2018年10月27日

【10/27 高校野球秋季東海大会準決勝:四日市】東邦(愛知県1位)10x-9中京学院大中京(岐阜県1位)

9回5点差を追い付き、10回には2点を取り逆転サヨナラ。
昨年の同じく東海大会準決勝や、
夏の甲子園での八戸学院大光星戦などを思い出させる、
まさに近年の東邦のお家芸とも言える底力、ミラクルでした。

8回、3番石川くんの前に走者を貯めたいところでしたが、
1番打者の外野フライで2塁走者が戻れずダブルプレー。
普通はこれでお仕舞な試合だと思いますし、
さらに9回表の守りでは2点を取られてダメ押し。
相手投手もじりじり尻上がりに調子を上げてきている。
それを9回1イニングで5点を取って追い付いてしまうのですからね。

東邦はこれで連続でのセンバツ出場へ大きく前進。
逆に中京学院大中京にとっては本当に痛い敗戦となってしまいました。
ただ自滅の場面はありませんでしたし、お互いノーエラーで本当に締まった素晴らしい試合だったと思います。
さすが県1位のチームでしたね。

IMG_7476.JPG

IMG_7314.JPG
スタメン

IMG_7324.JPG IMG_7325.JPG

IMG_7328.JPG IMG_7329.JPG IMG_7335.JPG

IMG_7341.JPG
元くん
素晴らしい打棒でした

IMG_7343.JPG
東邦はすかさず杉浦くん

IMG_7358.JPG IMG_7362.JPG
4番捕手の藤田くん

IMG_7371.JPG

IMG_7379.JPG
東邦に二遊間

IMG_7387.JPG

IMG_7398.JPG

IMG_7400.JPG
4番ショート熊田くん
夏の愛知県大会決勝でも感心しましたが、非常に守備が安定していますね。
そう大きくはないのですが、グラウンドの中での存在感は抜群です。
こういう選手がいるとチームは締まりますよねぇ。

IMG_7414.JPG IMG_7417.JPG IMG_7418.JPG
エースナンバーを背負う石川

IMG_7432.JPG IMG_7420.JPG 
不後くん粘りのピッチング

IMG_7424.JPG

IMG_7430.JPG
9回の追加点で決まったかと思いましたが…

IMG_7433.JPG IMG_7436.JPG
長屋くんのこの日2本目のホームランで同点

IMG_7446.JPG
内野ゴロで突っ込むも…

IMG_7456.JPG
10回は途中から元がマウンドへ。
打撃での勢いそのままにとは行かず、最後は東邦の波に飲まれました。

IMG_7464.JPG

IMG_7465.JPG

IMG_7469.JPG

IMG_7473.JPG

IMG_7477.JPG

IMG_7480.JPG

IMG_7482.JPG

IMG_7484.JPG

IMG_7490.JPG
石川は不後を探して握手。
9回デッドボールをぶつけてしまい、直後に展開が変わりましたので、
少し苦い勝利の味かも知れませんね。

IMG_7497.JPG

IMG_7509.JPG

IMG_7309.JPG IMG_7307.JPG

IMG_7312.JPG
東邦高校OBで元ドラゴンズの木下達夫コーチ。
山内や辻もそうですが母校で頑張る若いOBの姿はうれしいですね。


posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 19:12| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【10/27 高校野球秋季東海大会準決勝:四日市】津田学園(三重県3位)13-2中京大中京(愛知県2位)

勝てばセンバツへ大きく前進する準決勝。
津田学園がこの大会2度目のコールドゲームで決勝へ駒を進めました。

県では3位でしたが、
チーム自体は大きな選手も多いし、投手もしっかりしている。
もしかしたら上位も窺えるのでは…?
という思いはありましたが、本当に素晴らしい打棒、守備力で勝ち上がってきましたね。

見ていても、打者は後ろを信用しているし、
誰かがダメでも自分がやろうというチームワークの良さを感じますね。
コールドが決まったイニングでも、
送りバントがフィルダースチョイスになった後、1番の大音くんが初球をすっとセーフティバント。
こういうシーン一つ見ても、ひとりひとりが相手をよく見て野球をやっていると思います。

投げては前投手。
これまでは変化球に見どころが欲しいなぁと見ていましたが、
今日はしっかりタメを作って、どの球種でもストライクが取れました。
投げる度に成長を感じ、本当に凄いなぁと感心しました。
捕手の阿萬田くんもナイスリードですね。


一方、中京大中京は残念なゲームとなりましたね。
選手、観客にとってもまさかの展開だったでしょう。
先週の菰野戦も走者を背負いながらのゲームでしたから、一つ相手にリズムが生まれればこういう展開もあり得るというものではありますが。。
ここからどう変わっていくかなのでしょうね。

IMG_7288.JPG

IMG_7140.JPG
スタメンです

IMG_7143.JPG

IMG_7147.JPG

IMG_7164.JPG IMG_7168.JPG

IMG_7182.JPG IMG_7183.JPG IMG_7187.JPG

IMG_7193.JPG
4番前川くんの3試合連続ホームラン

IMG_7198.JPG

IMG_7200.JPG

IMG_7203.JPG IMG_7217.JPG

IMG_7210.JPG IMG_7250.JPG

IMG_7220.JPG

IMG_7255.JPG

IMG_7260.JPG IMG_7262.JPG

IMG_7269.JPG

IMG_7280.JPG IMG_7282.JPG
最後は3番藤井くんのホームランでコールドゲーム成立

IMG_7151.JPG

IMG_7154.JPG IMG_7160.JPG IMG_7275.JPG
佐川監督。
選手とコミュニケーションが取れて、本当にいいチーム作りをしているなぁと思います。
日通時代からファンなのですが、三重県の高校で指揮をとってくれてて本当にうれしいことです。

IMG_7293.JPG

IMG_7297.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 18:41| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

【10/21 高校野球秋季東海大会:津】中京大中京(愛知県2位)4×-3菰野(三重県1位)

菰野高校のエースで4番、岡林勇希。
兄は昨年の育成ドラフトで広島に入団しており、本人もU18の一時候補に選ばれるほど評判の投手です。
相手中京大中京のエースは左腕板倉くん。
この二人、中学時代は同じシニアチームでプレーしていたとのこと。

岡林は豪快なフォームから140キロを超える真っ直ぐ(最速は149キロでした)を投げ込み、対する板倉はサイドから120キロほどの真っ直ぐ、緩い変化球でコーナーを突く丁寧なピッチング。
両極端な二人の投げ合いとなりました。

試合は菰野がフォアボールやエラーなどで終始ピンチを迎える展開に。
最初の1,2度は切り抜けましたがそうそう何度もやられてはくれません。
4回に一挙3失点。
しかし、打線も粘りを見せます。
5回に2点を返すと、6回には犠牲フライで同点。
とここまではよかったのですが、やはり追い越せないとなかなか苦しい。

最後はその板倉にセカンド強襲ヒットで2塁を取られ、
8番関岡くんのタイムリーで勝負あり。

中京大中京は1年生右腕・高橋くんが粘りの投球で相手に流れを渡しませんでした。
この投手も180cmを超える長身、最速は140キロ超と素質たっぷり。

岡林は打っては4番ですが、この日は音無し。
何度も何度もピンチを切り抜ける姿は胸を打つものがありましたが、
正直守備力など、ちょっとこの人ひとりに負担を掛けすぎたかなという印象でしたね。
逆に柱はしっかりしたチームなのですから、来年夏に向けてどう成長していくか楽しみです。

IMG_7136.JPG

IMG_7033.JPG
スタメン

IMG_7036.JPG IMG_7037.JPG IMG_7041.JPG
中京大中京・板倉

IMG_7058.JPG IMG_7059.JPG IMG_7064.JPG IMG_7067.JPG IMG_7071.JPG IMG_7065.JPG
岡林
練習でいきなり140キロ超を出しどよめきが起こりました

IMG_7045.JPG
打っては4番です

IMG_7091.JPG
犠牲フライで同点

IMG_7099.JPG
2番手・高橋
楽しみな投手です

IMG_7103.JPG
4番を打った尾崎くん

IMG_7106.JPG

IMG_7127.JPG IMG_7129.JPG
最後はサヨナラ

IMG_7132.JPG
呆然です

IMG_7137.JPG
最後、板倉と握手していたのが印象的でした

IMG_7097.JPG

IMG_7072.JPG IMG_7088.JPG

IMG_7138.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:01| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【10/21 高校野球秋季東海大会:津】津田学園(三重県3位)7-2御殿場西(静岡県1位)

大会2日目はシードとなっている各県1位校が登場します。
地元で1位の力を見せるか、それとも昨日勝ってる勢いが出るか。
また連戦の疲れや試合への入り方はどうか。
いろいろな戦略を迫られる2日目なのです。

果たして、試合は津田学園が連日のエースの好投、そして打線の集中打があり快勝。
これで2002年以来のセンバツ出場へ一歩近づく準決勝進出となりました。

IMG_7013.JPG mae.JPG

県大会でも1位となった菰野高校をあと一歩まで追い詰めましたし、
選手個々も非常にサイズもあって力はあるチームだと思います。
エース前投手は180cmを超す長身ですが、長い腕から投じる真っ直ぐは最速(今日は)144キロ。
まだまだ変化球などピッチング自体は若さも若さですが、非常に将来性豊かで楽しみな投手だと思います。
見た目もいいですしね。
また、それを支える阿萬田捕手も攻守ともに落ち着きがあり、いいバッテリーだと思いますね。

今の選手達は2017年の夏の甲子園の1勝も支えになっているのでしょうから、今度は自分たちがという感じでしょうね。
準決勝は中京大中京との一戦になりますが、地元に近い四日市ですしさらなる上位を期待したいですね。

対する御殿場西は県1位での進出となりましたが、
中盤から突き放される格好となりました。
東海地区の東の果てから西の果てと移動なんかも大変な面はあるかと思いますが、残念な結果でしたね。
ただ近年力をつけてきているチームなのでしょうし、今回の結果を貴重な経験としてほしいと思います。

IMG_6898.JPG
快晴の津球場

IMG_6904.JPG IMG_6907.JPG
佐川竜朗監督
都市対抗野球を始めて見た時、日通で主軸だった打者です。
PL学園、明治大と歩み勝負強い打撃に見惚れていらいファンです。
ノック中にボタンが外れていること指摘されて苦笑い。カワイイ

IMG_6909.JPG IMG_6912.JPG
笑顔が絶えず、選手とのコミュニケーションの良さを感じさせますね

IMG_6916.JPG
スタメン

IMG_6924.JPG IMG_6929.JPG IMG_6925.JPG
御殿場西・高田

IMG_6937.JPG IMG_6938.JPG IMG_6917.JPG IMG_6939.JPG
津田学園・前

IMG_6955.JPG
阿萬田犠牲フライ

IMG_6975.JPG IMG_6984.JPG
長打力ありますね

IMG_6996.JPG
2試合連続ホームランの前川くん

IMG_7005.JPG
2番手・杉本くん

IMG_6946.JPG

IMG_6967.JPG

IMG_6974.JPG

IMG_7008.JPG

IMG_6989.JPG

IMG_6986.JPG

IMG_6993.JPG

IMG_7022.JPG

IMG_7029.JPG

IMG_7030.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 19:45| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

【10/20 高校野球秋季東海大会:ダイムスタジアム伊勢】岐阜第一高校(岐阜県3位)5×-4清水桜が丘高校(静岡県2位)

伊勢球場第2試合は、岐阜第一が9回に追い付き、逆転で初戦突破となりました。

この試合も第1試合に引き続いて2番手投手の好投が光りましたね。
岐阜第一のエースナンバー高倉くん。
4回、3点目を取られた場面でマウンドに上がると9回に暴投で1点を失うまで無失点ピッチング。
体はそれほど大きくはありませんが、130キロ台中盤の真っ直ぐはキレがあり面白いですね。
打つ方でも結果を残すなど、まさにキャプテンらしい働きでした。

IMG_6869.JPG

対する清水桜が丘としては少し勝ちを急いでしまったかも知れませんね。
9回2点リードの場面。
先頭打者を出すもバント失敗に助けられ1死1塁。
その後盗塁されて2塁となります。
ここでこの走者を返してもまだ1点勝ってるんですよね。
目の前の打者に集中していけばあるいは…
と言うのは簡単なんですけどね。
なかなか26個、27個目のアウトを取り切るのは難しいと痛感しました。

勝った岐阜第一は明日、愛知県1位の東邦高校と対戦します。
しかし岐阜第一も選手や応援部員の統率も取れているし、
非常に丁寧な試合運びをするチームだなぁと見ていたら、監督さんが福知山成美で実績を残された方なのですね。
久し振りに聞く校名ですが、指導者の力は大きいですね。

IMG_6805.JPG

IMG_6807.JPG

IMG_6808.JPG IMG_6809.JPG IMG_6810.JPG IMG_6812.JPG
先発は10番の野村くん

IMG_6815.JPG IMG_6817.JPG IMG_6818.JPG IMG_6819.JPG
清水桜が丘は敦賀くん

IMG_6848.JPG
ピンチを切り抜け

IMG_6849.JPG IMG_6855.JPG
監督から

IMG_6856.JPG

IMG_6859.JPG
杉森くんのセンターオーバー

IMG_6863.JPG
2点を追加

IMG_6865.JPG
ここでピッチャー交代

IMG_6878.JPG IMG_6867.JPG
エース高倉くん

IMG_6873.JPG IMG_6875.JPG
桜が丘、岐阜第一共素晴らしい雰囲気でした

IMG_6883.JPG IMG_6886.JPG IMG_6891.JPG
犠牲フライで同点!

IMG_6897.JPG
残念ながら今日はここまででした
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:48| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【10/20 高校野球秋季東海大会:ダイムスタジアム伊勢】三重高校(三重県2位)2-1中部大春日丘高校(愛知県3位)

春のセンバツ出場をかけた東海大会が開幕しました。
今年は4年に1度の持ち回り、三重県での開催です。
2週に分けて行われますが、1週目は伊勢、津、2週目は四日市で試合が行われます。
伊勢と津という会場設定は珍しい(特に津)と思いますが、秋の伊勢、やはりいいです。

IMG_6792.JPG

2年連続でのセンバツ出場を目指す三重高校と、
愛知県3位決定戦を乱打戦の末制した中部大春日丘高校の対戦となりました。

試合は地元の声援を受けた三重が土井くんのホームランであげた2点を、
エース左腕山下くんが粘り強く守り切りました。
5回表に三重は2つのエラーで迎えたピンチを何とか凌いだ後、
その裏は2~4番が簡単に仕留められるという、ちょっと嫌な流れになりましたが、続く6回表をきっちり3人で抑えたところで態勢が見えたと思います。
その後の試合運びは、1点こそ失ったものの、チームとしての伝統の差なのかなという感じでしたね。

ただ、やっぱり高校野球は面白いと思わせるのは、
旧チームでは梶田、浦口、曲というトップから俊足の左打者を並べていましたが、
今日のメンバーでは左は2人だけ。
逆に上位はある程度大きいのが狙える右打者揃いと、本当に年によって変わりますよね。
その分攻撃が淡泊になりがちな面はありますが、この先どう成長していくか楽しみです。

一方、春日丘は素早い継投で、2番手に出てきた泉くんが流れを止めただけに、
あと1本がほしいところでしたね。
ベンチもどんどん選手を動かしてきましたが、今日は相手投手の要所を締める投球にやられましたね。


そして、勝った三重は明日(10/21)岐阜県1位の中京学院大中京と対戦します。


IMG_6703.JPG
スタメン

IMG_6710.JPG IMG_6713.JPG IMG_6712.JPG

IMG_6761.JPG
1失点完投の見事な投球でした

IMG_6725.JPG

IMG_6727.JPG IMG_6728.JPG
中部大春日丘は10番を着けた大島くんが先発

IMG_6730.JPG IMG_6737.JPG
3番土井くんと4番伊藤くん

IMG_6746.JPG IMG_6747.JPG

IMG_6758.JPG
打った瞬間それとわかる先制ホームラン!

IMG_6765.JPG IMG_6769.JPG IMG_6787.JPG IMG_6767.JPG
2番手泉くんは小柄ながら勢いのあるサウスポーです

IMG_6763.JPG IMG_6775.JPG

IMG_6784.JPG

IMG_6791.JPG IMG_6793.JPG

IMG_6802.JPG
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 20:27| Comment(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。