22-20-29-50-162_deco.jpg

一方で愛工大名電は3回1失点の田村から、今大会背番号10を背負う、こちらも注目寺嶋。
川嵜に負けじと140キロ台中盤の真っ直ぐを武器に6回をソロの1失点のみに仕留めました。

21-07-22-20-30-33-635_deco.jpg 


21-07-22-20-31-10-376_deco.jpg 21-07-22-20-31-30-326_deco.jpg

誉とすれば攻撃陣に力があるように思いましたし、もう少し点取りゲームに持ち込めればというのはあったのかも知れませんが、そこは今年の名電の投手力が許しませんでしたね。
そういう意味では川嵜が最初から投げてればというのはありますが、これはわかりませんね。仕方ないところです。

勝った愛工大名電は次戦はこれも甲子園出場経験のある至学館と豊田大谷の勝者と。
熱い戦いがまだまだ続きますね。

21-07-22-20-24-50-893_deco.jpg

21-07-22-20-25-08-074_deco.jpg

21-07-22-20-25-48-257_deco.jpg 
21-07-22-20-26-18-130_deco.jpg


21-07-22-20-27-24-713_deco.jpg 
21-07-22-20-28-03-311_deco.jpg


21-07-22-20-30-06-867_deco.jpg

21-07-22-20-28-38-899_deco.jpg 
21-07-22-20-32-44-293_deco.jpg


21-07-22-20-32-10-578_deco.jpg

21-07-22-20-32-27-234_deco.jpg

21-07-22-20-33-02-790_deco.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 21:13| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする