2024年04月13日

【2024.4.13 愛知大学野球春季リーグ戦】中部大学3-2愛知工業大学 剛腕攻略の昨春王者

この日の2戦目は、序盤を占う好カード。
プロ注目の愛工大・中村(C諫早農)と中部大・清水(C大垣日大)の対戦となります。

■試合結果はコチラ

立ち上がり3回で9つの内8つの三振を奪う圧巻の投球。
4回にも2つ。
5回にも2つを加え計12個。
ただし、それ故に球数も嵩み、少しづつ球速、球威が落ちる感じもありました。
実際、足を攣るというアクシデントもありましたが、
そこを見逃さなかった中部大打線もさすがの力だと思います。

2番・水野(C大垣商)がライトへ一閃。
3番・主将の村木(Cいなべ総合)が右中間を破れば、
4番・清水が初球を打った瞬間のレフトスタンドへ。
主軸で一気に試合をひっくり返し、
投げては5回から継いだ原田(B名古屋国際)が最後まで完璧なピッチング。
昨年の春王者の中部大が、序盤3連勝の絶好のスタートを切りました。

また、愛工大としては、
仮に2戦目をとっても、中村の今日の状態では、
やや3戦目は厳しいのではないかと思います。
中村は昨秋も終盤投げられない状態となったこともありますし、
今年はチャンスではありますが、どう運用していくかがカギになるのでしょうね。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg
中村

9.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg
津波(A四日市中央工業)

15.jpg

16.jpg

18.jpg

17.jpg
梅田(B三重)

19.jpg

20.jpg

21.jpg

22.jpg

23.jpg
梅田は2安打1盗塁の活躍

24.jpg

25.jpg

26.jpg
原田

27.jpg

28.jpg

29.jpg

30.jpg

31.jpg

32.jpg

33.jpg

34.jpg

35.jpg

36.jpg

37.jpg

38.jpg

39.jpg
村木

40.jpg
清水

41.jpg

42.jpg

43.jpg

44.jpg

45.jpg

46.jpg

47.jpg

48.jpg
小野(C愛工大名電)

49.jpg

50.jpg

51.jpg
村木

52.jpg

53.jpg

54.jpg

55.jpg

56.jpg

58.jpg

57.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2024.4.13 愛知大学野球春季リーグ戦】愛知学院大学1x-0中京大学 完全試合の次の日

今週からリーグは2節目。
開幕カードは2勝、か2敗のチームにキレイに分かれており、
このまま連勝を伸ばすところが現れるのか、それとも混戦か。
まずは序盤の勝負どころです。

■試合結果はコチラ

先発はいずれも3年生。
愛院大は一本立ちが期待される左腕の河野(B創志学園)。
中京大は開幕戦で見事パーフェクトをやってのけた高木(B栄徳)。

それぞれ持ち味を発揮し、二人共最後まで投げ切る展開となりました。
最後はタイブレークで決着となりましたが、どちらかと言えば、
ミスが重なった中京大が連勝も止まり、やや引きずってしまう内容かなとは思います。
終了直後にベンチからは「明日、明日!」と大きな声が聞こえましたが、いかに切り替えられるかでしょうね。

一方で愛院大は、河野が本当によくなりましたね。
下級生時代からマウンドには上がっていましたが、
この春は投げ方も固まってきた感もあり、ボールのキレが増してきました。
幾度のピンチを乗り越えるなど粘り強さもありましたし、この先が楽しみですね。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg
河野

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg
高木は開幕戦に続いて好投

12.jpg

13.jpg

14.jpg
山田(Aいなべ総合)

15.jpg

16.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

20.jpg

21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg

25.jpg

26.jpg

27.jpg

28.jpg

29.jpg

30.jpg

31.jpg

32.jpg

33.jpg

34.jpg

35.jpg
平松コーチ

36.jpg

37.jpg

38.jpg
最後は山田

39.jpg

40.jpg

41.jpg

42.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月07日

【2024.4.6 第70回JABA静岡大会】SUBARU 田嶋俊輔投手(日大)

オリックス・田嶋大樹投手の実弟とのこと。
日大からの2年目。
チームとしても先発の一角として期待が高いようですね

DSC03530.jpg

DSC03531.jpg

DSC03542.jpg

DSC03543.jpg

DSC03544.jpg

DSC03549.jpg

DSC03550.jpg

DSC03551.jpg

DSC03552.jpg

DSC03553.jpg

DSC03554.jpg

DSC03557.jpg

DSC03561.jpg

DSC03559.jpg

DSC03560.jpg

DSC03547.jpg
おまけ
海老根優大
大阪桐蔭から2年目
1番スタメンで2安打としっかり結果を残しました
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月06日

【2024.4.6 第70回JABA静岡大会】Honda鈴鹿6-4東海理化 今年の東海勢は

予選リーグBブロック
この日の2試合目は東海勢同士の一戦。
昨年は苦杯をなめたホンダ鈴鹿と12年振りの都市対抗出場からのベスト8に躍進した東海理化。
雪辱の燃えるチームとここ最近力をつけてきているチームの一戦は、
本当にバチバチで見ていても凄く楽しいものでした。

■試合結果はコチラ(一球速報)

結果はタイブレークの末にホンダ鈴鹿。
先発の8年目・平尾(同大を)
今季から主将を務める長野(青学大)の2本のアーチが援護し、最後は代打畔上(法大)の2点タイムリー。
中堅、ベテランで勝ち切ったホンダ鈴鹿に対し、
東海理化は今年の看板である3年目・福本(明石商)、2年目・門叶(上武大)が合わせて10打席ノーヒット。
ここの「やってほしい人」の働きが勝敗を分けたように思います。
東海理化は選手層は厚くなってきているとは言え、やはりドラフト候補のこの2人がやってくれなければ困ります。
それぞれチャンスを潰し下を向くシーンがありましたが、こういうところも乗り越えて昨年以上を見せてほしいですね。

1.jpg
一時は勝ち越しとなるアーチ。カッコイイ

2.jpg

3.jpg
2年目ですっかり中心の池間捕手(九産大)

4.jpg
こちらも2年目、茶谷(中部大)

5.jpg

6.jpg

7.jpg
ルーキーながら3番DHで2安打・伊藤(名城大)

8.jpg
平尾
元気な姿でうれしい

9.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

16.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

20.jpg
ホンダ鈴鹿正捕手の長(駒大)

21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg

25.jpg

26.jpg

27.jpg

28.jpg
中野(愛工大名電)

29.jpg

30.jpg

31.jpg

32.jpg
川上承太郎(名古屋市立工高)
若い時から頑張ってる、ザ・東海理化のような選手です

33.jpg
国士大からのルーキー上野

34.jpg

35.jpg
木田(桐蔭横浜大)

36.jpg

37.jpg

38.jpg

39.jpg
竹内(早大)がピンチ脱出

40.jpg

41.jpg
バット投げ

42.jpg

43.jpg

44.jpg

45.jpg

46.jpg

47.jpg

48.jpg
3年目・重川(東京国際大)

49.jpg

50.jpg

51.jpg

52.jpg

53.jpg

54.jpg
布施(富士大)

55.jpg

56.jpg
河野(法大)

57.jpg

58.jpg
今日2本目

59.jpg

60.jpg

61.jpg
花城(中大)

62.jpg

63.jpg

64.jpg
14年目のベテラン・井貝(県岐阜商)

65.jpg

66.jpg
代打・畔上の決勝打!

67.jpg

68.jpg

69.jpg

70.jpg

71.jpg
さすがの存在感!

72.jpg

73.jpg
ルーキー堀内(明大)
四日市出身

74.jpg
期待の四番・門叶でしたが…

75.jpg

76.jpg

77.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2024.4.6 第70JABA静岡大会】東京ガス13-0パナソニック 熱の伝導率

春の訪れの静岡大会。
今年はスポニチ大会から始まりましたが、
やはり暖かくなり、観戦にピッタリなのがこの静岡大会から。
ここ最近は決勝戦を見る機会に恵まれましたが、今年は雨天順延の影響もあり、この予選リーグを。

■試合結果はコチラ(一球速報)


東京ガス・臼井(中央学院大)、パナソニック・與座(関西国際大)の両主戦投手同士の投げ合い。
でしたが、対照的なデキで、與座が4回途中、7四球を与える乱調振りでKOという憂き目に。
下位打線から繋がった東京ガスも見事でしたが、細かいところの制球が定まらなかったところで、苦心の投球が続きました。

これで東京ガスは2連勝(日曜も勝ち決勝トーナメントへ)。
パナソニックは2試合続けて二桁失点と厳しい大会となりました。


1.jpg

2.jpg
スタメン

3.jpg
臼井
一時はプロ入りの噂も出た好投手

4.jpg

5.jpg

6.jpg
與座

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

16.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

20.jpg

21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg

25.jpg

26.jpg

27.jpg

28.jpg

29.jpg

30.jpg

31.jpg

32.jpg

33.jpg

34.jpg

35.jpg

36.jpg

37.jpg

38.jpg

39.jpg

40.jpg

41.jpg
posted by Wリポヽ(・∀・)ノ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アマ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする