2021年06月05日

【2021.6.5 社会人日本選手権東海予選】日本製鉄東海REX1-0東邦ガス 東海地区第一代表は東海REX!

東海地区第一代表の座は見事日本製鉄東海REXが射止めました。

その立役者は2年目右腕・浦本千広(九産大)。
真っ直ぐのスピードこそ140キロ台前半ですが、いかにも身体能力が高そうな身のこなしから放たれるボールは切れ味抜群。
春先もよいなと思いましたが、その時よりも体もしっかりしてきて、更によいなと感じました。
9回一死から最後はリリーフを仰ぎましたが、無四死球と内容も素晴らしいものでした。

また驚くのが、浦本はこの大会初登板なのですよね。
この決定戦でこれだけの投球をするのも凄いと思いますし、
東海REXとしても、3試合を戦いって、失点はわずか2と投手陣が充実していますね。

4大会ぶり12回目の出場となりますが、
この投手陣がどこまで通じるか、本当に楽しみです。

打線も、どう点を取っていくかというところでしたが、
4番・加藤辰(龍谷大)のセンター前から途中出場下村(国士大)の一打で一挙ホームインという、
正にワンチャンスをモノにしました。

投手陣がしっかり抑えて、打線は少ないチャンスを活かす。
代表にふさわしい試合展開だったのではないでしょうか。

一方東邦ガスは先発辻本の力投も及ばず無念の完封負け。
とにかく一点勝負で緊迫した流れだっただけに、ちょっとショックの大きい一戦だったのではないかと思います。
まぁ、まだ2試合あるとも見えますし、やはりここまで進んできたわけですから何とか代表権は掴んでほしいなというところです。

DSC01174.JPG

DSC00889.JPG

DSC00891.JPG DSC00893.JPG
浦本

DSC00895.JPG

DSC00897.JPG DSC00898.JPG
辻本

DSC00939.JPG

DSC00909.JPG
柴田(法大)

DSC00935.JPG

DSC00930.JPG
氷見(明大)

DSC00956.JPG
4番・若林(日体大)の一打はレフトフェンス直撃

DSC00961.JPG DSC00969.JPG DSC01010.JPG DSC00991.JPG
智弁和歌山-日体大からのルーキー高垣。
ショートでスタメンと楽しみな存在です

DSC00983.JPG

DSC01028.JPG
ピンチを切り抜け

DSC00976.JPG
浦本も譲らず

DSC01103.JPG

DSC01039.JPG
際どいタイミングでしたが…

DSC01069.JPG
加藤辰のセンター前から

DSC01084.JPG DSC01087.JPG
貴重な先制点!

DSC01104.JPG
武田久投手コーチ

DSC01106.JPG DSC01107.JPG
松向(市立岐阜商)がリリーフ

DSC01123.JPG
若林を三振

DSC01126.JPG DSC01127.JPG
最後は続木(日大国際関係学部)

DSC01143.JPG
柴田のショートゴロ

DSC01166.JPG

DSC01183.JPG DSC01179.JPG

DSC01204.JPG

DSC01233.JPG
林監督の胴上げ

DSC01214.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 23:58| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2021.6.5 社会人日本選手権東海予選】西濃運輸3-1三菱自動車岡崎 今年はセイノーが

負ければ日本選手権への道は終了。
勝てば明日明後日と2連勝で出場決定。
ここは第三代表トーナメント。
とにかく勝ち続けるしかない場所です。

このカード、
昨年の都市対抗第6代表決定戦でぶつかり、
その時は三菱自動車岡崎が中野(阪神)の一発、仲井の完投で最後の枠を掴み取りました。

西濃運輸については正にリベンジの一戦。
先発にはベテランの山下(常葉大浜松キャンパス)を立てますが、
序盤からピンチの連続となると3回途中から林(近江高)へスイッチ。
この2年目左腕が見事な火消しを演じました。
足を高く上げてクッションをつけるような投げ方ですが、
真っ直ぐは140キロを超え、3回を投げ4奪三振、死球が1つという好投でした。
細身の左腕で少し時間がかかるのかなと見ていましたが、2年目でしっかり戦力になっていますね。

6回途中からは3年目サイドハンドの船迫(東日本国際大)。
バッテリーミスからのエラーで追いつかれましたが、よく最後まで投げ切りました。

そして決勝打は7回原田(福岡大)のバットから。
相手投手が仲井から富田(大垣商)へ変わった瞬間、勝利を手繰り寄せるアーチでした。
このような試合展開になるとイッパツしかない。という中での見事な一打。

一方、三菱自動車岡崎は、
序盤の続けての満塁のチャンスを活かせず、結局10安打を放つもエラーによる1点のみとなりました。
噛み合わない時はこういうものかも知れませんが、攻めることはできていただけに惜しい一戦でしたね。

DSC00865.JPG

DSC00660.JPG DSC00674.JPG
仲井(慶大)

DSC00639.JPG DSC00678.JPG DSC00642.JPG
山下

DSC00735.JPG

DSC00737.JPG DSC00740.JPG
小室(明大)

DSC00760.JPG DSC00766.JPG
リリーフ林が無失点

DSC00771.JPG

DSC00757.JPG

DSC00783.JPG DSC00798.JPG DSC00806.JPG

DSC00808.JPG DSC00820.JPG DSC00822.JPG DSC00824.JPG
甲子園を沸かせたサウスポー

DSC00829.JPG

DSC00832.JPG DSC00833.JPG
船迫

DSC00843.JPG

DSC00837.JPG
エラーで同点

DSC00846.JPG

DSC00847.JPG

DSC00857.JPG
投手が代わればみんなで見ます

DSC00873.JPG
最敬礼で迎えるベンチ

DSC00877.JPG DSC00878.JPG
3番手は北畑(大体大浪商高)

DSC00880.JPG

DSC00884.JPG

DSC00887.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 23:30| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2021.6.5 社会人日本選手権東海予選】王子6-2JR東海 立ちはだかるエース

東京オリンピックの影響で、
今年は6月下旬から行われる日本選手権。
昨年も夏、秋入れ替わった日程でしたが、日本選手権は中止。
実に2年振りの本大会への出場を目指して予選もたけなわ。
既にトヨタ自動車、東海理化、ヤマハは出場権を得ている為、
9チームが参加して3つの枠を争います。

本日の第一試合は、
昨年共に都市対抗出場を逃した王子、JR東海の一戦。
この試合は負けてもまだ敗者復活がありますが、
当然勝って明日の第二代表決定戦へと進みたいところ。

ここで大きく立ちはだかったのが王子・近藤(関大)。
やはり大きな試合となればこの人。
9年目となりすっかり風格も出てきました。
中盤まではややピリッとしない投球でしたが、中盤からは尻上がりに調子を上げ、結果的には9回2失点の完投勝利。
真っ直ぐこそ130キロ台後半がほとんどですが、しっかりコーナーに投げ分け打者へ圧力をかけつづけました。

また、エースが踏ん張れば同じくベテランの伊礼(九州共立大)、広島から復帰の船越(市立柏高)の一打で一気に逆転。
まさに投打の軸がしっかり噛み合った形で次へ繋げました。

対してJR東海ですが、
ここは近藤にしてやられたとうまく切り替えができるかどうかでしょうか。
ここから2連勝と道は険しいですが、最後の意地を見せてほしいところです。
(また王子との再戦の可能性もありますね)

DSC00626.JPG

DSC00532.JPG DSC00533.JPG
JR東海は喜久川(関東学院大)

DSC00541.JPG

DSC00514.JPG
元中日・中田(亜大)

DSC00539.JPG

DSC00552.JPG DSC00553.JPG

DSC00562.JPG
伊礼

DSC00570.JPG DSC00571.JPG
船越の一打

DSC00575.JPG DSC00576.JPG DSC00577.JPG

DSC00567.JPG

DSC00611.JPG DSC00613.JPG
伊藤寛士(法大)

DSC00622.JPG

DSC00630.JPG

DSC00632.JPG

DSC00634.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 23:03| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする