2018年11月11日

【11/11 明治神宮野球大会 大学の部】環太平洋大(中国・四国三連盟)4-2法政大(東京六大学)

近年神宮大会や創志学園の甲子園など、
動画でその凄さが広まっている環太平洋大学のブラスバンド。
今日の楽しみの一つ。
そして東京六大学も見るのは初めて。
神宮や東京ドームへ行くときはボワソナードタワーを見上げるのが恒例となっていますが。。
伝統か新進気鋭の勢いか。

果たして結果は、両校大応援団の中、
独特の重低音に押された環太平洋大学が見事な勝利。
4年生が僅か2人しか残っていないという若いチームですが、
非常に組織力があり、まとまったゲーム運びを見せました。
本当に素晴らしかったと思います。

一方、久しぶりの出場となった法政大ですが、
チャンスでのダブルプレーあり、キャッチャーからの送球ミスあり、
リリーフ投手の乱調など、チャンスは作るものの、流れが来る展開になりませんでした。
もっとも、トーナメントでこうハマると苦しいという典型のような試合でしたね。

さすが選手層や立ち振る舞いなんかは、やっぱり六大かぁなどとは思いますが、
何とも残念な結果となりました。

IMG_7924.JPG

IMG_7711.JPG

IMG_7715.JPG

IMG_7717.JPG

IMG_7723.JPG IMG_7724.JPG

IMG_7745.JPG
法政は1年生・三浦(福岡大大濠高)が先発

IMG_7749.JPG

IMG_7750.JPG

IMG_7762.JPG IMG_7765.JPG

IMG_7768.JPG

IMG_7802.JPG IMG_7807.JPG

IMG_7888.JPG IMG_7889.JPG
石川達也(2年、横浜高校)

IMG_7890.JPG

IMG_7895.JPG

IMG_7857.JPG IMG_7920.JPG
4年生コンビの志賀(文徳高)、岡田(岡山東商)

IMG_7906.JPG IMG_7908.JPG IMG_7909.JPG
菅野(小高工)

IMG_7929.JPG

IMG_7932.JPG

IMG_7777.JPG IMG_7815.JPG IMG_7914.JPG IMG_7915.JPG
ヤクルト2位指名の中山(履正社高)

IMG_7752.JPG IMG_7761.JPG IMG_7780.JPG IMG_7824.JPG IMG_7788.JPG
法政大・中村浩人(多良木高)
1つ1つのプレーが丁寧で、また熱っぽさもあって、さすが法政のレギュラー捕手だと思います。
卒業後は東芝に内定していると聞いていますが、次のステージも見えてくるプレーぶりですね。
打撃でもフェンス直撃が1本。送球エラーは痛かったですが、いい捕手です。

IMG_7745.JPG

IMG_7867.JPG IMG_7850.JPG IMG_7793.JPG

IMG_7853.JPG
法政大・三浦銀二(1年、福岡大大濠高)
1年生ながら主戦投手ですね。
上背はありませんが、高校時代から定評のあるキレのある真っ直ぐ。
ただ今日は少し勝負所でうまく相手に打たれましたね。最小失点に抑えていったのはさすがでしょうが。
後は毎回帽子を取る姿に好感。やっぱり桑田に似てると思う

IMG_7707.JPG IMG_7708.JPG IMG_7845.JPG IMG_7846.JPG
法政大・渡邉雄太(2年、いなべ総合高)
しっかりとベンチ入りを果たしてくれていて嬉しかったです。
夏の甲子園では座ったまま二塁へ投げるという強肩ぶりで話題に。
新チームではどのように存在感を発揮していくか楽しみです。


posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 23:27| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【11/11 明治神宮野球大会 高校の部】札幌大谷高校(北海道)7-3国士館高校(東京)

第2試合は道都対決。
初出場札幌大谷は初戦で龍谷大平安高校を破った勢いそのままに、
東京は国士館相手でも序盤で一気に勝負を決めました。

お互い複数の投手を起用するかたちとなりましたが、
先発から2番手と不調続きだった国士館に対し、
札幌大谷は先発を2回から降ろし、早めの継投へ出たのが奏功しましたね。

国士館は投手の他にもたくさんの選手を起用しましたが、
なかなか流れを自陣へ持ってくるとまではいかなかったですね。

札幌大谷は遂にベスト4。
筑陽学園(福岡・九州)との対戦です。

IMG_7635.JPG

IMG_7607.JPG

IMG_7609.JPG IMG_7610.JPG IMG_7611.JPG

IMG_7618.JPG IMG_7619.JPG
1年生ながら196cmの長身を誇る阿部くん

IMG_7620.JPG

IMG_7624.JPG

IMG_7636.JPG

IMG_7639.JPG IMG_7641.JPG

IMG_7669.JPG IMG_7670.JPG

IMG_7676.JPG

IMG_7679.JPG

IMG_7681.JPG IMG_7682.JPG

IMG_7684.JPG

IMG_7685.JPG

IMG_7687.JPG IMG_7688.JPG

IMG_7695.JPG

IMG_7702.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 23:03| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【11/11 明治神宮野球大会 高校の部】高松商業(香川・四国)9-6八戸学院光星(青森・東北)

ついに来ました明治神宮大会。
高校は10チーム、大学は11チームにて覇権を争います。

特に高校の部は近年では優勝地区に春のセンバツが1枠増となるため、
それぞれの地元の期待を背負った注目の大会となっています。

この日の第1試合は共に神宮大会優勝経験チームの対戦となりました。
光星は初戦で東邦を破っていますが、高松商業は初戦。
勢いそのままに光星が先制をしますが、高松商業も譲りません。
序盤の点の取り合いを制した後は、毎回走者を許しながらも粘りの戦い。

何とか高松商業がリードを保って終盤に入れば、
公式戦初という、4番立岩くんの一発で勝負あり。

次戦は準決勝、好投手奥川くんを擁する星稜高校(石川・北信越)と対戦します。
今の選手達それこそ神宮大会を制したことは記憶に新しいところでしょう。
どのような一戦になるか楽しみですね。

IMG_7602.JPG

IMG_7511.JPG

IMG_7513.JPG IMG_7517.JPG

IMG_7519.JPG

IMG_7521.JPG IMG_7522.JPG

IMG_7529.JPG

IMG_7535.JPG

IMG_7542.JPG IMG_7543.JPG

IMG_7550.JPG

IMG_7554.JPG

IMG_7556.JPG

IMG_7561.JPG

IMG_7579.JPG

IMG_7589.JPG IMG_7590.JPG

IMG_7594.JPG

IMG_7596.JPG

IMG_7599.JPG

IMG_7600.JPG IMG_7601.JPG
ホームランを打たれた後「ここ踏んでいったよね?」と確認しあう二遊間コンビ

IMG_7603.JPG

IMG_7606.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 22:54| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。